自分用にもギフト用にも!
ピントルのマネークリップ専門ページ

イルビゾンテのマネークリップの評判と人気の種類

イルビゾンテのおすすめマネークリップ

イルビゾンテとはイタリア発のレザー製品ブランドで、ヨーロッパを始め世界中で人気を集めています。そんなイルビゾンテは革にこだわっており、エイジングが美しいと評判があります。

そんなイルビゾンテからは普段気軽に持ち歩くことができるマネークリップを多く販売していており、20代30代の男女にとてもおすすめです。

そこで今回は、イルビゾンテについて詳しく解説すると共に、口コミやおすすめのマネークリップを紹介します。

スポンサーリンク

イルビゾンテ(IL BISONTE)とは?

イルビゾンテ(IL BISONTE)とは?

イルビゾンテとは1970年にイタリア・フィレンツェ創業のレザー製品ブランドで、おしゃれな男性、女性であればだれでも知っている知名度の高いブランドです。初めは小さな革製品店でしたが、その革の質の高さから20~30年で世界中に広がったとされています。

革製品を扱っているブランドのほとんどは、レザー加工を他のレザー会社に委託しています。一方でイルビゾンテはすべてオリジナルの革を発注しているほどの革へのこだわりようで、イルビゾンテの製品はよりナチュラルで本来の革の良さを生かした製品になっているのです。

今ではヨーロッパだけでなく、アジアやアメリカでも人気のブランドとなっています。日本では特に20代30代の男女から強い支持を得ています。

>>人気のマネークリップブランドおすすめランキングはコチラ

イルビゾンテのマネークリップの特徴

イルビゾンテのマネークリップの特徴

イルビゾンテのマネークリップはすべて革を使用しているので、年数がたつにつれて変化していくのが特徴です。使えば使うほど色はこくなり、手触りは柔らかくなじんできます。他のブランドのものも年数により変化はしますが、イルビゾンテのものはその変化がより速いとされています

また、イルビゾンテのマネークリップは、革をできるだけナチュラルに仕上げているので、革の所々に生前の傷跡やシワ、血管跡などが残り、1つ1つ味のある製品になっているのが特徴です。

そして、革を使用してるマネークリップは、水に弱く、雨などにぬれるとシミになりやすくなっています。しかし、これも味の1つとして楽しむのがイルビゾンテの特徴でもあります。

イルビゾンテのマネークリップの口コミや評判

イルビゾンテのマネークリップは、色や触り心地の変化が早いので、愛着がわいてくる、どう変化するかが楽しい、という口コミが多くあります。そして、革自体がとても柔らかいので、カードの収納などもしやすいという評価もあります。

一方でその柔らかさゆえに、雑に扱ってしまうとすぐにくたびれてしまったり、型崩れがおきてしまったりということもあるようです。また、カラーバリエーションが豊富なのがいい点ですが、薄い色を選んでしまうと汚れが目立ってしまう、という意見もあります。

イルビゾンテのマネークリップに対する周囲のイメージ

イルビゾンテのマネークリップは、カラーバリエーションも多く、カジュアルなデザインのものが多いので、ユニセックスなイメージがあります。

そのため、女性は幅広い世代で使えますが、男性は20代30代向けのイメージが強くあります。

さらに、デザイン重視のイメージが先行しているため、革にこだわりのあるブランドにも関わらず、高級、本物志向、というイメージは少なくなっています。

イルビゾンテのマネークリップはどんな人におすすめ?

イルビゾンテのマネークリップは、カジュアルなデザインのものが多く、スーツよりも普段着との相性がいいとされています。

そのため、仕事ではなく、プライベートで使えるマネークリップを探している人におすすめです。旅行の際に持ち歩くマネークリップとしてもいいでしょう。

スポンサーリンク

イルビゾンテで人気のおすすめマネークリップ:厳選3種

イルビゾンテで人気のおすすめマネークリップ:厳選3種

イルビゾンテのマネークリップは、収納ポケットの多いものやカラーバリエーションの豊富なものなど、それぞれで特徴が大きく異なります。種類豊富なイルビゾンテのマネークリップから厳選した3種類を紹介したいとおもいます。ぜひ参考にしてみてください。

>>マネークリップの選び方についてはコチラ

マネークリップ(レザータイプ)

現在の価格はコチラ

お札を落とさないようしっかりとカバーすることができるマネークリップです。カードが入るポケットもあるので、お札だけでは不十分、という人にも便利なタイプとなっています。

カラーもレッドやグリーン、ベージュなど多くのバリエーションを用意しているので、おしゃれを楽しみたい20代30代の男女にぴったりです。そして、革の内側には、生前の傷などがしっかりとみられ、味のある仕上りになっています。

しかし、中央の金具が緩みやすいという声もあるので、頻繁に締め直す必要があります。

マネークリップ(マグネットタイプ)

     
現在の価格はコチラ

余計なものはなしで、お札だけを持ち歩きたい、という人におすすめのマネークリップです。

マネークリップの中央部にはマグネットがあるので、ピタッとお札を固定することができます。イルビゾンテのマネークリップの中では、最もコンパクトなものなので、海外旅行でスマートにチップを渡したい時などにとても便利なタイプです。

ただし、このマネークリップは磁気を発するので、クレジットカードと一緒に持ち運ぶのはやめましょう。

マネークリップ(エンボス加工タイプ)

     
現在の価格はコチラ

イルビゾンテの中でも少し高めの金額設定のマネークリップです。

オーストリッチのエンボス加工を施したマネークリップは、表面にドットのような柄が浮かび上がり、上品なデザインになっています。内側にはカードポケットが多く、お財布と同じだけの収納も可能です。

オレンジやアイリッシュのユニセックスのカラーもあるので、男女ともにおすすめのマネークリップです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク