お似合いの帽子をご提案!
ピントルの帽子専門ページ

>> 顔立ちに合わせた似合う帽子の選び方 <<
丸顔な人の帽子の選び方
丸顔さん
帽子の選び方
面長な人の帽子の選び方
面長さん
帽子の選び方
四角顔な人の帽子の選び方
四角顔さん
帽子の選び方
三角顔な人の帽子の選び方
逆三角顔さん
帽子の選び方
ベース顔な人の帽子の選び方
ベース顔さん
帽子の選び方
スポンサーリンク

似合うキャップの選び方

キャップの選び方

ラフでカジュアルに使える帽子といえばキャップです、気軽にかぶれてカラーバリエーションも豊富なため、帽子の中でもかなり人気度の高い種類ですが、自分にキャップは似合わないと勘違いしている人も多い様です。
しかしキャップの汎用性は非常に高く、どんな人でも選び方さえわかれば似合うキャップが必ず見つけられます!そこで今回は顔立ちや印象に合わせた似合うキャップの選び方について解説していきます。

スポンサーリンク

顔立ちに合わせたキャップの選び方

まずは顔の輪郭に合わせたキャップの選び方について、
顔の形と相性の良い種類を紹介していきます。

丸顔さんに似合うキャップの選び方

丸顔さんに似合うキャップの選び方ベースボールキャップ

丸いシルエットの帽子が良く似合う丸顔さんのキャップ選びなら、
やはりベースボールキャップを1つは持っておきたいところです。
浅めにかぶると縦長感が出せるので、顔のバランスも整います。

>>丸顔な人に似合う帽子の選び方

>>おすすめベースボールキャップはコチラ

面長さんに似合うキャップの選び方

面長さんに似合うキャップの選び方ワークキャップ

面長さんならワークキャップを選ぶのがおすすめといえます。
ですが画像のようなワークキャップよりは浅めの帽子が良いでしょう。
高さがあまりなくてバイザーが短く曲がったタイプを選びましょう。

>>面長な人に似合う帽子の選び方

>>おすすめワークキャップはコチラ

四角顔さんに似合うキャップの選び方

四角顔さんに似合うキャップの選び方ワークキャップ

四角顔さんに似合うキャップはワークキャップのようなフラット形状。
できれば画像のようにシンプルな帽子よりは個性のあるデザインがおすすめ!
バイザーの広いものや、ボリューム感のあるワークキャップを選びましょう。

>>四角顔な人に似合う帽子の選び方

>>おすすめワークキャップはコチラ

三角顔さんに似合うキャップの選び方

三角顔さんに似合うキャップの選び方マリンキャップ

ぜひとも三角顔さんに挑戦して欲しいのがマリンキャップです。
ある程度のボリューム感のあるものであればスタイリッシュな雰囲気に!
バイザーが床と水平になるように被るのがポイントです。

>>逆三角顔な人に似合う帽子の選び方

>>おすすめマリンキャップはコチラ

ベース顔さんに似合うキャップの選び方

ホームベース顔さんに似合うキャップの選び方アポロキャップ

天井が丸い帽子のよく似合うベース顔さんにはBBキャプも良いですが、
つばが広く小顔に見えやすいアポロキャップも個性的でおすすめです。
帽子初心者の人は定番のベースボールキャップを選んでおきましょう。

>>ベース顔な人に似合う帽子の選び方

>>おすすめアポロキャップはコチラ

 

キャップの種類

キャップの王道であるベースボールキャップだけみても様々な種類があるためすべてをここで紹介するのは難しいので、キャップの選び方として知っておきたい定番の種類を紹介しておきましょう。

>>キャップの種類につて詳しく知りたい人はコチラ

ベースボールキャップ

野球選手などがプレー中にかぶっている帽子。
多くの人が「キャップ」と聞いて思い浮かべる形であり、帽子の中でも定番なため初心者が初めて選ぶキャップどころか、初めて選ぶ帽子としても最もおすすめされることが多いタイプです。

>>ベースボールキャップの選び方

アポロキャップ

ぱっと見はベースボールキャップによく似ていますが、布の接ぎ方が違うため、印象もどちらかというとドレッシーな雰囲気になります。
その理由は日本の場合警察などの制服にアポロキャップが使用されていることも関係していると思われますが、ファッションにおいてはキレイめな服装をしている人におすすめのデザインです。

ワークキャップ

実は隠れた定番モデル、初心者のキャップ選びならワークキャップが一番だというアパレル店員も多く、フラットな形状の帽子はかなり多くの人と相性がよく、ファッションに無頓着な人でも被るだけでそれっぽく見えると人気が高いデザインです。

>>ワークキャップの選び方

 

スポンサーリンク

キャップの印象

キャップは一般的に幼い印象を与えがちですが、それは同時に明るくて活発な印象も与えます。
男性であれば少年的に、女性もまたボーイッシュな印象になる帽子といえます。
普段の服装にキャップをえらぶだけで、どこかこなれた印象になるのもポイント。

 

キャップ選びのポイント

キャップを選ぶ際に注意するべきは
バイザーの大きさと天井の形」です。

バイザーの横幅は広ければ広いほど小顔効果が高まりますが、もともと顔の小さい人はキャップに被られているような雰囲気となるため注意が必要です、キャップにはバイザーが曲がっているものもあり、バイザーが曲がっていればそれだけ横幅が狭くなるため真っ直ぐな方が小顔に見えます、選ぶときは注意しましょう。

また天井の形はベースボールキャップのように丸型のキャップや、ワークキャップのようにフラットな物、さらにはマリンキャップのように傾斜のついたデザインなど様々です。

顔の輪郭と合わせて選べばバランスが取れるため注意して選びましょう。

 

キャップの素材の選び方

キャップに使われる素材は様々です、中にはデニムで作られたキャップや、スウェットで作られたキャップ、さらにはレザーなど種類が豊富であり、それらは素材特有の雰囲気を纏うため、キャップを選ぶときは素材にこだわって選ぶのがおすすめです、

メッシュキャップ

キャップの後ろ半分がメッシュ素材になっているのもキャップの中では代表的な素材です、夏場などは頭部が群れることもありませんし、キャップをかぶった時の印象もどことなく爽やかな雰囲気になります。
スポーティーなルックスを求める人はメッシュキャップがおすすめですが、帽子初心者の場合はダサい感じになりやすいので選ぶときは注意が必要です。

ウーステッドのキャップ

ニューエラなどのベースボールキャップで定番として使われている生地です、スーツなどにもよく使われる素材であり、ウーステッドのキャップは、それだけでオシャレな雰囲気になるため初心者がキャップを選ぶ際はウーステッドがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 顔立ちに合わせた似合う帽子の選び方 <<
丸顔な人の帽子の選び方
丸顔さん
帽子の選び方
面長な人の帽子の選び方
面長さん
帽子の選び方
四角顔な人の帽子の選び方
四角顔さん
帽子の選び方
三角顔な人の帽子の選び方
逆三角顔さん
帽子の選び方
ベース顔な人の帽子の選び方
ベース顔さん
帽子の選び方