お似合いの帽子をご提案!
ピントルの帽子専門ページ

>> 顔立ちに合わせた似合う帽子の選び方 <<
丸顔な人の帽子の選び方
丸顔さん
帽子の選び方
面長な人の帽子の選び方
面長さん
帽子の選び方
四角顔な人の帽子の選び方
四角顔さん
帽子の選び方
三角顔な人の帽子の選び方
逆三角顔さん
帽子の選び方
ベース顔な人の帽子の選び方
ベース顔さん
帽子の選び方

帽子の人気ブランド【ボルサリーノ(Borsalino)】の特徴

ボルサリーノ(Borsalino)の帽子

帽子の代名詞とも言える名門のブランド「ボルサリーノ(Borsalino)」、最高級の帽子ブランドでありボルサリーノの帽子は多くの人の憧れです、ボルサリーノの帽子が好きだという人も、最近ボルサリーノの帽子って言葉をよく耳にするけど、どんなブランドなの?という人も、今一度ボルサリーノという帽子について理解を深めてみませんか?
今回は帽子を語る上で外せない、ボルサリーノ(Borsalino)という人気ブランドについて詳しく解説していきましょう。

スポンサーリンク

ボルサリーノ(Borsalino)の歴史

今や帽子を語る上で外すことのできない人気ブランドとなったボルサリーノは、1857年にジュセッペ・ボルサリーノがイタリアのアレッサンドリアにてフェルト帽子の職人を集めて工場を設立したことで産声をあげました。

そこから飛躍的に業績を伸ばし、創立者が亡くなってしまった1900年代にはイタリアでも有数の帽子ブランドとなったのです。そこ頃にはボルサリーノが生産する帽子の約60%近くが世界各地へと輸出され、全世界中で評価される帽子ブランドへと成長していました。

1900年:パリ・グランプリを受賞
1910年:ブリュッセル・グランプリを受賞
1911年:トリノ・グランプリを受賞
1931年:パリ・コロニアル展にて賞を受賞
1970年:映画「Borsalino」が公開
2005年:ミラノコレクションにてトータルウェアを発表

創立から150年が経った現在でも、創立時と変わらぬ製法で作り続けられる帽子の数々が、ある種ボルサリーノ神話として独特なオーラを持った帽子として語り継がれているのです。

 

ボルサリーノ(Borsalino)の特徴

ボルサリーノ最大の特徴といえば、世界で唯一フェルトハットを生地から製品化まで一貫して自社生産を行っているブランドであり、ファーフェルトと呼ばれる兎の毛を使用したフェルト以上のランクに位置する素材のみを使用している点でしょう。

そのためボルサリーノのフェルトハットは雨を弾き、濡れても柔らかくなるだけで型崩れしにくい特徴があり、畳むことができてしまうほどの丈夫さを持った帽子を生み出しています。

フェルトハットの命とも言えるフェルト生地、一般的な帽子ブランドは「◯◯製のフェルトを使用!」などと高級感を演出していますが、帽子のために生み出されたボルサリーノ製のフェルトこそが、このブランドの特徴と言えます。

ボルサリーノ(Borsalino)の帽子はどんな人に人気?

トラッドやフォーマル、イタリアンカジュアルなどを好む30代以上の男性に人気が高く、本物志向な人やブランド志向な人、そのどちらからも人気を獲得しているという珍しいブランドです。

ボルサリーノ(Borsalino)の帽子ってどんなイメージ?

ボルサリーノ、帽子が好きな人たちからすれば「本物の男がかぶる帽子」なんていうイメージかもしれませんが、ボルサリーノというブランドを知っている人たちからすれば「嫌味のないハイブランド」といった印象が多い様子です。

一般的に高級ブランドというのは金持ちの道楽といった印象かもしれませんが、ブランド名だけではない帽子としての本質をデザインとクオリティで体現しているボルサリーノは、おしゃれなだけでなく、違いのわかる人というイメージを持たれます。

 

スポンサーリンク

ボルサリーノ(Borsalino)の帽子の種類

ボルサリーノの帽子といっても沢山の種類やモデル名が存在しています、そこで今回はボルサリーノを語る上で知っておきたい(持っておきたい)定番の帽子について紹介していきましょう。

フェルトハット

BORSALINO(ボルサリーノ)

大定番、ボルサリーノの帽子が欲しいと思っている人、ボルサリーノの帽子を贈り物にしようか迷っている人、ともかく「初めてのボルサリーノ」なら絶対にフェルトハット!

日本では中折れ帽とも呼ばれるソフトハットは、通称ボルサリーノ帽とも呼ばれているほどであり、ボルサリーノのフェルトハットこそが、中折れ帽の王様といっても過言ではありません。

>>中折れ帽の選び方についてはコチラ

パナマ帽

BORSALINO(ボルサリーノ)

夏らしいスタイルで人気のパナマ帽子、日本ではライセンス商品として中央帽子株式会社が日本製ボルサリーノを企画販売していますが、ライセンス商品としての販売を禁止されているのが「フェルトハットとパナマハット」。

つまり「ボルサリーノの帽子」としてブランドが最も力を注いでいる種類の一つであり、ボルサリーノのフェルトハットを持っているなら、次に買うのはパナマ帽が良いでしょう。

ちなみに女性からはフェルトハットよりパナマ帽の方が人気です。

ハイチロル

BORSALINO(ボルサリーノ)

落ち着いた雰囲気と、センスの光る粋なデザインで人気のチロリアンハットも非常に人気の高いボルサリーノ、代表的なエレガントフォルムや、クラウンの上部をダイヤ型にしたものなど種類も豊富で、ボルサリーノが作るハットの中でも比較的遊びの要素が多い帽子です。

そのためボルサリーノの帽子を複数持っているボルサリーノファンたちに愛用者が多かったり、ボルサリーノ通を気取った人たちからも人気を獲得しています。

>>チロリアンハットの選び方はコチラ

ハンチング

BORSALINO(ボルサリーノ)

本社の場合は3万円前後ですが、日本製のボルサリーノであれば1万円を切る価格で手に入るため人気が高く、特に日本製ボルサリーノのハンチングはブランド志向な人から人気を獲得しています。

ハンチングだけでなくキャスケットやニュースボーイキャップなどのデザインも展開しており、カジュアルライクに使用したり女性からの注目度も高めです。

>>ハンチングの選び方についてはコチラ
>>キャスケットの選び方についてはコチラ

アビエイター

BORSALINO(ボルサリーノ)

ボルサリーノは飛行帽も作っています、ファッションに取り入れるにはちょっと上級者向けかもしれませんが、その高品質ぶりや斬新さにブランドが帽子にかける熱意を感じざる得ません。

 

ボルサリーノ(Borsalino)の帽子のサイズについて

ボルサリーノの帽子は頭の実寸サイズよりも、0.5cmから1.0cmほど大き目の帽子を選ぶのがポイントです、実際に試着できる場合は指が1〜2本ていど入るくらいがジャストサイズです。

購入して大きすぎた場合は、ボルサリーノの帽子には専用の調節テープが付属しているため、帽子の内側にあるスベリをめくってテープを貼り付けながら調節しましょう。

ボルサリーノの帽子は全て職人の手作りによって仕上げられているため、帽子によってはサイズの個体差が生じています、実寸サイズよりも0.5cmほど小さい場合もあるため、ちょっと大き目を選ぶことがおすすめです。

>>ボルサリーノをお得に買うならコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 顔立ちに合わせた似合う帽子の選び方 <<
丸顔な人の帽子の選び方
丸顔さん
帽子の選び方
面長な人の帽子の選び方
面長さん
帽子の選び方
四角顔な人の帽子の選び方
四角顔さん
帽子の選び方
三角顔な人の帽子の選び方
逆三角顔さん
帽子の選び方
ベース顔な人の帽子の選び方
ベース顔さん
帽子の選び方