人気ランキングからお手入れ方法まで
ピントルの革財布専門ページ

>> 人気の革財布の情報が満載 <<
革財布に使われる革の種類
革財布の
革の種類
メンズ向けおすすめ革財布10選
メンズ向け
おすすめ革財布
レディース向けおすすめ革財布10選
レディース向け
おすすめ革財布
スポンサーリンク

初心者必見!革財布の正しいお手入れ方法

初心者必見!革財布の正しいお手入れ方法

美しく、しなやかで丈夫な革財布。長く持つにつれ柔らかく手に馴染み、色合いにも味が出てきます。しかし、丈夫で長く愛用できる革財布ですが、革という性質上、水分や摩擦に弱く、汚れやシミ・カビには注意が必要です。

そこで長く使うために重要となるお手入れの方法について、普段の手入れ方法から濡れた時の手入れ方法まで、押さえておくべきお手入れ方法についてご説明します。

スポンサーリンク

購入したばかりの革財布のお手入れ方法

革財布の最大の魅力は「経年変化」です。普通の物は使えば使うほど、時が経てば経つほど劣化していきますが、革財布、特に牛革の財布は使っていくほどに柔らかく手に馴染み、味の深みが増していきます。これを「経年変化」といいます。

この経年変化を楽しめるほどに長持ちさせるには日々の手入れが必要です。特に購入したばかりの革財布の手入れは非常に重要です。おろしたての革財布に保護を施すことによって、良い状態を長く保つことができます。その方法をご紹介します。

また、革財布、特に牛革財布のお手入れ方法について以下でご説明しますが、革財布のお手入れ方法は多くの方法があり、人によって方法も大きく異なります。ここでは基本的な方法についてご説明しますが、革の種類や製法によってはデリケートなものもありますので、心配な方は販売元に問い合わせてから行うようにして下さい。

購入したばかりの革財布の注意点

まず、おろしたての革財布を手入れする前に注意点があります。新品の革財布にすぐに財布の中身を全部移し替えたいと考えるのは分かりますが、これは絶対に避けてください。

急に革財布の中に多くの物を入れてしまうと革に大きな力がかかるため、革が伸びてしまいます。一度伸びてしまうと、綺麗に戻すことは不可能に近いので注意が必要です。特に小銭やカード類は革を伸ばしやすいので、一度に多くのカードを入れることは避け、革をならすように少しずつ入れていくようにしてください。

革財布の最初のお手入れ方法

おろしたての牛革の財布は非常に美しく、綺麗な状態ですが、油分が少ないので刺激に弱く、外部からのダメージを受けやすい状態です。ですので革財布を使用する前に、お手入れを行って革のケアをすることが大事です。

まず、革用(革靴専用は不可)の保革クリームと呼ばれる専用の保護クリームで革の繊維層を保護します。革と保革クリームの相性を確認するために目立たない個所に少量をクロスで塗ってみてください。

問題がなければ、革財布全体に薄く、まんべんなく保革クリームを塗っていきます。やさしく丁寧に行えば、誰でも簡単に行えると思います。塗り終わったら、日陰などの直射日光の当たらない風通しの良い場所で30分程度乾かします。保革クリームが完全に乾いたのを確認したら、最後に綺麗な布で優しく乾拭きします。

次に、防水スプレーを使って革の表面を保護していきます。防水スプレーによって革の大敵である水分や表面の汚れ、手垢などが付きにくくなります。もし付いた場合でも、革に染み込んでしまう前に汚れを落としやすくなりますのでおススメです。

ムラと液だれに注意して、30センチから50センチほど革財布から離して吹きかけていきます。防水スプレーをすると革の色が濃く変色しますが、乾燥させると元の色に戻ります。革全体に防水スプレーをした後は、風通しの良い日陰で20分程度乾燥させれば終わりです。艶のある革の場合は、乾燥後にクロスで軽く磨くように拭いて、艶を出してください。

革財布の普段の手入れ方法

革財布の普段のお手入れの基本は、柔らかい天然素材の布での乾拭きです。力を入れる必要は全くなく、優しく撫でるようにして拭くのが基本です。もし専用の布等がなければ、肌着などの綿100%のシャツで代用することもできます。不要なシャツを縫い目の部分は避け、小さく切っておけば革製品のお手入れ用として十分使えます。また、眼鏡拭き用の布もおススメです。

革財布の普段の手入れにはクリームが必需品

普段はこまめに柔らかい布で乾拭きするように心がけ、定期的に保革クリームを使用し、革に必要な油分と水分を補給させてあげることが基本です。おススメは「デリケートクリーム」という乳化性のクリームです。ジェル状で、蝋成分がほとんど入っていないので様々な革に使用できる使い勝手の良い保革クリームです。

適度に油分と水分を補給してくれるので、無駄な艶が出ることなく革を瑞々しい状態に保ってくれます。革財布を長く使いたいなら、必ず持っておいて欲しいケア用品です。

革財布の普段の手入れの頻度

普段の革財布の手入れの頻度ですが、乾拭きは日常的に頻繁に行ってほしいですが、保革クリームによる手入れは、革の種類にもよりますが月に一回程度行うようにしましょう。手間をかけてでもできるだけ良い状態を保ちたい場合は、2週間毎に手入れを行ってください。それ以上はやり過ぎになりますので、この頻度は守るようにして下さい。

また、めんどくさがりな方でも、季節の変わり目には必ずお手入れを行うよう心掛けてください。お手入れを行う間隔としては上述した通りですが、感覚としては革の表面が乾いたと感じた時に行うようにすれば間違いありません。

スポンサーリンク

革財布が濡れた時の手入れ方法

革財布にとって水分は大敵です。定期的に防水スプレーを使用して保護力を上げておくことは重要です。しかしそれでも完璧には防げませんので、濡れてしまった場合の対処方法をご説明します。

濡れたらすぐに手入れが必要

もし、革財布を濡らしてしまった場合は、できるだけ早く手入れすることが重要です。時間が経つにつれ水分や汚れが革の内部に浸透してしまい、元の状態に戻すことが難しくなります。

水濡れした場合の具体的な手入れ方法としては、乾いた柔らかい布で濡れた部分をよく拭き取り、陰干しします。焦らずに完全に乾くまでよく乾かしてください。

また、早く乾かしたいからと直射日光に当てて乾かしたり、ドライヤーで乾かすことは絶対にやめてください。急激に革を乾かした場合は、革の油分まで急激に奪いますので注意が必要です。焦らずに日陰でゆっくり乾かしてください。

革財布がカビた時の手入れ方法

濡れたまま放置していたり、湿気の多い時期等に革財布の手入れを怠ったりすると革財布にカビが生えることがあります。カビは一度生えると内部まで浸食していることがほとんどですので、表面のカビを綺麗にすることはできても、内部に残っていることが多いです。

ですので、カビが生えないようなお手入れが重要となります。定期的な手入れ・濡れたまま放置しない・風通しの良い場所で保管、これらの点を守ればカビの発生は防げるので注意してください。

では、カビが生えてしまった場合のお手入れですが、スムースレザーの場合は、固く水けを絞った柔らかい布でカビが生えた個所を拭き取るのが基本です。こすらないように気を付けて拭き取るようにして下さい。綺麗に拭き取れたら風通しの良い場所で陰干しすればOKです。

カビの個所が広い場合は、アルコールスプレーを柔らかい布に軽く吹き付けてから同じように拭き取り、風通しの良い場所で陰干しします。これを綺麗になるまで繰り返せばOKです。

スエード革の場合は、起毛ですので布による拭き取りは向いていませんので、スエード革用のブラシで丁寧にカビを取り除きます。なければ目の細かい紙やすりで代用することもできます。

これらの方法でも完璧に取り除くことは難しいので、カビをはやさない日常の手入れが重要ですが、どうしようもなくなった時は、革製品の専門クリーニング業者などに相談したほうが良いと思います。

革財布が傷んだ時の手入れ方法

多少の傷であれば、経年変化の一つとして味わいが出ますし、魅力的な面もあります。しかし、悪目立ちするような傷や、プレゼントされた大事な革財布等では傷は大きなショックとなります。

そこで傷がついた場合のお手入れ方法についてご説明します。

革財布が傷ついた時の手入れ方法

革財布は日常的に使用しますので、バックやポケットで擦れたり爪で引っかけてしまったりと傷がついてしまいやすいです。傷がついてしまった時の基本的な手入れ方法を以下にご説明しますが、革の種類や製法によって方法が異なりますので、販売元に確認するほうが確実です。

革の表面を染める「丘染め」に傷がついたケース

傷がつくと、染められていない部分が表面に出てくるので傷が目立つのが丘染めの特徴です。この傷を目立たなくさせるのがお手入れの目的となります。

小さな傷であれば、傷の周りを指や柔らかい布でこすればよいですが、傷が大きい場合は、革用のクリームを塗りこんだり、革マニキュア等で傷口を染色することになります。特に染色は素人がするには難易度が高いのでおススメはできません。

傷口をこすったり、クリームを塗りこんでも傷が目立つような場合は、革製品の修理などを行っている専門の業者に相談するのが良いと思います。

革の内部まで染める「芯通し」に傷がついたケース

革財布が芯通しの場合は、内部まで染められているので、それほど傷は目立ちません。そのため傷のお手入れ方法も簡単で、指や乾いた柔らかい布で傷周りをこするだけで目立たなくなることがほとんどです。

オイルを染み込ませている革であれば、傷のある周囲のオイルを傷口に移動させるように指で揉みこむと、自然な状態のまま傷が目立たなくなります。

革財布が汚れた時の手入れ方法

革財布は普段から持ち歩きますので、汚れがつくことも多くあります。革は汚れに弱いので、放置しておくとすぐにシミになるので、早く手入れをすることが重要です。

手入れ方法としては、すばやく乾いた柔らかい布で優しく拭き取るだけで大丈夫です。定期的に防水スプレーで保護しておけば、ひどい汚れにはなりにくいです。

また、少しづつ黒ずんでいく汚れや、部分的な汚れには革専用の消しゴムが非常に便利です。普通の消しゴムと同じように、汚れや黒ずみが気になる個所を優しくなでるようにこするだけで、見違えるほど綺麗になります。やり過ぎるとその箇所だけ艶が出たり、色が薄くなることもあるので注意してください。

また、家庭にある普通の消しゴムでも使えなくはないですが、おススメできません。大事な革財布には革専用の消しゴムを必ず使用しましょう。

今回ご紹介したお手入れ用具はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 人気の革財布の情報が満載 <<
革財布に使われる革の種類
革財布の
革の種類
メンズ向けおすすめ革財布10選
メンズ向け
おすすめ革財布
レディース向けおすすめ革財布10選
レディース向け
おすすめ革財布