お似合いの帽子をご提案!
ピントルの帽子専門ページ

>> 顔立ちに合わせた似合う帽子の選び方 <<
丸顔な人の帽子の選び方
丸顔さん
帽子の選び方
面長な人の帽子の選び方
面長さん
帽子の選び方
四角顔な人の帽子の選び方
四角顔さん
帽子の選び方
三角顔な人の帽子の選び方
逆三角顔さん
帽子の選び方
ベース顔な人の帽子の選び方
ベース顔さん
帽子の選び方

似合うワークキャップの選び方

ワークキャップの選び方

ナチュラルな雰囲気で気軽に使えることから、デイリーユースに楽しめる帽子として人気を獲得しているワークキャップは、キレイめスタイルを壊さずカジュアルダウンできたり、アウトドアスタイルの小物としても相性抜群!使い勝手の良さと、こなれたオシャレ感を演出できる防止として定番の地位を確立しています。
ここではそんなワークキャップがどんな人に似合うのか考えていきたいと思います、服装や顔立ちに合わせたワークキャップの選び方を一緒に勉強していきましょう。

スポンサーリンク

ワークキャップの特徴

ワークキャップ

元々は鉄道作業員用の帽子として作られたことにルーツのあるワークキャップ、帽子マニアの間では「レールキャップ」なんて言われることもありますが、その特徴は何と言ってもフラットになっている帽子の天井。

浅めの被り心地と、作業服は制服であるということからも、どこか小綺麗な印象も与えることができるのがワークキャップの魅力です。

ミリタリーキャップという名前も使用されたりするため、柄は無地のものからカモフラージュ柄、チェック柄と多岐にわたっており、一般的にはデニム生地であったりダック生地などのタフな素材に人気が集まっています。

しかしここ数年はスウェット生地とネオンカラーを組み合わせたワークキャップも人気を獲得しており、森ガールや山ガールといったアウトドアスタイルの人に支持されています。

>>キャップ選びの基本についてはコチラ

ワークキャップの似合う顔立ちとは?

ワークキャップの似合う顔立ちとは?

ワークキャップは比較的顔立ちを選ばずに使用できる汎用性の高さを持っていますが、あえてどんな顔立ちに似合うのかと考えれば、逆三角顔さんや四角顔さんにオススメといえるでしょう。

とは言ってもシンプルな帽子であり、顔の輪郭を誤魔化しやすいフラットな天井がありますから面長な人であっても丸顔な人であっても似合いやすいため、帽子初心者にもお勧めできるのがワークキャップの魅力です。

ただ面長な人であればバイザーの短いワークキャップを選ぶよりも、一般的な帽子と同じ程度のバイザーをもったワークキャップを選びましょう。

また、バイザーが強く曲がっていたり幅が狭いワークキャップは顔の小さな人におすすめです、小顔効果を求める人はその反対を選ぶのが良いでしょう。

>>顔立ちに合わせた帽子の選び方

スポンサーリンク

ワークキャップのかぶり方のコツ

ワークキャップのかぶり方のコツ

ワークキャップは深めにかぶるのが定番ですが、頭が帽子のトップに当たらない程度にかぶると小顔効果が高くスッキリとした印象になります、また頭に乗せるだけのような浅めの被り方をすればこなれた雰囲気もあります。

ユーズド感の強いワークキャップや、くしゅくしゅとシワ感のあるワークキャップの場合は浅めにかぶる方がおしゃれにコーディネートできます。

前髪を出してかぶることで幼い印象を出すこともできますから、ガーリーな雰囲気を出したい人や、キレイめのスタイルをちょっと崩したいという人は取り入れてみても良いかもしれません。

ワークキャップの似合う服装とは?

ワークキャップの似合う服装とは?

ワークキャップはもともと作業用の帽子です、そのためシンプルな服装に合わせるのが定番とされていますが、なにもTシャツだけ!というわけではなく、シャツやジャケット、スカートなどどんな服装でも相性は抜群!コーディネートで注意しておきたいのはシンプルさということです。

ボーダー柄やストライプ柄の服装とも相性がいいですし、古着などでアメカジテイストにしても良いでしょう、そのため一般的なカジュアルファッションには気軽に合わせることが可能といえます。

夏場はハーフパンツと合わせてみたり、アロハシャツなどと合わせてみてもしっかりハマります。

>>帽子の色の選び方

おすすめワークキャップはコレ!

現在の価格はコチラ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 顔立ちに合わせた似合う帽子の選び方 <<
丸顔な人の帽子の選び方
丸顔さん
帽子の選び方
面長な人の帽子の選び方
面長さん
帽子の選び方
四角顔な人の帽子の選び方
四角顔さん
帽子の選び方
三角顔な人の帽子の選び方
逆三角顔さん
帽子の選び方
ベース顔な人の帽子の選び方
ベース顔さん
帽子の選び方