雨の日でもおしゃれで快適に過ごす為に
ピントルのレインブーツ専門ページ

>> レインブーツを選ぶなら見ておきたい注目記事はコレ! <<
ロング丈レインブーツ人気ランキング
ロング丈
人気ランキング
ミドル丈レインブーツ人気ランキング
ミドル丈
人気ランキング
ショート丈レインブーツ人気ランキング
ショート丈
人気ランキング
冬用】雪道も滑らない!スノーブーツ人気ランキング
スノーブーツ
人気ランキング
彼女に履いてほしいレインブーツまとめ
彼女に履いてほしい
レインブーツまとめ
スポンサーリンク

意外と知らない!?レインブーツに使われている素材

レインブーツの素材

デザインの多様化に伴い、現在のレインブーツは様々な素材を使用して作られています。
そんなレインブーツの素材として多いのが塩化ビニールや天然ゴム、そして合成皮革
素材事に特徴が違い、使用する条件によっては適していない物も存在しています。
そんなレインブーツの素材の種類や特徴について紹介していきます。

スポンサーリンク

レインブーツに使われている素材の特徴

レインブーツに使われている素材の特徴

デザイン面や機能面で大きく影響する要素と言えばレインブーツの素材です。

素材1つでレインブーツの表情から性能までガラッと変えてしまうといっても過言でなく、
なんとなく見た目だけでレインブーツを選んでしまって後悔してしまわない為にも、
使用されている素材については詳しく理解してから購入する事をオススメします。

塩化ビニール素材(PVC素材)のレインブーツの特徴

他の素材で作られたレインブーツと比較した場合、傷や汚れがつきにくいのが特徴で、
素材自体が硬く、経年変化はしますが半永久的に劣化しないという優れた素材です。

塩化ビニール素材(PVC素材)のレインブーツはデザインやカラーが豊富なのも魅力です。

しかし、低温時に非常に硬くなるという性質があるため、冬場や雪の場面では、
歩きずらかったり滑りやすいというデメリットがある事も忘れてはいけません。

塩化ビニール素材(PVC素材)のレインブーツは収縮性が他の素材に比べて少ないため、
購入する際は、普段靴と同じサイズかワンサイズ大きめのレインブーツを選びましょう。

大きめであれば、後でインソール等を使用してフィットさせる事が可能です。

天然ゴムや合成ゴム素材(ラバー素材)のレインブーツの特徴

非常に柔らかく伸びの良い素材であり、抜群のフィット感と歩きやすさを持っています。

また、天然ゴムや合成ゴム素材(ラバー素材)のレインブーツは断熱性と防水製が高いので、
雪の中でも暖かく、レインブーツとして非常に高い性能を持っているのも特徴です。

しかし天然ゴムや合成ゴム素材(ラバー素材)のレインブーツは経年劣化していきます、
数年経過するとヒビが入ってしまったり、汚れが取りにくくなって行くデメリットもあります。

履き心地と防水性を併せ持つのであれば天然ゴムや合成ゴム素材(ラバー素材)は最適な素材です。

合成皮革素材のレインブーツの特徴

普段から履いている靴に近いファッショナブルな見た目を持っているのが合成皮革素材です。

合成皮革素材は天然の布地に対して塩化ビニールやポリウレタン等の合成樹脂を塗布してあり、
水をはじくため汚れにくく、レインブーツとは思えないデザイン性の高さが特徴の素材です。

また、PVC素材やラバー素材のレインブーツと比べてフィット感が高く歩きやすいのですが、
防水性能的には最も劣る素材であるというデメリットや、傷がつきやすいという特徴もあります。

激しい雨が降る日や、アウトドアでのハードな使用にはあまり向いていないと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> レインブーツを選ぶなら見ておきたい注目記事はコレ! <<
ロング丈レインブーツ人気ランキング
ロング丈
人気ランキング
ミドル丈レインブーツ人気ランキング
ミドル丈
人気ランキング
ショート丈レインブーツ人気ランキング
ショート丈
人気ランキング
冬用】雪道も滑らない!スノーブーツ人気ランキング
スノーブーツ
人気ランキング
彼女に履いてほしいレインブーツまとめ
彼女に履いてほしい
レインブーツまとめ