財布を軽くしよう!
ピントルのカードケース専門ページ

必見!人気のカードケースのブランドおすすめランキング

カードケースのブランドおすすめランキング

日常生活にも使うことが多いカードケースは、ブランド品を持つことで使う人の印象をワンアップしてくれます。些細な小物品だからこそ、いいものを持って長く愛用したい人は多いはずです。

そこで、毎日使うカードケースのおすすめブランドをTOP20まで紹介していきます。財布のカードが溢れたので自分用に欲しい、という人はもちろん、誕生日プレゼントや記念日にもおすすめなカードケースは相手の好みを意識しつつ、是非このブランドランキングを参考に選んでみてください。

スポンサーリンク

第1位:プラダ(PRADA)のカードケース

現在の価格はコチラ

幅広い世代に、性別も問わず長い間愛されるプラダのカードケースが第1位です。

1913年にイタリアで生まれたプラダは、マリオ・プラダを中心に一流のファッションアイテムを世界に送り出してきました。1920年~30年代にかけてはヨーロッパの富裕層にブームを巻き起こし、今なおイタリア王室では御用達の高級ブランドとなっています。また富裕層だけでなく、トレンドに合わせたデザインを手掛けるプラダは「自分へのご褒美」や何か特別な日にプレゼントとして送る人も多く、幅広い人に愛されています。

プラダのカードケースは高級感のある作りです。プラダらしい三角形マークのロゴやカジュアルな素材感、実際に手に持ってみると高級感がありつつも手に馴染みやすい等の特徴があるカードケースになっています。女性であれば、色鮮やかなデザインが多いので持っていると一気に華やかになれます。男性であれば黒を基調としたクールなデザインで品をアピールできます。

特に人気のタイプはキズが付きにくいサフィアーノで、主張しすぎないツヤ感が好まれています。持っているとおしゃれで知的なイメージを与えること間違いなしです。

>>プラダのカードケースについて詳しくはコチラ

第2位:ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のカードケース

現在の価格はコチラ

持っているだけで華のあるブランド、ルイ・ヴィトンは第2位です。

1854年にフランスで誕生し、長い歴史を持つルイ・ヴィトンは世界初の旅行バック専門店を立ち上げたブランドです。今でも世界で愛される老舗ブランドであることに変わりはなく、ハイブランドと言えば「ルイ・ヴィトン」と名が上がるほど世界中で人気があります。また、ルイ・ヴィトンの中で最も歴史があるダミエのデザインは日本の市松模様をヒントに作られたとも言われており、日本との繋がりが深いブランドでもあります。

カードケースではルイ・ヴィトンの持つ華やかさ流行に捉われないデザインから、幅広い世代に人気があります。また、流行に捉われないデザインの為、1つ持っておけば長く使うことが出来ます。定番のモノグラムであれば、シンプルなファッションであっても存在感がありますし、マルチカラーにすれば華やかさがぐっとアップします。男性ですと、エピやタイガであればシンプルなデザインなのでビジネス用としても使えます。

>>ルイヴィトンのカードケースについて詳しくはコチラ

スポンサーリンク

第3位:シャネル(CHANEL)のカードケース

現在の価格はコチラ

女性の憧れのブランドシャネルは第3位にランクインしました。

「古い価値観に捉われない自立した女性」をポリシーとしているシャネルは、1910年に誕生した世界でも名の知れたハイブランドです。ポリシー通り価値観に捉われない斬新なアイデアデザインはファッション界にも数々の影響を与えてきました。シャネルの多くは女性ラインの展開が多く、ファッションでも人気はありますが、他にも化粧品や香水も指示を集める総合ブランドです。

シャネルのカードケースはシンプルなデザインの中にシャネルのロゴがワンポイントでつけられているものが多いです。存在感のあるロゴマークはコンパクトなカードケースでも持っているだけで華やかになります。

シャネルのカードケースの中で最も人気なのはキャビアスキンです。キャビアスキンは、柔らかい素材が多いと言われるシャネルの素材の中では、珍しい固めの素材でできています。黒を基調としたものが多く、比較的シンプルである分どんなファッションでも合わせやすいです。

>>シャネルのカードケースについて詳しくはコチラ

第4位:ポールスミス(Paul Smith)のカードケース

現在の価格はコチラ

男性を中心に圧倒的な人気を誇るポールスミスは第4位にランクインしました。

イギリスで誕生したポールスミスは、90年代のパリコレの参加をきっかけに数々の賞を総ナメにするほど世界から高い評価を受けているブランドです。メンズラインが多いですが、レディースラインも最近では増えてきています。アクセサリー類をポールスミスでお揃いにするカップルも多く、今では性別も問わないブランドとなりつつあります。

ポールスミスのカードケースは、定番のマルチストライプをワンポイントに取り入れたカードケースが人気です。持っていると爽やかな印象を与え、若い世代であれば好印象を与えるでしょう。シンプルなデザインが多いので、ファッションとも上手く馴染みます。また、収納性も考えられていてブランド感だけではなく機能性も優れているので、普段使いも申し分のないブランドです。

>>ポールスミスのカードケースについて詳しくはコチラ

第5位:コーチ(COACH)のカードケース

現在の価格はコチラ

手が届く「品のあるブランド」のコーチは第5位です。

コーチは、1941年にアメリカのマンハッタンで誕生します。「アクセシブル・ラグジュアリー」をコンセプトに財布やバッグをはじめとしたファッションアクセサリーを中心に販売されています。種類が豊富なのはもちろん、ブランド品にも関わらずお手頃に購入できるため男女問わない幅広い世代で人気を集めています。

コーチのカードケースは、鮮やかなカラーが魅力です。持っているだけで華やかになる鮮やかなカラーバリエーションは女性にとてもおすすめできます。また、男性であればスーツにもマッチしやすい独特なレザーが人気です。スーツにもマッチするシンプルなデザインの中に素材感で個性を出すことが出来ます。

>>コーチのカードケースについて詳しくはコチラ

スポンサーリンク

第6位:トリーバーチ(Tory Burch)のカードケース

現在の価格はコチラ

トリーバーチは2004年にニューヨークで誕生した比較的若いブランドです。モダンとクラシックを融合した「手の届くラグジュアリー」をコンセプトにしています。そのため、比較的手の届く価格ではありますが、品質やデザインは非常に優れていることが特徴です。世界中のセレブをはじめ、あらゆる世代の女性から支持を得ているトリーバーチは急成長を遂げ、今では数多くの雑誌に掲載されるほどの人気ぶりとなっています。

印象的なロゴマークが入ったカードケースが人気で、ファッションに合わせやすいです。また、カラーも豊富で色鮮やかのため、持っているだけで華やかになります。トリバーチは日本だと20代~30代の比較的若い世代の女性に人気がありますが、デザイナー自身が1人の主婦であることから30代以降の主婦やママさんが持ってもしっくりきます。

>>トリーバーチのカードケースについて詳しくはコチラ

第7位:イルビゾンテ(IL BISONTE)のカードケース

現在の価格はコチラ

レザーと言えば大人気のイルビゾンテが第7位にランクインしました。

1970年のイタリアで誕生したイルビゾンテは20年から30年間ほどで世界中で知られる存在になります。クオリティで勝負しているイルビゾンテなので、デザインよりも「本物」を意識しています。革の素材を意識し、革の経年変化をしっかりと味わえるブランドです。その「本物」のつくりが評価され、今ではムック本を発売すると購入できない人が続出するほどの支持を日本でも集めています。

イルビゾンテのカードケースは、カジュアル感が強く日常生活でも使えるカードケースです。持った時に感じる革の温かみは革製品ならではで、1つのカードケースを長く愛用したい人であれば革製品ならではの経年変化を楽しむと愛着が湧き、長く使えます。カジュアルすぎる、という人であればダークブラウンやブラックをチョイスすればスーツでもキマるスタイリッシュさを魅せられます。

比較的20代から30代の若い男女に人気です。とは言いつつも、幅広い世代から人気があるので革製品が初めてという人であればイルビゾンテから始めることをおすすめします。

>>イルビゾンテのカードケースについて詳しくはコチラ

第8位:ヴィヴィアンウエストウッド(Vivienne Westwood)のカードケース

現在の価格はコチラ

パンクスタイルの代表とも言われるヴィヴィアンウエストウッドは財布をはじめとするアクセサリー系で人気を博しています。

「パンクの嬢王」と言われるヴィヴィアン氏から生まれたヴィヴィアンウエストウッドは、1971年にイギリスで誕生しました。1984年頃から使われたと言われている王冠と地久をモチーフとしたブランドロゴは、今や見たことがない人のほうが少ないでしょう。ここまで人気が急上昇したのはヴィヴィアンウエストウッドならではのセクシーさを上手くモードにミックスさせたからと言われています。女性のイメージがあるかもしれませんが、男性でも愛用している人は多いです。

ヴィヴィアンウエストウッドのカードケースは、奇抜過ぎないけど個性的なデザインが特徴です。ちょっとしたところに遊び心があり、見ているだけでウキウキするほどです。星や地球、剣等をモチーフにしたものが多く、おしゃれ好きの人にはたまらないでしょう。チェック柄を選ぶと、ヴィヴィアンウエストウッドらしさが全面に出るので個性を見せたい人にはおすすめです。

スポンサーリンク

第9位:ポーター(PORTER)のカードケース

現在の価格はコチラ

ポーターはもともと吉田カバンが展開しているブランドの1つです。1962年に日本で誕生し、今では男性にとって定番のブランドとなりました。ポーターの技術性とデザイン性、機能性のトータルで見ても完成度が高く、使い勝手の良さからサラリーマンを中心に人気です。

特につくりの良さは、一度購入すると長く愛用する人が多く、プレゼントとしても人気があります。また、年齢を選ばない幅広いターゲット層も支持を集める理由の1つです。20代の人が持っていても、50代の人が持っていても馴染みます。どんな人でも馴染むほどシンプルで、流行に捉われないデザインが特徴です。

ポーターのカードケースももちろんシンプルで飽きが来ません。特に人気なのが「フリースタイル」のカードケースです。レザーに似たキャンパス素材がベースのデザインになっています。クリアタイプのケースで保管するので、通勤通学であればクリアケースに入れたまま使用することが出来ます。また、ハイクオリティにも関わらず多くの商品が1万円以下で購入できるので、新社会人や入学祝いにもぴったりです。

>>ポーターのカードケースについて詳しくはコチラ

第10位:ケイトスペード(kate spade)のカードケース

現在の価格はコチラ

女性から絶対的支持を得るケイトスペードは第10位にランクインしました。

1993年にアメリカで誕生したケイトスペードは、現在靴、バッグ、インテリア、食器、アクセサリー等幅広く展開しています。デザイナーのケイト氏がファッション氏誌編集者として働いていたことから、20代~30代の働く女性のニーズをしっかりと捉え、通勤にも持ちやすいデザインになっていることが魅力です。使いやすく華やかなデザインは、数多くの働く女性を支えています。

ケイトスペードのカードケースはデザインが豊富です。鮮やかなカラーが印象的なものから、リボンをモチーフにしたケースまで様々あります。また、開けたときには外観と違うバイカラーで構成されており、とてもかわいいです。もちろん可愛さだけでなく、素材の質感とロゴマークのスペードが高級感を高めています。素材に関しては、キズが付きにくいレザーを使用しているので1度購入すれば長く使えそうです。

>>ケイトスペードのカードケースについて詳しくはコチラ

第11位:MCMのカードケース

現在の価格はコチラ

MCMとは、1976年にドイツで誕生したレザーブランドです。一時は人気が低迷するほどでしたが、韓国のソンジュグループに買収されたことをきっかけに人気が上昇します。以降、アメリカのヒップホップアーティストや韓国のK-POPアーティストが使用したことから今ではストリートスタイルを好む20代を中心に人気があります。

MCMのカードケースは、ブランドオリジナルの総柄を使用したデザインが多いです。女性であれば、リボンが付いたカードケースを選ぶとゴリゴリなイメージが強いMCMでもキュートに魅せることができます。男性であれば、シックに黒のカードケースを選ぶと柄がそこまで出ないのでスーツにも合いやすくなります。

スポンサーリンク

第12位:カルバンクライン(Calvin Klein)のカードケース

現在の価格はコチラ

カルバンクラインは、1968年にアメリカで設立されたブランドです。香水からボクサーパンツ、財布、家具やジュエリー等かなり幅広く展開しており、デザイナーであるカルバン氏は数々の賞を受賞しています。特に90年代ではセカンドラインである「ckカルバンクレイン」のボクサーパンツ、続いて香水がヒットし、今では名前が定着するほどとなりました。高級感あるデザインながらも手に届きやすい価格で若い人から支持されています。

カルバンクラインのカードケースはシンプルなものが多いです。深みのあるカラーでシックなデザインで、ブランド感もそこまで出ていないのでスーツでも使いやすいです。おしゃれさをアピールしたい人であれば内側の色がバイカラーになったものを選ぶといいでしょう。

第13位:エッティンガー(ETTINGER)のカードケース

現在の価格はコチラ

1934年にロンドンで創業されたエッテンガーは、英国王室御用達と認められるほど品の高いブランドです。財布が有名で、ブライドルレザーと言われる厚くて硬い革は耐久性があると同時に、スーツポケットに入れたときの少し大きめなシルエット感が魅力です。また、王室が認めるというだけあって、持った時の紳士感が品と高級感を演出してくれます。スーツとの相性は抜群で「できる人」というイメージを与えるエッテンガーは男性におすすめです。

カードケースであってもその品のよさはしっかりと出ています。派手過ぎないカラーと光沢は持っているだけで上品に見えます。また、中を開けたときのバイカラーは外観とは一変し華やかです。少し大きめに作られているので使い勝手も良く、カードの出し入れがスムーズにできそうです。

第14位:サマンサタバサ(Samantha Thavasa)のカードケース

現在の価格はコチラ

1994年につくられたサマンサタバサはバックを中心に展開しているブランドです。人気雑誌「JJ」と数多くの特集により知名度は急上昇、今ではサマンサタバサを知らない人のほうが少ないでしょう。現在では日本生まれの企業ではありますが、ヒルトン姉妹やヴィクトリア・ベッカムをはじめとする海外セレブをイメージモデルに起用していることから海外展開にも力を入れています。

フェミニンやかわいいデザインで若い女性のイメージが強いブランドではありますが、最近では落ち着いたデザインも多く30代の女性でも持ちやすくなりました。

カードケースはサマンサタバサらしいフェミニン感があります。パステルカラーやリボンをあしらった女性らしいデザインはとても可愛いです。持っているだけで女子力が上がりそうなサマンサタバサのカードケースは、比較的手が届く価格なので友人のちょっとしたプレゼントにもおすすめできます。

>>サマンサタバサのカードケースについて詳しくはコチラ

スポンサーリンク

第15位:バーバリー(Burberry)のカードケース

現在の価格はコチラ

イギリスを代表するファッションブランドのバーバリーは、今や世界的に人気が高いと言えます。バーバリーは、1856年に当時21歳だったトーマス・バーバリーによって創設されます。バーバリーと言えばトレンチコートが人気で、第一次世界大戦の頃から発売し改良を加えられ、現代でも数多くのファッショニスタが愛用しています。

カードケースでは、マフラーやトレンチコートの裏地によくみられるバーバリーチェックを使用したクラシカルなデザインになっています。男性、女性、性別問わず使える中性的なカードケースで、マフラーやハンカチと統一してバーバリーで揃えればセンス良く感じます。また、カップルで揃えても好印象でしょう。

第16位:ダコタ(Dakota)のカードケース

現在の価格はコチラ

日本生まれのダコタは1970年からプリンセストラヤ社が展開しているブランドです。レザー専門で、素材にこだわったナチュラルで素朴なデザインが若い世代の人に支持を集めています。流行にとらわれないシンプルなデザインを心がけているそうで、1度購入すると長く愛用できます。素材の柔らかさもダコタの大きな特徴で、ダコタの評判が高い1つのポイントと言えます。カジュアルファッションが好きな20代女性とマッチするブランドです。

