メンズ向けバッグの全てが解る
ピントルのバッグ専門ページ

よく読まれるページはコチラ
メンズ向けバッグで人気の形状ランキング
メンズバッグ
形状ランキング
女子が選ぶ男性に持ってほしいバッグの形
これならモテる?
バッグの形状
今おすすめのメンズ向けボディバッグまとめ
今おすすめ
ボディバッグ
年齢に合わせたビジネスバッグの選び方
年齢別
カバン選び
ビジネス向けガーメントバッグの選び方
ビジネス向け
ガーメントバッグ

レザー(牛革)を使用したバッグの特徴

レザー(牛革)を使用したバッグの特徴

バッグの二大素材と言えばナイロンかレザー(牛革)と言われるほどに定番となっている大人気素材で、低価格なものから最高級ブランドまで幅広く使用され、経年劣化を楽しめる素材として評価されています。そんなレザー(牛革)で作られたバッグの魅力や特徴、さらにお手入れ方法について解説します。

スポンサーリンク

バッグに使用されるレザー(牛革)の特徴

バッグに使用されるレザー(牛革)の特徴

ビジネスバッグからカジュアルバッグまで、幅広く使用されている定番素材のレザー(牛革)ですが、牛の年齢や性別などにより、バッグの質感や価格などが変化して行くのをご存知でしょうか?

子牛革:ハラコ

母牛の腹を裂いて摘出する事が問題視されているため流通量は激減していますが、非常に薄く柔らかい上質な革であり、多くは毛皮としてバッグ等に使用されている素材です。

子牛革:カーフレザー

生後6ヶ月くらいまでの子牛の革で、キズが少なくキメが細やかな為、最高級品として扱われます。耐久性が低いためクロームなめしで革にした物を小物や革靴などに使用します。

中牛革:キップレザー

生後6ヶ月から2年程度の牛を使用して作られる革で、こちらも高級品として扱われます。カーフレザーのようなキメ細やかさに厚みが加わるため丈夫で美しいレザー素材です。

成牛革:カルビンハイド

産まれてから2年以上たった未産の雌牛を使用し、成牛革としては最も美しく上質なものです。最高級のバッグなどに使用され、丈夫さも兼ね備えているまさに一級品の牛革です。

成牛革:カウハイド

生後2年以上で出産経験のある牛を使用したレザー素材で、柔らかく丈夫なのが特徴です。一般的なバッグ(中でも柔らかさが必要な物)にはカウレザーが使用されています。

成牛革:ステアハイド

生後3ヶ月から6ヶ月までの期間で去勢を施し、2年以上成長させた雄牛の革です。レザーとしての美しさを持ちながら厚く硬いため、メンズ向けのバッグなどに使用されます。

成牛革:ブルハイド

未去勢で生後3年以上たった雄牛の革で、キメが粗いが非常に厚く丈夫な特性を持っていて、主に革靴の靴底等に使用されているレザー素材です。

レザー(牛革)バッグの注意点

レザー(牛革)バッグの注意点

まず覚えておかなきゃいけない最も大切な事は「レザー(牛革)は水に弱い!」という事です。バッグが汚れたからといって水やお湯で洗うのも駄目ですし、雨に濡れると染みになる事もあります。また革本来の色をしていたとしても着色されているため、衣類に色が移ってしまう事もあるのです。

とはいっても、急な雨に濡れてしまったりする事を避けるなんて超能力のような事は不可能です。しかし、濡れてしまったからと言ってドライヤー等で乾かすとレザー自体がダメになってしまう事もあるため、レザー(牛革)バッグが濡れてしまった時は布でしっかり水気をとって、陰干しするようにしましょう。

濡れたまま高温多湿な場所においておくと、カビがはえてしまう事もあるので注意が必要です。カバンの中に新聞紙等を詰め込んで風通しのよい場所でしっかり乾かすことがポイントです。

スポンサーリンク

バッグに使われるレザー(牛革)素材の手入れ用品

・栄養補給の為のレザー(牛革)用クリーム

現在の価格はコチラ

革は生き物という言葉もありますが、適度に栄養補給をしなければヒビ割れます。このクリームはデリケートなレザー(牛革)バッグでも使用可能なのでおすすめです。

・コットン素材の布(ウエス)

現在の価格はコチラ

クリームをバッグ全体に延ばしたり、余分なクリームを拭き取る時にはコットン素材の布が最適です。コットンで磨くとツヤが出るので手に入れておきましょう。

・柔らかい馬毛のブラシ

現在の価格はコチラ

バッグの全体にクリームを延ばすときだけでなく、細かい部分にも使用します。汚れ落としにも使用しますので、2個買っておく事をオススメします。毛並みの柔らかい馬毛ブラシでないとレザー(牛革)をキズ付ける事があるので注意です。

・レザー用の防水スプレー

現在の価格はコチラ

仕上げに必要なのが防水スプレーです。コレを使用すれば少しの水なら怖くありません。レザー用の防水スプレーでないとシミになる可能性があるのでコチラの物を使用しましょう。

レザー(牛革)バッグの手入れ手順

レザー(牛革)バッグの手入れ手順

まずはバッグ全体の汚れ(ゴミやホコリ)を汚れていない馬毛のブラシでしっかり落とします。ここで汚れが残ってると、汚れごとクリームで巻き込み、染みにさせてしまう事があるので注意です。

しっかりとホコリやゴミ等を落としたら、クリームをコットンウエスで全体に馴染ませていき、そこから馬毛ブラシを使用して余分なクリームを取って行きましょう。バッグ全体をしっかり磨いたら、防水スプレーを吹きかけておしまいです。

・レザー(牛革)バッグの手入れ頻度

レザー(牛革)バッグを使用したら、毎回ブラシで表面のホコリを落としましょう。月に一回程度はクリームを使用して磨き、日常的に使用するバッグは防水スプレーをします。水とホコリはレザー(牛革)バッグにとって大敵なので、注意しなければいけません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
メンズ向けバッグで人気の形状ランキング
メンズバッグ
形状ランキング
女子が選ぶ男性に持ってほしいバッグの形
これならモテる?
バッグの形状
今おすすめのメンズ向けボディバッグまとめ
今おすすめ
ボディバッグ
年齢に合わせたビジネスバッグの選び方
年齢別
カバン選び
ビジネス向けガーメントバッグの選び方
ビジネス向け
ガーメントバッグ