冬に大活躍のアウターはやっぱりこれ!
ピントルのダウンジャケット専門ページ

>> 今年注目のダウンジャケット人気ランキング <<
メンズ向けダウンジャケットの人気ランキング メンズ向け
人気ランキング
レディース向けダウンジャケットの人気ランキング レディース向け
人気ランキング
キッズ向けダウンジャケットの人気ランキング キッズ向け
人気ランキング
ベビー向けダウンジャケットの人気ランキング ベビー向け
人気ランキング
1万円以下の激安ダウンジャケットの人気ランキング 激安!一万円以下
人気ランキング
スポンサーリンク

ダウンジャケットを上手に収納する畳み方

ダウンジャケットを上手に収納する畳み方

衣替え等でダウンジャケットを雑に片付けてしまうと痛んでしまって、次の冬に悲しい思いをしてしまう事が有ります。そんな失敗をしない為にも、上手なダウンジャケットの収納方法、そしてダウンジャケットを痛めない正しい畳み方、さらには長期的に保管しておく場合のダウンジャケットに優しい片付け方を紹介します。

冬物衣料であるダウンジャケットを来年も同じように気持ちよく着るため、ダメージを残さないように収納するコツを一緒に勉強していきましょう。

スポンサーリンク

ダウンジャケットの収納上手な畳み方

ダウンジャケットの収納上手な畳み方

ボリュームの多い冬物衣料の中でも、ダウンジャケットはかなり厚みがあり、収納に苦労している人は多いのではないのでしょうか。そこでまずはダウンジャケットを畳む際の基本的な方法について紹介します。

ダウンジャケットを畳む前に、フードの外せる物、袖の外せる物、またファー付きのダウンジャケットで取り外しが出来る物は全て外しておき、クリーニングなどに出した時について来る袋なども外しておくのがおすすめです。

(1)ダウンジャケットのチャック(フックやボタン)は留める

ダウンジャケットの畳み方1

ダウンジャケットは、畳む前にチャックを閉じましょう、ボダン式やフック式のダウンジャケットも同様にフロント部分を閉じておく事で、畳んだ際にダメージを与え難く、またコンパクトに収納する事が出来ます。

(2)ダウンジャケットの両腕を折る

ダウンジャケットの畳み方2

ダウンジャケットを平置きした状態で両腕を折り曲げます、比較的生地の薄いダウンジャケットは画像のように織れますが、厚手のダウンジャケットの場合は両腕が"×印"を描くように交差させると上手に畳む事が可能です。

(3)横方向に織るか、クルクルと巻く

ダウンジャケットの畳み方3

ダウンジャケットの襟の方からクルクルと巻いていきましょう、巻くのが難しい程厚手のダウンジャケットであれば、裾と襟を合わせるように2回程折り曲げれば、収納しやすくコンパクトな形に畳む事が出来ます。

(4)袋に入れるか、両端を紐で縛る

ダウンジャケットの畳み方4

ダウンジャケット購入時に袋のついている物や、適度なサイズのものがあれば袋に入れます、なければビニール紐などで両端を縛っておきます。フード付きのダウンジャケットの場合は、フードをまとめておく意味合いとして中央にも紐を軽く結んでおくと、綺麗に畳む事が出来、コンパクトに収納出来ます。

ダウンジャケットの収納に使える裏技!!

ダウンジャケットの収納に使える裏技!!

先ほど畳み方で、最後は袋に入れるのがおすすめと紹介しましたが、なかなかダウンジャケットの収納に適した袋なんて有りませんよね、かといってビニール紐で結ぶのは面倒だしダウンジャケットを傷つけないか心配だと言う貴方に、ダウンジャケットを収納する際の裏技的なワンポイントを紹介しちゃいましょう。

使うのは、"ストッキング"もしくは"不織布のギクトバッグ"

ストッキングでコンパクトにダウンジャケットを収納しよう!

ダウンジャケットの袋の代わりにストッキングを使用すれば、適度な圧縮感でコンパクトにダウンジャケットを収納する事が出来ます、畳む際に厚みを出さないようにして巻き上げれば、ストッキングでも簡単に収まってしまいますし、袋に入れたり紐で縛るよりも細長くなるので、ベッド下のスペースなどにも収納出来ちゃいます。

ストッキングでダウンジャケットを仕舞えば、紐の跡も残らず、空気からも遮断せず、ダウンジャケットの中の羽毛も痛めないため、大切なダウンジャケットを優しく保管しておく事が可能です。

ちなみに女性の場合は知っていると思いますが、夏用のストッキングの方が収縮性が高く、ダウンジャケットの収納に適していますので、男性の場合は間違えずに夏用のストッキングを買ってきて下さい。

100圴の不織布ギフトバッグで厚手のダウンジャケットも収納!

ストッキングには入らない程の厚さのある、ボリューミーなダウンジャケットの場合は不織布で出来たギフトバッグがおすすめです。無理矢理小さな袋にダウンジャケットを詰めたり、圧縮袋を使用してしまうとダウンジャケットのふんわり感が損なわれますから、そんな時におすすめなのが不織布のバッグです。

厚手のジャケットであれば、ちょうど良いサイズに収納出来ますし、不織布なのでホコリがつく事も無く、ファー付きのダウンジャケットでも清潔なまま次のシーズンまで保管しておく事が可能です。

ギフトバッグ仕様の袋を買ってこればリボンなどもついているため、ダウンジャケットを袋に入れたら口を縛って保管しておく事も出来ます。

スポンサーリンク

ダウンジャケットを収納する時の注意点

ダウンジャケットを収納する時の注意点

衣替え等で長期的に保管する必要が有る場合は、ダウンジャケットと一緒に防虫剤と乾燥剤を入れて収納しておく事が大切です、ダウンは羽毛ですから虫がつきやすいので、半年以上そのまま放置しておくのは危険です。湿気の少ない場所に保管しておく事も重要なため、洗ったあとはしっかり乾燥させておきましょう。

また、クリーニングに出した後のダウンジャケットをそのまま畳んで収納してしまうと、来年の冬にもう一度出した際に、ダウンジャケットがゴワゴワしてしまう可能性があります。クリーニングから戻ってきたらビニール袋を外して、2~3日は室内で吊るし、溶剤や湿気を取り除いてから収納しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 今年注目のダウンジャケット人気ランキング <<
メンズ向けダウンジャケットの人気ランキング メンズ向け
人気ランキング
レディース向けダウンジャケットの人気ランキング レディース向け
人気ランキング
キッズ向けダウンジャケットの人気ランキング キッズ向け
人気ランキング
ベビー向けダウンジャケットの人気ランキング ベビー向け
人気ランキング
1万円以下の激安ダウンジャケットの人気ランキング 激安!一万円以下
人気ランキング