自分用にもギフト用にも!
ピントルのマネークリップ専門ページ

おすすめの記事はコチラ
必見!人気のマネークリップブランドおすすめランキング
おすすめ
ブランド
クリップ型マネークリップおすすめブランドランキング
おすすめ
クリップ型
二つ折りマネークリップおすすめブランドランキング
おすすめ
二つ折り
小銭入れ付きマネークリップおすすめブランドランキング
おすすめ
小銭入れ付き
好みが見つかる!マネークリップの種類と上手な選び方
マネークリップ
選び方

マナーもある?マネークリップの上手な使い方と注意点

マネークリップの使い方と注意点

スーツのジャケットの内ポケットや、パンツのポケットにも、シルエットを崩さずにスマートに収納できるマネークリップ。カジュアルな印象を与えるクリップ型のものや、マネークリップがレザーに覆われていて一見、二つ折り財布のようなマネークリップ、カード入れ付きマネークリップ、小銭入れ付きマネークリップなど様々な種類やタイプが展開されています。

シンプルでコンパクトなマネークリップにも、実は、マナーがあります。ここでは、マネークリップを使いこなしてスマートな印象を与えられるように、上手なマネークリップの使い方や、色々なシーンなどTPOに合わせたマネークリップの選び方を詳しくご紹介していきたいと思います。

ぜひ、マネークリップ選びの参考にしてください。

スポンサーリンク

マネークリップを使う時の注意点

マネークリップを使う時の注意点

スーツのジャケットの内ポケットや、パンツのポケットにも、シルエットを崩さずにスマートに収納できるマネークリップ。マネークリップは、もともとは海外のチップ制度から生まれています。そのため、今でも海外の紳士の大半が財布の代わりにマネークリップを使用しています。

海外では、プライベートやビジネスなどのシーンでも一般的なマネークリップですが、日本には、人目に触れないようにお金を持ち歩くという文化があり、まだまだ、日本では財布に比べると、マネークリップを使用している人は多くありません。支払い時にはお札をきちんと広げて渡すことや、高額紙幣は内側に収納して、小額紙幣を外側にするなどの、マナーをしっかりと守りながら、マネークリップを使いこなすことも大切です。

見た目だけでなく、使い方もスマートになれば、もう財布には戻れない!というほどの魅力があるマネークリップ。ここでは、そんなマネークリップを使う時の注意点などを詳しくご紹介してきます。

>>マネークリップの選び方についてはコチラ

お札を広げて支払う

マネークリップで折ってあるお札で支払いをするときには、きちんとお札を広げてから渡しましょう。折ったままで渡してしまうと、店員さんがわざわざお札を広げる必要が出てきます。相手の事を思いやりながら、スマートに支払いを済ませるようにしましょう。

高額紙幣は目立たないようにする

高額紙幣を外側に収納して持ち歩くことはお金を持っていることをアピールするようなもので、あまり気持ちのいいものではありません。

周りからの印象を悪くしないためにも高額紙幣を内側に、少額紙幣を外側にしてくるむように収納することもポイントです。また、周りからの印象だけでなく、安全面においてもとても重要なポイントです。

プライベートのみの使用にする

もともと、お金は人目につかないように持ち歩く文化がある日本。中でも、お札は丁寧に取り扱うことがマナーとされています。

礼儀が大事な冠婚葬祭やビジネスシーンなど、目上の人・取引先のお客様などと接する機会があるシーンでは非礼に当たるので、マネークリップは使用しないようにしましょう。

あくまでもマネークリップは、プライベートのみの使用と考えておく必要があります。

マネークリップの上手な使い方

マネークリップの上手な使い方

マネークリップはお札の折り方・挟み方によって、収納のしやすさ取り出しやすさが違ってきます。ファッションの1つにもなるマネークリップ。

洋服のシルエットを崩さずにすっきりとした印象を与えるだけなく、上手に使いこなすことによって洗練された大人の印象を与えることができるアイテムです。

ここでは、マネークリップの上手な使い方をご紹介したいと思います。

お札をの折り方

マネークリップには、お札の挟み方がいくつかのパターンがあります。それぞれのパターンによって、折り方、取り出しやすさ、見た目なども異なってきます。

そこでいくつかのパターンのお札の折り方をそれぞれのメリットやデメリットとともに詳しく説明していきます。

折らずに挟む

折らずに挟む方法は、マネークリップにお札を折って挟むという手間が省けることがメリットです。特に二つ折り財布タイプのマネークリップはこのパターンで収納します。手軽には収納出来て、また手軽に取り出せるので便利です。

デメリットとしては、クリップ型のマネークリップなどの多くのマネークリップではお札がよれてしまうこともあるので、ある程度の枚数が無いとクリップが外れてしまうので注意が必要です。

二つ折りにして挟む

お札を2つ折りにして挟む方法は、お札にボリュームが出るのでクリップが外れにくく安心です。

デメリットとしては、支払いの時などお札を取り出す時に少し慣れが必要になってきます。残したいお札の部分を指で押さえて、取り出したい分だけ引き抜きます。

ただし、挟み方によってはお札が数えにくい場合もあります。

>>二つ折りマネークリップおすすめランキングはコチラ

お札をまとめて挟む

お札を2つ折りにしてまとめて挟むという方法が、最も基本的な挟み方です。

海外でも一般的な方法としてほとんどの人がこの挟み方をしています。取り出しやすく、収納しやすいのがメリットです。

デメリットとしては安全面において、高額紙幣を外側でなく内側に収納する必要があるので少し手間がかかります。

お札を1枚ずつ挟む

お札を一枚ずつ折ってから挟む方法は、お札を数えやすく取り出しやすいので支払いがスマートにできます。

1枚ずつ折っているのでお札の強度が強くなり、よれにくくなることもメリットです。この時には折り目とは反対側をクリップで挟むと見た目にもすっきりとします。

デメリットとしてはお札を一枚一枚折らなくてはならないという面倒さです。お釣りなどでお札をもらった時には人前で1枚1枚折るのではなく、時間のある時に人目につかないように折った収納する方がよりスマートに見えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
必見!人気のマネークリップブランドおすすめランキング
おすすめ
ブランド
クリップ型マネークリップおすすめブランドランキング
おすすめ
クリップ型
二つ折りマネークリップおすすめブランドランキング
おすすめ
二つ折り
小銭入れ付きマネークリップおすすめブランドランキング
おすすめ
小銭入れ付き
好みが見つかる!マネークリップの種類と上手な選び方
マネークリップ
選び方