人気ランキングからお手入れ方法まで
ピントルの革財布専門ページ

>> 人気の革財布の情報が満載 <<
革財布に使われる革の種類
革財布の
革の種類
メンズ向けおすすめ革財布10選
メンズ向け
おすすめ革財布
レディース向けおすすめ革財布10選
レディース向け
おすすめ革財布

札入れタイプの革財布の魅力や特徴

札入れタイプの革財布の魅力や特徴

これは革財布に限った話ではありませんが、小銭入れやカード入れ、お札入れなどがすべて一緒になっている財布を使っていると、どうしてもかさばってしまい使いにくいと感じている方は決して少なくないのではないでしょうか。

そこで非常におすすめなのが、革の札入れです。札入れと小銭入れを分けることで財布が膨らみ使いにくくなるということがありません。ここではそんな革の札入れの特徴や魅力、おすすめのブランドなどについて紹介していきます。

スポンサーリンク

革の札入れの特徴

革のお札入れの最大の特徴、それは見た通りその薄さでしょう。これは特に男性にみられることなのですが、カバンに財布を入れずに、上着やズボンのポケットに財布をそのまま入れることが多い方は、財布が膨らむと嵩張ってしまい使いにくくなります。

そんな時におすすめなのが、革の札入れとなります。まずはそんな革の札入れを使うことによるメリットとデメリットに触れながら、革の札入れの特徴について詳しく解説していきます。

革の札入れを使うメリット

革の札入れの特徴として挙げられるのは冒頭でも紹介した通り「薄さ」です。何と言っても中に収納可能なのはお札とカードだけ。財布が膨らむ原因となる小銭入れは他で用意するので厚みが出過ぎてしまうことはありません。

これは特にスーツを着用する方にとっては非常にありがたいことであると言えます。膨らみすぎた財布はジャケットの内ポケットに入れてもシルエットが崩れ、ましてやズボンのポケットに入れてしまえばお世辞にもかっこいいとは言えません。

もちろんスーツでなくとも全体のシルエットは常にスタイリッシュに保ちたいと考える方は多いでしょう。そんな方達には薄くてかさばらない札入れは大変重宝するものとなるでしょう。

また長財布のようなタイプの革の札入れは革部分の面積が広いため、高級感を演出するのにも最適です。大人っぽく余裕のある雰囲気を作ることが可能であることに加え、シチュエーションを選ばないので使い勝手も良いと言えるでしょう。

革の札入れのデメリット

ここまででメリットばかりの革の札入れですが、当然デメリットもあります。まずは当たり前のこととして、小銭入れを他に用意しなくてはならないことでしょう。メリットでもある点が人によってはデメリットにもなってしまいます。

また、せっかく革の札入れが高級感を演出してくれるにも関わらず、お金を払う時にお札があまり入っていなかったらちょっとカッコ悪いですね。お札入れと言うくらいですからある程度お札は入れておきたいところ、これはデメリットと言えるのではないでしょうか。

>>小銭入れタイプの革財布もあわせてチェックするにはコチラ 

革の札入れの魅力

革の札入れが持つ最大の魅力と言えば、やはりシンプルなシルエットから醸し出される大人な雰囲気ではないでしょうか。会計時の動きなどのも非常にスマートで、札入れからお札だけをスッと出すのはやっぱりカッコイイです。

ジャケットの内ポケットからスマートに札入れを出して現金なりカードなりで会計を済ませるというのは、大人の余裕を感じさせるオーラを存分に演出することが可能と言えるのではないでしょうか。

それは上質な革を使用した札入れであればなおさらです。札入れのスマートなシルエットや使用動線は、革本来の持つ魅力を引き立たせることができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

革の札入れに関しても様々なブランドから展開があり、長財布や二つ折りの財布に比べるとラインナップが豊富というわけではありませんが、やはり迷ってしまうことに違いはないでしょう。ここではそんな革の札入れについて当サイトで厳選したおすすめブランドを紹介していきます。

エッティンガー(ETTINGER)の革の札入れ

1934年にレザーグッズを手掛けるブランドとして生まれたのエッティンガー。やはりその品質は非常に評価が高く、札入れに限らず人気のブランドであることは間違いなく、チャールズ皇太子のお気に入りのブランドとしても知られ、イギリス皇室御用達となっています。

札入れに関しては、イギリスの高級革であるブライドルレザーを贅沢に使用していながらも、薄くスリムな仕上がりとなっています。洗練されたシルエットとオーラをまとった札入れとして非常に人気の高いものであると言えるでしょう。

>>エッティンガーの革財布を探すならコチラ

土屋鞄の革の札入れ

その名の通り、本職はカバンを製造する日本の企業ですが、非常に質の高い皮革製品を作ることから財布に関しても非常に高い評価を得ていると言えるでしょう。

そんな土屋鞄の革の札入れはまさしくエレガントという言葉がふさわしいものと言えるでしょう。箱形設計となっている紙幣収納部分には最大で100枚まで入れることが可能で、マチをたためば薄く使うこともできます。

自然な風合いを活かしたヌメ革は防傷加工をせずに作られており、個性を持った製品となっています。革本来が持つ味わいを存分に楽しむことができる革の札入れであると言えるでしょう。

カミーユフォルネ(Camille Fournet)の革の札入れ

1945年にフランスで誕生したブランドであるカミーユフォルネは、創業者の手作りに対するこだわりがしっかりと受けつがれたブランドとなっており、今でもすべての工程を手作業で行うことで非常に質の高い製品を世に送りだしています。

革の札入れに関するラインナップも比較的豊富であるとともに、非常に上質な革を使い経験ある技術者によってつくられる札入れは、他のブランドとは一線を画したクオリティの高いものとなっています。

値段に関してもかなり高い部類に入ると言えますが、それに見合った品質の札入れであることは疑いようもなく、一歩上を行く大人の雰囲気を醸し出す革の札入れであると言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 人気の革財布の情報が満載 <<
革財布に使われる革の種類
革財布の
革の種類
メンズ向けおすすめ革財布10選
メンズ向け
おすすめ革財布
レディース向けおすすめ革財布10選
レディース向け
おすすめ革財布