自分用にもギフト用にも!
ピントルのマネークリップ専門ページ

カード入れ付きマネークリップおすすめブランドランキング

カード入れマネークリップおすすめランキング

カード入れ付きマネークリップは、お財布と同じ感覚で使うことができる収納スペースの多いマネークリップです。お財布では少しかさばってしまうというときに、最低限のものだけを持ち歩くことができるカード入れ付きマネークリップはとても便利です。

そこで今回は、カード入れ付きマネークリップの特徴を説明すると共に、人気のブランドを紹介していきます。同じカード入れ付きマネークリップでもいろいろなタイプがあるので、デザインや機能性によって好きなものを選びましょう。

スポンサーリンク

カード入れ付きマネークリップの特徴

カード入れ付きマネークリップの特徴

まず、カード入れ付きマネークリップの中でも2つ折りタイプのものは、見た目がお財布に似ているのが特徴です。そして、そのタイプのものは、内側にカードポケットが付いているのが通常です。

そのため、ウォレットタイプのカード入れ付きマネークリップは、カードを多く持ち歩きたいお札がカバーできるタイプのものがいい、という人には最適です。

さらに、ウォレットタイプのものは、外側と内側で使っている革を変えたりカラーを変えたりなど、デザインでも拘られているものが多いのも特徴の1つです。そのため、デザインを楽しみたい、という人にウォレットタイプはおすすめです。

そのほかにもカード入れ付きマネークリップには、金属タイプのものなど、ブランドによって多くのタイプがあります。

そして、それぞれで収納できるカードの枚数は異なります。その中でウォレットタイプのものは、カード収納枚数が多く便利ですが、革を使っている場合は多くカードを入れると型崩れをしやすいという欠点があります。

また、カード入れが多いと、マネークリップ本来の良さであるコンパクトさが欠けるという点もデメリットとして挙げられます。

プレゼントにカード入れ付きマネークリップを選ぶポイント

プレゼントにカード入れ付きマネークリップを選ぶポイント

まず、プレゼントする相手が普段お財布をどのように使っているかを見てみましょう。カードを多く持ち歩く人であれば、カードポケットが多く付いたウォレットタイプのものがおすすめです。

あまりカードを持ち歩かない人には、ウォレットタイプのものではなく、マネークリップの片側にだけカードが収納できるようになっているタイプもあります。更に、よりコンパクトにしたい人やスタイリッシュなデザインを好む人には、金属タイプのマネークリップも喜ばれます。大人の男性には、高級感のあるコードバンを使用したマネークリップもぴったりです。

マネークリップを鞄に入れて持ち歩くのであればウォレットタイプのものもいいですが、ポケットに入れて持ち歩く人であれば金属タイプをプレゼントするのがいいでしょう。

>>マネークリップの選び方についてはコチラ

スポンサーリンク

カード入れ付きマネークリップのブランドおすすめランキング:TOP5

カード入れ付きマネークリップのブランドおすすめランキング:TOP5

カード入れ付きマネークリップは多くのブランドが販売していますが、それぞれでデザイン、タイプが大きく異なります。ここでは人気のブランドを紹介します。

>>人気のマネークリップブランドおすすめランキングはコチラ

第1位:Ferragamo(フェラガモ)のマネークリップ

現在の価格はコチラ

フェラガモはイタリアの高級ブランドで、金属タイプからウォレットタイプまで多くのマネークリップを販売しています。特にウォレットタイプのものはシンプルにブラックで統一したデザインのものが多く、大人の男性におすすめです。

カードポケットも十分にあるフェラガモのマネークリップは、機能性と高級感の2つを持ち合わせた人気のマネークリップです。

>>フェラガモのマネークリップについて詳しくはコチラ

第2位:The RIDGE(ザ・リッジ)のマネークリップ

現在の価格はコチラ

The RIDGEからは、薄さにこだわった、アルミニウムガンメタルを使ったマネークリップが販売されています。

このマネークリップはなんと15枚ものカードを収納することができます。そして、手のひらに収まるコンパクトなサイズであり、片手ですぐにカードが取り出せるよう機能性も計算されて作られています。

この薄さであればポケットにもきれいに収まり、スタイリッシュなデザインはスーツとの相性もばっちりです。スキミング防止機能もついてるので、海外旅行に持っていくにも最適です。

>>the RIDGEのマネークリップについて詳しくはコチラ

第3位:STORUS(ストラス)のマネークリップ

現在の価格はコチラ

STORUSのマネークリップは、ステンレススチールを使ったカード入れ付きマネークリップです。お札の裏側にカードが挟めるようになっているこのマネークリップは、コンパクトさにこだわっているので、カードの収納枚数も6枚までと比較的少なめです。

手のひらにも収まるサイズで、薄さが自慢のSTORUSのマネークリップは、ズボンのポケットに入れても膨れて見えることなくスマートです。

カラーもシルバー、ゴールドなどがあり、若い世代の男性に特におすすめのデザインです。

>>ストラスのマネークリップについて詳しくはコチラ

第4位:Dunhill(ダンヒル)のマネークリップ

現在の価格はコチラ

ダンヒルはイギリスのラグジュアリーブランドで、シンプルなデザインから大人の男性向けのブランドとして知られています。

カーボンプリントのレザーはシンプルでありながら、おしゃれさも欠きません。カードポケットは4つとそこまで多くありませんので、最小限のものだけ持ち歩きたいという人におすすめです。

また、ダンヒルだけあって使っている革も一級品なので、素材の良さも楽しめます。

第5位:PORTER(ポーター)のマネークリップ

現在の価格はコチラ

PORTERのカード入れ付きマネークリップは、カジュアルなので普段使いにおすすめです。

販売されている種類も多く、カードの収納可能枚数が違うだけでなく、金属タイプのものや、しっかりとお札がカバーされるウォレットタイプのものまで豊富に取り揃えています。

ベージュカラーのものは女性も持ち歩けますし、値段がお手頃なPORTERは若い世代におすすめです。

>>ポーターのマネークリップについて詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク