ランキングから色落ちに関する事まで
ピントルのジーパン専門ページ

よく読まれるページはコチラ
おすすめ!大人系ジーパン人気ランキング
大人系
人気ランキング
高級プレミアムジーパン人気ランキング
高級プレミアム
人気ランキング
安いジーパン人気ランキング
低価格
人気ランキング
日本製の国産ジーパン人気ランキング
国産
人気ランキング
【必見】ジーパンの正しい選び方
必見
正しい選び方
スポンサーリンク

ジーパンの加工の種類や呼び名について

ダメージ加工の種類や呼び名について

デザイナージーンズの流行と共に加工方法も様々な物が増えました。生産段階で加工をする手法のほとんどは日本で発展しており、じつは日本に加工を依頼するジーパンブランドが世界中にあるのです。ユーズド感を出す加工や、前衛的なジーパンを作る為の加工など、そんなジーパンに施される様々な加工とその特徴について紹介します。

スポンサーリンク

ワンウォッシュ加工

1970年ごろから行われるようになった、もっとも定番の加工です。単にウォッシュ加工とも言いますが、一度だけ洗い加工を施す場合、ワンウォッシュという言葉が使われとくに人気の高い加工です。新品のリジッドデニムをウォッシュ加工すると体に馴染みやすくなり、洗ったら縮んで履けなくなるという事も少なくなります。常温の水に浸すだけで、わざとリジッドのパリパリ感を残したり、お湯や柔軟剤まで使って柔らかく仕上げるという場合もあります。

>>ワンウォッシュジーンズを探すにはコチラ

ストーンウォッシュ加工

1982年ごろに、ユーズド感を出す加工として開発されました。小石と一緒に洗濯機(専用)に入れて洗う事で小石とジーパンが擦れ、ナチュラルな着古し感をスピーディーに出せると人気の加工です。ジーパン全体を均等に色落ちさせたり、縦糸の質感が強く現れて自然な風合いを作れるという特徴をもった加工方法です。しかし、近年ではあまり使用されなくなりました。

>>ストーンウォッシュジーンズを探すにはコチラ

スポンサーリンク

バイオウォッシュ加工

1988年に開発され、ストーンウォッシュに取って代わるだけでなく、以前よりも上品にユーズド加工が出来る方法として人気を得ています。セルロース分解酵素を使用する事で、ジーパンの繊維の一部を分解し、より繊細な中古感を表現出来るジーパンの加工方法です。この酵素は天然繊維の表面にある不要な部分を食べる微生物であり、ジーパン時代を柔らかくし、時間の調節で着古し感も出せるのです。

>>バイオウォッシュジーンズを探すにはコチラ

サブレ/サンドブラスト加工

1987年に研磨用の金属砂を高圧空気でジーパンに吹き付ける事で、施したジーパンを部分的に白くする事ができる加工です。白っぽい履き古し感を出せるため、ジーパンのシワ等から出来るヒゲやアタリなどの座り皺系の加工に適しています。他の加工方法よりもハードなユースド感を表現出来るのが特徴で、現在でも手作業で行われる事の多い加工としても知られています。

>>サブレジーンズを探すにはコチラ

シェービング加工

1980年あたりで人気だった紙ヤスリ等で中古感を出す方法モンキーウォッシュ加工とも呼ばれ、細かくハードな表現が特徴。現在ではサブレ加工の方が主流になりましたが、家で出来るのも魅力。特に腿の付け根あたりのヒゲ加工はサブレ加工よりもリアルに作れて、裾の擦り切れ感やジーパンの当たり加工は自分でも簡単に出来ます。工房などで加工される際は、グラインダー等を使用して施されます。

>>シェービングジーンズを探すにはコチラ

スポンサーリンク

クラッシュ加工

1975年頃のパンクムーブメントで人気を獲得した加工方法。ヤスリやカッター等で穴をあけたり傷を付ける加工が主流ですが、人によっては接ぎ当てをしたり刺繍を入れたりペンキをかけたり、さらに強者はショットガン等で弾痕場の穴を空ける人も居ます。世界で初めて手作業のクラッシュ加工をジーパンに施したのは日本が誇る名門ブランド、ビッグジョンだと言われています。

>>クラッシュジーンズを探すにはコチラ 

トッピング加工

1990年ごろに、ダメージ加工を施した新品のジーパンに汚れに似せた加工を施してリアルなユーズド感を出す方法として、ブラウンやグレー、グリーンなどの染料を使用し染め直しを行い、より自然な着古し感を出す加工として生まれたトッピング加工。当時はタンニン等の天然染料で行われましたが染料の定着性が悪く、現在行われているトッピング加工の大半は化学染料を使っています。インディゴ染料が高かった頃に作られたサルファー染料のジーパンもトッピング加工を施したジーパンというジャンルに入ります。

>>トッピングジーンズを探すにはコチラ

フェード加工

1975年に登場した酸化剤や還元剤をつかってジーパンを脱色する加工。新品の時よりも若干色を落としたい、というときに使われる方法で、ムラ感を出したり部分的に脱色させる事も有ります。

>>フェードジーンズを探すにはコチラ

スポンサーリンク

ブリーチ加工

1975年に生まれ、方法はフェード加工と同じ脱色系の加工ですが、フェードよりも強い脱色剤を使用して、かなり強めに色を抜きます。インディゴブルーのジーパンが淡い水色になるくらいまで加工すると、ブリーチ加工を施したジーパン、という名前で呼ばれるようになります。

>>ブリーチジーンズを探すにはコチラ

ケミカルウォッシュ加工

1986年頃に生まれ大流行した霜降りジーンズをつくる加工方法です。インディゴで染めたジーパンも、真っ白に戻るような強い脱色剤で、部分的に色を抜いたり全体の色を抜いたりムラを出したりと、サイケデリックな雰囲気に仕上げる事ができる個性の強い加工。現在では、多少人気が戻りつつあるとも言えますが、まだまだ履く人を選ぶ個性的なジーパンという扱いです。

>>ケミカルウォッシュジーンズを探すにはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
おすすめ!大人系ジーパン人気ランキング
大人系
人気ランキング
高級プレミアムジーパン人気ランキング
高級プレミアム
人気ランキング
安いジーパン人気ランキング
低価格
人気ランキング
日本製の国産ジーパン人気ランキング
国産
人気ランキング
【必見】ジーパンの正しい選び方
必見
正しい選び方