ダコタのカードケースも素材がかなり柔らかく、手に馴染みやすいという意見が多いです。シンプルなデザインなので、万人受けするでしょう。価格もリーズナブルなため家族へのプレゼントや恋人、友人様々な人にプレゼントすることが出来ます。またレビューでは写真よりも色が濃いという意見が多いので、購入時には注意が必要です。

第17位:ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)のカードケース

現在の価格はコチラ

1875年にイギリスで誕生した歴史あるブランドです。創業当時は質の高い馬具用品や軍需用のアイテムを中心に展開していましたが、現在ではブライドルレザーを使った財布やカバン等で有名です。今では「英国御三家」の1つで最も知名度が高いブランドと言われています。男性をターゲットにしたクラシックなデザインは、メンズ雑誌で数多く特集が組まれるほどの人気です。

カードケースでは職人手作りの質が高い点が評価されています。柔らかすぎない品質は、持っただけで高品質であることが分かります。ロングセラーを放っているのがS7412で、シンプルでありながらも容量多く収納することが出来ます。また、経年変化を楽しめるという意見も多く、1度購入すれば長く愛用することができるのも魅力です。「本物」が欲しい男性であれば是非購入してみましょう。

>>ホワイトハウスコックスのカードケースについて詳しくはコチラ

スポンサーリンク

第18位:フルラ(FURLA)のカードケース

現在の価格はコチラ

学生から働く女性まで幅広い女性に支持を得るフルラは今最も旬のブランドです。1927年にイタリアで創業されたフルラは、今や世界100か国以上、1000店舗以上を展開する世界的なブランドで品質の高いつくりと、シンプルでありながらも女性らしさが詰まったデザインが人気です。持っているだけでエレガンスな印象を与えるだけでなく、機能性もしっかりある点が魅力と言えます。カードケースでも、フルラの魅力がしっかりと詰まっています。

オフィスでも使えるようなシンプルなデザインや鮮やかなカラーバリエーションは女性ならではです。最近ではメンズラインも登場しており、女性用とは一変して落ち着いたグレーのカラーを使用しています。そのため、スーツと相性が良いデザインです。

>>フルラのカードケースについて詳しくはコチラ

第19位:ボッテガ・ヴェネタ(Bottega Veneta)のカードケース

現在の価格はコチラ

1966年、イタリアで生まれたボッテガ・ヴェネタは男性向けブランドです。バッグ、小物、アクセサリー等幅広いラインアップで品質の高い革の商品を展開しています。「シルクのよう」と絶賛されるほどの丁寧な作業はボッテガ・ヴェネタの魅力です。ディティールの繊細なところにまで配慮されているデザインやつくりは見ているだけで圧倒されます。

ボッテガ・ヴェネタと言えば、独特な「イントレチャート(レザー編み込み)」です。柔らかな素材を使用しているだけあって、かなり高度な技術を必要とします。職人の手でできたボッテガ・ヴェネタの編み込みは手に持つと独特な感触で、唯一無二です。

ボッテガ・ヴェネタのカードケースもインレチャートを使用したデザインになっています。モダンなデザインで、30代以降のダンディーな男性にぴったりです。また、中は外観と異なったバイカラーになっていて更に魅力的です。お値段は張りますが、特別な日や自分へのご褒美としてぜひ購入してほしいブランドです。

第20位:土屋鞄製造所のカードケース

現在の価格はコチラ

1965年に日本で誕生したメーカーです。ランドセルづくりから始まったというだけあってランドセルのイメージが強いですが、財布等にも定評があります。ブランドロゴがないシンプルなデザインが売りで、日本人らしい奥ゆかしさを感じます。全体的に高水準なつくりでできており、長く愛用する人も多多く、男性女性問わず使用でき、特に30代~40代の大人に人気です。

土屋鞄製造所のカードケースは「革のダイヤモンド」と言われるほど高級な素材を使用しています。高級感ある質を存分に味わえるシンプルなつくりになっており、すっきりとしたデザインですが、カードを多く収納できる優れものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク