巻き方から上手な選び方まで!
ピントルのマフラー専門ページ

スポンサーリンク

知られざる!?マフラーの歴史

知られざる!?マフラーの歴史

首周りを優しく、暖かく守ってくれる、冬の定番防寒着である「マフラー」。「マフラー」は、一体いつごろから使われ、いつ頃から日本に伝わったのでしょうか。意外と知らない「マフラー」の歴史と、使われている素材、巻き方についてご説明します。

スポンサーリンク

意外と知らないマフラーの歴史

世界から見たマフラーの歴史

マフラーの起源については諸説ありますが、15世紀頃にヨーロッパで女性が顔の下部を覆った四角の白い布を「マフラー」と呼んでいたことに起因するという説が一般的です。その後17世紀に、「マフラー」から「クラバット」といわれる今の「ネクタイ」の原型になったものが誕生しました。

フランス革命の時代には、「マフラー」は黒い布で顎から首を巻き付けるといった、現在のスタイルに近いものになりました。この頃から、カシミヤ製のショールや動物の毛皮の襟巻きが防寒具として普及し始めました。19世紀になるとショールが一般人にも普及し始め、レース等の装飾性の強いものが人気でした。

もともとは、女性の顔を覆うための布であった「マフラー」。今では「マフラー」の利用目的は、防寒であるのに対し、昔は「戦場での目印」や「包帯」などの様々な用途で使用されてきました。最終的には現在のように「防寒具」として、世界中の人々に年齢や性別を問わず愛用されています。

日本におけるマフラーの歴史

日本にいつ頃「マフラー」が伝わったのか、はっきりした記録はありません。日本では「マフラー」のことを長い間「襟巻き」と呼ばれていました。古い文献によると、1461年にアニメでおなじみの「一休和尚」が詠んだ歌に「襟巻」という記述があることから、この時代にはすでに防寒具として「襟巻き」が普及していたことが分かります。

しかし、この時代から「襟巻き(首巻き)」という防寒具はあったようですが、首周りだけを温める「襟巻き(首巻き)」は発達しませんでした。日本では古来より、首周りの保護に関しては「頭巾」や「手ぬぐい」が用いられていました。

明治時代に入り、西洋諸国との交流が本格してから、肩掛けと呼ばれた「ショール」がもたらされました。そして1873年に初めて毛皮の襟巻き「マフラー」が販売されました。それ以降、「ショール」は防寒具として流行し、様々な大きさや色のものが販売されるようになりました。

年間気温の変化が非常に大きい日本で、首元を温める「マフラー」は、このように古くから多くの人に愛用されてきました。

 

ところでマフラーって何?

マフラーの素材や形

そもそも「マフラー」とは、首元の防寒具であり、幅数十センチ、長さ2メートル程度の長方形の布です。日本では「襟巻き」といわれていました。しかし、正方形の「ストール」や、肩掛けの「ショール」との区別は難しく、素材や形状で厳密に分けられているわけではありません。

>>マフラーとストールの違い:様々な襟巻きの種類

今日では様々なメーカーが様々な素材の「マフラー」を製造しています。以下に一般的な素材をあげます。

化学繊維
「ポリエステル」「ナイロン」「アクリル」「ポリウレタン」「レーヨン」など

動物性繊維
カシミヤ」「ウール」「アンゴラ」「モヘア」「アルパカ」「シルク」など

植物性繊維
「コットン」「麻」など

マフラーの着こなしの歴史

「マフラー」の巻き方には、多くの種類があります。マフラーはその長方形の形状から、「結ぶ」巻き方が多いのが特徴的です。以下に一般的な巻き方を3つご紹介しますので、参考にしてみてください。

「二重巻き」

「二重巻き」は長いマフラー大きなマフラーにオススメの巻き方です。まず、マフラーを半分に折り、幅を半分にします(マフラーの幅によって調節してください)。マフラーの中心を首の正面に持っていき、一度後ろで交差させ、前に持ってきます。マフラーの形を整えたら完成です。マフラーが長過ぎる場合は、もう一周しても構いません。

「二重サイドノット」

結び目が後ろになる「二重巻き」の、結び目がにくるバージョンです。まず、マフラーを半分に折り、幅を半分にします(マフラーの幅によって調節してください)。次に、マフラーの一方が長くなるように首にかけ、長い方で首をひと巻きします。最後に左右のマフラーの端を結び、結び目を好みの位置に移動させて完成です。

「ワンループ」

非常に簡単でポピュラーなマフラーの巻き方です。まず、マフラーを半分に折り、幅を半分にします(マフラーの幅によって調節してください)。次に、縦にも半分に折って長さも半分にします。そのまま首にかけ、マフラーの端を反対側の端の輪の中へ通します。最後に形を整えて完成です。

このようにマフラーは結び方も豊富ですので、自分に合った結び方を見つけてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク