ランキングから色落ちに関する事まで
ピントルのジーパン専門ページ

よく読まれるページはコチラ
おすすめ!大人系ジーパン人気ランキング
大人系
人気ランキング
高級プレミアムジーパン人気ランキング
高級プレミアム
人気ランキング
安いジーパン人気ランキング
低価格
人気ランキング
日本製の国産ジーパン人気ランキング
国産
人気ランキング
【必見】ジーパンの正しい選び方
必見
正しい選び方

【必見】自分に合ったジーパンの正しい選び方

【必見】ジーパンの正しい選び方

いざ、ジーパンを買いにいこうとお店に行ったりした時でも、種類の豊富さや、シルエットの数に迷い結局買わなかったりして、自分に合ったジーパンが解らなくて困ったという人は意外といます。ジーパンの正しい選び方とは?選び方で知っておくべきポイントは?今回は、自分にあったジーパンを選ぶ正しい方法について紹介します。

スポンサーリンク

ジーパン選びの基本はスタッフに聞く事

ジーパン選びの基本はスタッフに聞く事

やっぱり、ジーパンを選ぶ際の基本は客観的に見てもらう事です。もちろんスタッフさんであれば、ジーパンとファッションに精通しており、あなたの体型や好みに合わせた最適なジーパンを選んでくれるでしょう。もし友人と買い物に行けるなら、その人に相談してみるのも良いですが、流行のシルエットや、ジーパンの特徴等に詳しい人に相談するのも大切。「どんなジーパンが似合いそうですか?」と聞いてみるのがおすすめ!

体型から自分に合ったジーパンを選ぶ

体型から自分に合ったジーパンを選ぶ

ジーパンの選び方で最も重要な要素と言えば、ご自身の体型です。ひとくちに体型と言っても千差万別、人によって違いますから、ここでは大まかに、体型に合わせたシルエットを紹介します。

>>ジーパンのシルエットやスタイルの種類についてはコチラ

体型の細い人・脚が細い人

スキニー・ナロー・タイトストレート・スリムストレートなど、体にフィットしやすいシルエットのジーパンがおすすめです。

平均的な体型の人

フレア・ブーツカット・レギュラーストレート・スキニーなど、比較的どのシルエットのジーパンを選んでも大丈夫です。

体型の太い人・腿が太い人

ルーズストレート・バギー・ヒップハング・ローライズなど、窮屈になりにくいシルエットのジーパンがおすすめです。

>>お得なジーパンを見つけるならコチラ

スポンサーリンク

ジーパンの素材で選ぶ方法

ジーパンの素材で選ぶ方法

素材といってもデニムなのは同じですが、最近の主流は2種類あります。1つは伸びないタイプのデニム、もう1つは伸びるタイプのデニム。どちらも一長一短なので、特徴を知って好みに合わせて選びましょう。

>>ジーパンの生地の厚み(オンス”OZ”)についてはコチラ

綿100%で織られたデニム

一般的なジーパンはコチラのタイプで、伸びの少ないデニム生地です。ジーパンは長く履いて色落ちが楽しめてカジュアルなスタイルが大切!そんな人は綿100%のデニムを選ぶのがおすすめと言えるでしょう。生地自体も厚い物が多く、擦り切れたりしてからも長く履けます。ゴワっとしたジーパン特有の皺が生まれやすいのもコチラの生地です。

綿+ポリウレタンのストレッチデニム

近年流行中の伸びる生地を利用したストレッチタイプのジーパンは、スリムストレートやスキニーといったタイトなシルエットにおすすめ。また履き心地重視でジーパンを選ぶ人にもおすすめな素材です。非常に動きやすく、窮屈さのない使い心地が支持されていますが、ジーパン自体は型くずれしやすく伸びやすいというデメリットや生地が薄いジーパンが多く、耐久性が低いという難点もあります。

予算でジーパンを買うお店を選ぶ

予算でジーパンを買うお店を選ぶ

今やインターネットでジーパンを買うという人も増えています。有名なブランドで自分のサイズが解っていれば問題ありませんし、むしろお得で品数の多い通販は、個人的にもおすすめです。しかし初めてジーパンを買うと言う人は不安も多いでしょうから予算に合わせたお店の選び方についても紹介しておきましょう。

予算が多めな人

セレクトショップや大手の百貨店などで選ぶのがおすすめです。海外ブランドやデザイナージーンズから定番ものまで購入できます。しかし基本的に流行している物や最新の物ばかりが置いてあるため、ジーパンの価格帯も高い物が多いので予算が多めな人におすすめ。

予算が少なめな人

総合衣料店(ユニクロやシマムラ)などやスーパーやチェーン店がおすすめ。低価格帯のオリジナルブランドを展開しているためジーパンも安く、場所によっては1000円を切る価格で販売されている場所もあります。リーバイスやエドウィンなども合わせて販売しているところも多いので

低価格帯のジーパンで好みの物を探すならおすすめです。

>>お得なジーパンを見つけるならコチラ

高いのも安いのも見たい人

ジーパンの専門店に足を運んでみるのがおすすめです。リーバイスのお店やボブソンのお店、ビッグジョンのお店などに行けば、手の届かない様な価格のヴィンテージ系ジーパンから低価格な物まで流行に関係なく、また価格も様々なジーパンをチェックする事が可能。なんとなく好みのブランドを下調べしてから行くのがおすすめです。

TPOに合わせたジーパンの選び方

TPOに合わせたジーパンの選び方

TPOというのはTime Place Occasionの頭文字をとった言葉で【T(Time)=時】【P(Place)=場所】【O(Occasion)=状況】の事。つまり、シーンに合わせたジーパンについて紹介していきます。よそ行き用のお洒落ファッションならお洒落をする為に選んでいる人は、セレクトショップで選びましょう。もしくはデザイナージーンズを展開しているブランドもおすすめです。

アウトドアやレジャー用なら

履き心地や動きやすさを優先したジーパンを選ぶのがおすすめです。レジャー向けなら、ストレッチ素材のジーパンが快適に過ごせます。ちょっとハードなアウトドアであれば、厚手のジーパンがおすすめ。

ビジネスカジュアルなど仕事用なら

オフィスなどで使用したり制服的な使い方をするのであれば、柔軟性があって動きやすく履き心地が快適なジーパンを選びましょう。しかし消耗品になるため、品質よりも本数が優先と言えます。インディゴブルー以外にもグレーやブラックのジーパンもおすすめ。

普段履きとして楽に使うなら

スリムやスキニーなどのタイトシルエットなジーパンはさかえてストレートやルーズなどの履いていて楽なシルエットがおすすめです。理想を言えば、履いたまま寝られそうな履き心地を探しましょう。

>>お得なジーパンを見つけるならコチラ

スポンサーリンク

初心者が抑えておきたいジーパン選びのポイント

初心者が抑えておきたいジーパン選びのポイント

ジーパン選びに失敗しない為に、ジーパン初心者のためだけではなくお洒落な服装を作るのが苦手、という人にも読んでおいて欲しい!ジーパン選びでとっても大切な要点をここで紹介しておきます。

まずはストレートのジーパンを選ぶ事!

ジーパンには様々な種類があるため迷ってしまいがち。足を長く見せるブーツカット、スタイリッシュなスキニー。こういったシルエットは"こうしたい"というイメージがあって初めて自分のファッションに馴染ませる事が出来るため、自分のイメージ像が出来てない人には難易度が高いジーパンです。そのため、ジーパン初心者はまずストレートタイプを選びましょう。ストレートタイプは最もコーディネートがしやすいジーパンですし、このジーパンを使ってみて好みが解ってきたら他の形を選びましょう。

5ポケットタイプのジーパンを選ぶ事!

膝の横や太ももあたりにポケットがついているジーパンは格好良く見えるものも有りますが、実は難易度の高いデザインです。子供っぽく見えたりダサいという扱いを受ける可能性が高いため、まずは定番の5ポケットタイプのジーパンを選ぶのがおすすめです。5ポケットと言うのは、フロントの左右のポケットとコインポケット、そしてお尻の左右にあるポケットの合計5つで構成されたデザイン。最もベーシックな物を選ぶ事が初心者にはおすすめです。

お尻のポケットがシンプルなジーパンを選ぶ事!

ジーパン選びで失敗してしまいやすい事の1つがポケットのデザイン。特にバックポケットのデザインはシンプルな物を選ぶのがコツです。チャックが入っていたり、ボタンが付いたデザインになっていたり、折り目がついた物や蓋が付いたもの、さらには刺繍など、とにかく後ろ姿に個性が出ている物は失敗しやすいので注意です。シンプルにブランドのステッチが入った程度のジーパンがおすすめです。

1万円を切るジーパンは避ける事!

今やジーパンも低価格化が進んでいるため安い物も豊富です。下は1000円を切る物から、上は10万円を超える物まで様々です。そこで1つ"良いジーパンの基準"となる価格を設けるのならば、1万円がジーパン相場の最低ラインと言う事が可能です。それ以下の価格のジーパンには、無駄にポケットが配置されていたりよくわらかない柄や刺繍が施されているダサい物が多いため、初心者であればせめて、1万円以上のジーパンを選ぶのがコツです。

ダメージ加工のジーパンは3万円以上出して買う事!

ジーパンの中には、予めユーズド感のある加工がされた物も豊富です。しかし、初心者がダメージ加工のジーパンを選ぶのは意外と地雷であり、一見デザインが良く感じても使って見るととんでもなくダサい事も。それを避ける為にはデザイナージーンズの最低価格である3万円を超える価格のジーパンを選ぶ事が重要となるでしょう。この価格が出せないのであれば、ダメージパンツは諦めましょう。

体型を隠すのではなく体型に合うジーパンを選ぶ事!

太っているから細いジーパンをはいて少しでも細くみせたい。体型が細いからゆったりしたジーパンをはいてバランスをとりたい。こういったコンプレックスを隠そうとするジーパン選びをすると全体的に"ちんちくりん"な服装になってしまう事が多いので注意。自分にとってジャストサイズなジーパンを体型に合わせて選んで無理しない服装をする事がジーパンを上手に選ぶコツです。

>>お得なジーパンを見つけるならコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
おすすめ!大人系ジーパン人気ランキング
大人系
人気ランキング
高級プレミアムジーパン人気ランキング
高級プレミアム
人気ランキング
安いジーパン人気ランキング
低価格
人気ランキング
日本製の国産ジーパン人気ランキング
国産
人気ランキング
【必見】ジーパンの正しい選び方
必見
正しい選び方