ベルト一本でイメージチェンジ
ピントルのベルト専門ページ

>> 注目のページはコチラ! <<
人気の高いベルトのメーカー(ブランド)一覧
ベルト
ブランド一覧
レディース向けベルトのおすすめランキング
女性向けベルト
人気ランキング
かっこいいベルトおすすめ厳選10種類
かっこいいベルト
厳選10種
プレゼントにおすすめのベルト
プレゼント向け
おすすめベルト
似合うベルトの選び方
似合う
ベルトの選び方

ベルトに使われる素材まとめ

ベルトに使われる素材まとめ

ベルトに使われている素材というのは大きく分けて、皮革素材と、革以外の素材(布やゴム)に分けられます。特にビジネスシーンやフォーマルな場面においてはレザーのベルトが一般的となっており、カジュアルな場面では布製で作られたベルトが一般的となっています。

革素材と言われても牛革だけでなく様々な革素材が存在しており、革素材であっても加工方法によって様々な表情を見せてくれます。もちろん革以外の素材で作られたベルトも魅力がたくさんありますので、ここではベルトに使われている素材の種類について定番となっているものを中心に詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

ベルトに使われる革素材の種類

ベルトの中でも定番中の定番と言える皮革素材。革というのは牛革ひとつとっても牛の性別や年齢によって様々な特徴があり、もちろんベルトに使われている革素材というのは、牛だけでなく馬やワニなど様々な動物から作られます。

そんな革から作られるベルトの中でも代表的な素材について紹介します。

牛革のベルト

牛革のベルトを探すにはコチラ

ベルトに使われている素材の中でも、最も定番といえるのが牛革です。一般的に牛革といわれるのはステアハイドと呼ばれる、生後3~6ヶ月に去勢されたのち2年以上経過した雄牛から取れる革のことです。

このステアハイド以外にも、滑らかな質感が魅力的な高級レザーの代名詞である「カーフレザー」や「キップレザー」なども牛革の事です。

牛革のベルトは皮革素材を使用したベルトの中でも比較的手入れが用意であり、加工方法によっては「革を育てる」といった革細工の醍醐味も味わいやすいのが特徴です。初めてベルトを買うという人は牛革のベルトを選べば間違いありません。

>>革ベルトを育てる正しい手入れ方法はコチラ

ハラコのベルト
ハラコのベルトを探すにはコチラ

牛革の中でも特に高級かつ希少なレザーとして知られるハラコ。妊娠中の牝牛の胎内にいる胎児の皮を取って素材としており、滑らかな毛並みとやさしい肌触りが特徴となっています。

ハラコという素材は非常に高級かつ希少なため、市場に出回っているハラコのベルトというのは、多くの場合が「ハラコ風のベルト」となっており、ポニーと呼ばれる馬革をハラコ風に加工しています。

コードバンのベルト

牛革のワンランク上の皮革素材として知られているコードバン。馬の臀部から取れるコードバンは、独特の光沢としなやかさから「革のダイヤモンド」と称されるほどのラクジュアリー素材です。

牛革と比べると水に弱く手入れも少しだけ手間がかかるため、革素材の扱いに慣れた人にオススメです。特にベルトの素材としては非常に多くの人が注目している素材であり、インターネットの検索数などをチェックしてみるとレザーベルトの中ではダントツの注目度を誇ります。

>>コードバンベルトの選び方はコチラ

エキゾチックレザーのベルト

一般的な哺乳類から取れる革以外にも、爬虫類や鳥類から取れるレザーで作られているベルトも人気となっています。特にクロコダイルやパイソン、オーストリッチといったレザーは、どの動物から取れるのか知らない人でも、名前は聞いたことがあるかもしれません。

そんな、ベルトに使われているエキゾチックレザーの中でも代表的なものを紹介していきます。

クロコダイル
クロコダイルのベルトを探すにはコチラ

ベルトに使われているエキゾチックレザーの代表といえばワニから作られるクロコダイルレザー。美しく並んだ四角形のウロコは、腰回りがチラッと見えた時に、他のレザーでは生み出せないエレガントさを演出します。

性別問わず人気が高い素材であり、上品でセクシーな印象が魅力的です。

パイソン
パイソンのベルトを探すにはコチラ

ハードでワイルドな印象となるヘビから作られるパイソンレザー。細かく連続した模様と、強い個性が魅力的であり、シンプルな服装の中にパイソンレザーで作られたベルトをするだけでも、1点豪華な雰囲気が作り出せます。

ヘビ革といっても、その種類は非常に多く、質感や柄だけでも数え切れないほどのバリエーションがあります。

オーストリッチ
オーストリッチのベルトを探すにはコチラ

独特の突起を持った軽くて柔らかい質感が人気のオーストリッチはダチョウから取れる革素材です。牛革と比較して数倍もの耐久性を誇っており、エキゾチックレザーの中でもガンガン使えるのが魅力的です。

最近ではオーストリッチのカラーバリエーションも増えてきており、クロコダイルやパイソンと比べて、落ち着きのある大人な印象を与えられるのもオーストリッチのベルトが持つ魅力と言えます。

革の加工による種類

ベルトの定番素材と言える牛革ですが、様々な加工方法によって種類が分けられるのはご存知でしたか?

ベルトの素材として有名なエナメルスエードというのも、牛革を加工して作られるベルトの素材であり、様々な加工を施すことで非常に表情豊かなベルトが生み出されています。

そんな、レザー素材の加工方法の中でも、特にベルトに使われることが多い定番の素材を解説していきます。

エナメルのベルト

エナメルのベルトを探すにはコチラ

エナメル素材というのは、正式にはパテント(ペイテントレザー)と呼ばれており、まるで宝石のような輝きを放つのが特徴です。

カーフレザーやステアハイドなどの牛革にたいして、ウレタン樹脂をコーティングして作られた素材であり、革素材の持つしなやかさや柔らかさを保持しつつも、手入れが簡単で水にも強いという特徴が魅力的。

シックな色合いだけでなく、鮮やかな色合いで作られたエナメルのベルトも数多く販売されているため、ファッション全体の差し色に使ったり、パーティーシーンでも活用できます。

スエードのベルト

スエードのベルトを探すにはコチラ

意外と「スエードって何革?」と思っている人が多いようですが、スエードは革素材をサンドペーパーなどで磨いて毛羽立たせる加工をした革のことです。一般的にやキップやカーフなどの子牛の革や、山羊革などがスエード作りの中心となっています。

そんなスエードで作られたベルトは、マットな質感が魅力的であり、特に秋冬のコーディネートでは主役を張れるほど!ドレスカジュアルなファッションにスエードのベルトを合わせても、こなれた粋っぽさが出せるため、カジュアルダウンさせるときには大活躍と言えるでしょう。

サドルレザーのベルト

サドルレザーのベルトを探すにはコチラ

馬の鞍(サドル)に使用されていたレザーのためサドルレザーという名前が定着したこの素材は、ベジタブルタンニンなめしと呼ばれる加工方法で作られたレザーを指しています。

一般的に「ヌメ革」と言われる革素材もサドルレザーだと考えて概ね問題ありません。「革の魅力と言えば経年変化!」と考える人であれば、サドルレザーで作られたベルトを買って大切に育てることで、徐々に深い飴色へと変化していくレザーベルトの魅力を存分に味わえます。

ブライドルレザーのベルト

ブライドルレザーのベルトを探すにはコチラ

イギリス生まれのレザー製品によく見られるブライドルレザー。ナチュラルタンニンなめしで加工された革に対して、ロウなどのワックスを塗りこみ耐久性を向上させている皮革素材です。

ヌメ革と比べて経年変化が緩やかであり、レザーベルトの中でも「しっかりした作り」を感じられる、高級感の漂う堅牢性が魅力的です。

ブライドルレザーで作られたベルトは、このロウを塗りこむという特徴が故に、夏と冬ではベルト自体の質感や風合いが少し変化するあたりも、レザー好き達から支持されています。

スポンサーリンク

革以外の素材で作られるベルトの種類

ここまでレザーを中心にベルトの種類を紹介してきましたが、ベルトというのは皮革素材だけで作られるわけではありません。特にカジュアルユースにおいてはレザーベルト以外の方が主役と言っても良いほど人気を獲得しており、最近では布製のベルト以外にもラバー素材で作られたベルトも注目されています。

そんな革以外で作られるベルトの素材について詳しく解説していきましょう。

ラバーベルト

シリコンのベルトを探すにはコチラ

腕時計や工業用機械などに使われるベルトでは古くからの定番とされていたラバーベルトも、今やファッションアイテムとして使用するベルトでも人気を得ています。

まるでレザーのように経年変化を起こすラバーベルトは、圧倒的な耐水性と耐久性、さらに豊富なカラーバリエーションを持っており、カジュアルファッションだけでなくアウトドアスポーツなどの場面でも活躍しています。

布ベルト

布ベルトを探すにはコチラ

リボンベルトやGIベルトなどに代表される布ベルトに使われる素材にも様々な種類があります。

大きく分けるとこの3種類

  • 植物繊維
  • 動物繊維
  • 化学繊維

定番とされているのは植物繊維や化学繊維ですが、高級感の漂う動物繊維から作られている布製のベルトも人気を得ています。そんな布ベルトに使われる素材について掘り下げて解説していきます。

コットンなどの植物繊維
コットンのベルトを探すにはコチラ

サラッとした質感が春夏向きのファッションと相性の良い植物繊維。特に定番なのはコットン(綿)ですが、大きく質感の違うヘンプ(麻)で作られているベルトも、夏のカジュアルファッションで人気となっています。

染色の自由度が高く、色鮮やかなベルトも豊富なのが植物繊維の特徴です。

シルクなどの動物繊維
シルクのベルトを探すにはコチラ

艶やかな光沢をもったシルクや、独特の温もり感があるウールなど、動物繊維は植物繊維や化学繊維と比べると高価ですが、レザーでいうならエキゾチックレザーのように個性が強く人気の高い素材です。

特に女性向けのベルトなどに見られる幅の広いベルトやドレープ感のあるベルトでは動物繊維が好まれており、なめらかで優しい印象を出せるエレガントなベルト素材として人気を得ています。

ナイロンなどの化学繊維
ナイロンのベルトを探すにはコチラ

低価格で高品質な布ベルトを作れる化学繊維。特にナイロンポリエステルで作られているベルトが定番となっており、熱には弱いですが水分に強いため雨の日でも気軽に使えるのが魅力的です。

化学繊維には弾力に富んだものも多いため、ゴム性のある柔軟なベルトも作られています。

>>メンズ向けベルト人気ブランドランキングTOP20はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 注目のページはコチラ! <<
人気の高いベルトのメーカー(ブランド)一覧
ベルト
ブランド一覧
レディース向けベルトのおすすめランキング
女性向けベルト
人気ランキング
かっこいいベルトおすすめ厳選10種類
かっこいいベルト
厳選10種
プレゼントにおすすめのベルト
プレゼント向け
おすすめベルト
似合うベルトの選び方
似合う
ベルトの選び方