人気ランキングからお手入れ方法まで
ピントルの革財布専門ページ

>> 人気の革財布の情報が満載 <<
革財布に使われる革の種類
革財布の
革の種類
メンズ向けおすすめ革財布10選
メンズ向け
おすすめ革財布
レディース向けおすすめ革財布10選
レディース向け
おすすめ革財布
スポンサーリンク

イタリアの革財布の人気ブランドまとめ

イタリアの革財布の人気ブランド

革製品の本場イタリア。上質な革と確かな技術を持ったイタリアの人気ブランドはハイブランドが多いのが特徴です。そんなイタリアの人気ブランドの中で、特に人気の高いブランドをまとめました。ブランドによって独自の革を使っていたり、製法などで大きくことなりますので、特徴についてもご説明しますので、革財布選びの参考にしてみて下さい。

今回のイタリアの革財布人気ブランドは、大手ショッピングサイトの売れ筋ランキングや注目度ランキング、さらには雑誌やサイトなどを中心に調査し、特に人気の高い10ブランドをご紹介します。

スポンサーリンク

イルビゾンテ(IL BISONTE)の革財布

現在の価格はコチラ

革バッグ職人のワニー・フィッポとその妻ナディアによって1969年にイタリアのフィレンツェで創業された革製品店からイルビゾンテの歴史は始まりました。当初は注文を受けてから手作業で革製品を作っていましたが、人気となりイタリアだけではなく、フランスやアメリカなどに販路を広げ、現在の世界的なブランドとなりました。

イルビゾンテの革財布の特徴は、なんといっても経年変化(エイジング)です。他ブランドの革財布と比較すると、より早く、より強く経年変化を楽しめます。使われている革はオリジナルのヌメ革であり、使い込むにつれ柔らかく、表情豊かに変化します。

ボッテガ・ヴェネタ(Bottega Veneta)の革財布

現在の価格はコチラ

ボッテガ・ヴェネタは、1966年にミケーレ・タッディとレンツォ・ゼンジアーロが革職人たちを集めて皮革製品の生産会社を作ったところから始まりました。社名はイタリア語でヴェネツィアの職人という意味であり、ブランドを押し出すことはせず、職人による高品質な革製品というコンセプトを守り続けています。

ボッテガ・ヴェネタの革財布の特徴は、イントレチャートという独特な革の編み込みです。ブランドを強調させないためにブランドロゴを入れないデザインと高品質で独特な革の編み込みが魅力です。革の質感を楽しむというよりは、編み込みのデザインと弾力を楽しむための革財布と言えます。

スポンサーリンク

ヴァレクストラ(Valextra)の革財布

現在の価格はコチラ

ヴァレクストラは、1937年創業のイタリアの老舗ブランドです。特に革製品に力を入れており、革財布はもちろん、バッグやベルト等も有名なブランドです。「シンプルで美しく高品質」である点を重要視しており、有名美術館から「美しい製品」として表彰歴もあります。革製品の愛好家からも愛されており、その美しさと高品質な製品から、イタリアのエルメスとも称されるブランドです。

ヴァレクストラの革財布の特徴は、職人によって厳しく目利きされた高品質な本革と、シンプルで無駄のないフォルムです。ブランドロゴを出さない点も特徴であり、まるで職人が作り上げたシンプルで美しいフォルムやデティール自体がブランドロゴであると主張しているようです。

フェリージ(Felisi)の革財布

現在の価格はコチラ

フェリージは、アレッサンドロ・フェリージが1973年にイタリアのフェレーラで革工房として創業したブランドです。当初は手作りの革性小物を作っていただけでしたが、その品質と技術の高さから人気となり、オリジナルブランドとして販売されるようになりました。イタリア国内だけではなく世界中で販売されているブランドです。

フェリージの革財布の特徴は、なんといっても革職人の手作業で作られている点です。工場で作られる製品には真似できないデティールへのこだわりと高い技術によって、シンプルなデザインながらも高級感を出すことに成功しています。男性の人気が特に高く、派手過ぎない高級感が人気を博しています。

プラダ(PRADA)の革財布

現在の価格はコチラ

プラダは1913年にプラダ兄弟(マリオとマルティーノ)がイタリアのミラノに革製品店を開業したことから歴史が始まります。プラダがブランドとして大きく羽ばたくのは、マリオの孫ミウチャが事業を引き継いでからです。オリジナルブランドを引っさげ、革製品だけではない総合ブランドとして今では世界中で認知されています。

プラダの革財布の特徴は、高品質な革とその種類の多様さです。本革の基本である牛革はもちろん、ラム革やワニ革など高品質で高級な革財布が多いです。また、革製ではありませんが、プラダの低迷期を救ったナイロン製の財布も人気です。

>>牛革の革財布について詳しくはコチラ

>>ワニ革の革財布について詳しくはコチラ

スポンサーリンク

ミュウミュウ(miumiu)の革財布

現在の価格はコチラ

プラダを世界的ブランドに押し上げたファッションデザイナー「ミウチャ」が1993年に始めたのがミュウミュウです。ミウチャのあだ名が語源となっており、若い女性向けのブランドです。

ミュウミュウの革財布の特徴は、ポップでカラフルなデザインから醸し出される可愛さと甘さです。高級感を残しながらもカジュアルな印象を残すミュウミュウの革財布は、10代から30代の女性に圧倒的な人気を誇ります。日本ではあまり有名ではありませんが、実は1995年からメンズコレクションも発表されています。

フェンディ(FENDI)の革財布

現在の価格はコチラ

フェンディ夫妻によって、イタリアのローマに1925年に革鞄店として誕生したのがフェンディです。この小さな店が彼らの5人の娘によって発展し、世界的なブランドとなりました。現在では毛皮が有名であり、毛皮によって発展したとも言われています。

フェンディの革財布の特徴は、落ち着いた大人に似合う渋いデザインの革財布が特徴です。ただ、最近では明るい色やマルチカラーの財布などデザイン性の高い革財布も発表されており、若い世代にも人気が高くなっています。

フェラガモ(Ferragamo)の革財布

現在の価格はコチラ

フェラガモは、1928年にサルヴァトーレ・フェラガモがイタリアのフィレンツェに開店した靴店からその歴史が始まりました。サルヴァトーレはウェッジソールの発明でファッション界初の特許取得や見えないサンダルでのニーマン・マーカス賞の受賞など多くの実績を残してブランドとしての礎を築き、没後に一族によって事業を拡大させ世界的なブランドとなりました。

フェラガモの革財布の特徴は、傷がつきにくい丈夫な革でありながら柔らかい革である点が特徴です。長く使える革財布であり、シンプルで飽きの来ないデザインで人気の高い革財布です。老若男女問わずにプレゼントできるオールマイティな革財布です。

スポンサーリンク

フルラ(FURLA)の革財布

現在の価格はコチラ

アルド・フルラネットが1927年にレザー製のアクセサリーを扱う会社として創業したのがフルラです。現在まで同族経営を続けている珍しいブランドであり、短期的な利益にとらわれず、高品質な製品の提供を世界中のブティックで続けています。

フルラの革財布の特徴は、革の品質の高さと色です。自社牧場で育てた牛を使った革を使うなどこだわりが強く、革の加工のバリエーションも豊富で、カラーリングの発色の良さも評価も高いです。

グッチ(GUCCI)の革財布

現在の価格はコチラ

1921年にグッチオ・グッチが故郷であるイタリアのフィレンツェに鞄店を創業したところからグッチの歴史は始まりました。著名人の愛用家が徐々に増え、1950年代にはグッチは富や憧れのシンボルとなりました。現在では、世界中にファンを持つトップブランドの1つです。

グッチの革財布の特徴は、シンプルな中に高級感があるデザインが特徴です。使いやすく高級感もあり、しかも他のハイブランドと比較すると安価なため非常に人気が高いです。収納の多さなど実用面でも評価が高い革財布です。

>>こだわり革財布の人気ブランドランキングTOP15はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 人気の革財布の情報が満載 <<
革財布に使われる革の種類
革財布の
革の種類
メンズ向けおすすめ革財布10選
メンズ向け
おすすめ革財布
レディース向けおすすめ革財布10選
レディース向け
おすすめ革財布