メンズ向けバッグの全てが解る
ピントルのバッグ専門ページ

よく読まれるページはコチラ
メンズ向けバッグで人気の形状ランキング
メンズバッグ
形状ランキング
女子が選ぶ男性に持ってほしいバッグの形
これならモテる?
バッグの形状
今おすすめのメンズ向けボディバッグまとめ
今おすすめ
ボディバッグ
年齢に合わせたビジネスバッグの選び方
年齢別
カバン選び
ビジネス向けガーメントバッグの選び方
ビジネス向け
ガーメントバッグ
スポンサーリンク

ストロンテックスナイロンを使用したバッグの特徴

ストロンテックスナイロンを使用したバッグの特徴

非常に丈夫な糸を使用することで、高い強靱性を獲得したストロンテックス・ナイロンの生地で、バッグだけでなく衣服にも使用されている高品質かつ見た目にも特徴的な魅力の多い素材です。そんなメンズバッグの素材である、ストロンテックス・ナイロンの特徴や魅力を紹介していきます。

スポンサーリンク

ストロンテックス・ナイロンとは?

ストロンテックス・ナイロンとは?

東レが開発した強靭なストロンテックス・ナイロンは、高強度高品質のナイロン生地で、自動車に使用されているエアバッグの生地にも使われている特殊なナイロン素材です。

軽量性、防汚性、撥水性、耐摩耗性、耐久性、あらゆる面で通常のナイロンを凌駕し、タフネスな生地としてアウトドア用品からビジネスバッグ、さらには衣料にまで使われ、ハードな使用をしても対応出来る非常にハイグレードな素材として注目されています。

ストロンテックス・ナイロンを使用したバッグの特徴

ストロンテックス・ナイロンを使用したバッグの特徴

他の高強度ナイロンと比較しても、非常に軽い部類に入るストロンテックス・ナイロンは、堅牢性が高いバッグでありながら、バッグ自体が重くならないという特徴を持っています。また、スキーウェアに使われたりもするところから解る通り、非常に撥水性に優れた素材で、バッグの中身を濡らさず、また汚れた場合も繊維の仲間で入りにくいという特徴があります。

車のエアーバッグにも使用されている高強力原糸をベースにしているので、引裂や引っ張り、また摩擦にも強いという特徴を持っていて、一般的なナイロンよりも熱に強いのも特徴です。とは言っても、耐熱性は他の高強度ナイロンと比較した場合、劣るので注意が必要です。

スポンサーリンク

ストロンテックス・ナイロンを使用したバッグの魅力

ストロンテックス・ナイロンを使用したバッグの魅力

バッグに必要な性能と言えば、軽い事、強い事、水を通さない事、この3つが重要です。弾丸を通さないほどの堅牢性はタウンユースにおいてはオーバースペックであり無用で、無意味に重厚でバッグ自体が重すぎるよりも最適な能力をもった生地が必要となります。

そこでストロンテックス・ナイロンを使用したバッグ

全ての面で非常に魅力的なのです。まずは高強度ナイロンの中でも、圧倒的に軽い生地のため持ち運びが快適なのがポイントで、さらに撥水性も高いため、少々の雨ならバッグの中のPCや書類も濡れずに運搬ができます。そしてナイフなどでも切り裂きにくいという強度は長く使えるという魅力があります。

ストロンテックス・ナイロンのオススメバッグはコレ!

BAGGEXのBXタービン

現在の価格はコチラ

大人の仕事バッグをテーマに、ディテールにこだわったワンランク上のバッグブランドであるバジェックスが機能的かつお洒落なストロンテックス・ナイロン生地のハイテクバッグを発表。ICカードのスキミングを防止する電磁波シールドフィルムを使用したハイスペックバッグです。

Porterの3Way Briefcase

現在の価格はコチラ

スマートフォンやタブレット、ノートPCを傷つけないよう、内側をパイル生地にしたバッグで外側は強靭なストロンテックス・ナイロンを使用した、堅牢性の高い3ウェイバッグです。メインの収納ボックスがコの字に開くダブルファスナーで、使い易いのも魅力的な逸品です。

>>PORTER(ポーター)の歴史とバッグの特徴

織人の66ナイロンボストン

現在の価格はコチラ

文政2年創業の老舗バッグ屋が生み出すストロンテックス・ナイロンを使用したバッグです。3泊程度の旅行にも対応出来る容量と、大人っぽい落ち着いた印象のデザインが魅力で、使わないときは6cmほどの厚さにまで畳める為、収納場所にも困らないオススメバッグ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
メンズ向けバッグで人気の形状ランキング
メンズバッグ
形状ランキング
女子が選ぶ男性に持ってほしいバッグの形
これならモテる?
バッグの形状
今おすすめのメンズ向けボディバッグまとめ
今おすすめ
ボディバッグ
年齢に合わせたビジネスバッグの選び方
年齢別
カバン選び
ビジネス向けガーメントバッグの選び方
ビジネス向け
ガーメントバッグ