巻き方から上手な選び方まで!
ピントルのマフラー専門ページ

よく読まれるページはコチラ
失敗しない!男性向けマフラーの上手な選び方
男性向け
選び方
マフラーの基本的な編み方の種類
基本の編み方
種類
マフラーのレディース人気ブランドまとめ
女性向け
人気ブランド
ショートマフラーの巻き方と特徴
ショートマフラー
巻き方
パーカーにおすすめのマフラー&巻き方
パーカー向け
巻き方
スポンサーリンク

シルク(絹)素材を使用した人気マフラーの特徴

シルク(絹)素材のマフラーとは?

カイコのマユを紡いで作られるシルク(絹)。約4500年も昔から製造されています。独特の光沢と、しなやかな肌触りから人気が高く、古代ではと同じ重さで取引されていました。シルク(絹)の取引のために「シルクロード」と言われる7000キロの道まで出来上がりました。

スポンサーリンク

マフラーの人気素材シルク(絹)について

>>マフラーに使用される素材別の特徴についてはコチラ

マフラーに使用されるシルク(絹)って何の動物?

シルク(絹)とは、カイコのマユからとった動物繊維です。独特の光沢と肌触りの良さから、古代より生産され珍重されてきました。カイコとは、昆虫の一種であり、正式名称は「カイコガ」といい、カイコはカイコガの幼虫のことです。成長過程でサナギのマユを作ります。このマユを製糸したものがシルク(絹)です。

カイコは「家蚕」ともいわれ、家畜化された昆虫であり、野生には生息していません。また、カイコは野生に帰る力を完全に失った唯一の家畜動物だと言われており、人間の管理なしでは生きていくことが出来ません。餌が与えられなくても逃げ出さず、野外の木に放しても一昼夜のうちに全滅してしまいます。

>>人気のマフラー素材【カシミヤ】の特徴

>>人気のマフラー素材【アンゴラ】の特徴

>>人気のマフラー素材【ウール】の特徴

>>人気のマフラー素材【アルパカ】の特徴

>>人気のマフラー素材【モヘア】の特徴

人気のマフラー素材シルク(絹)の歴史と特徴

シルク(絹)の発祥は約4500年前の紀元前2460年頃の中国です。黄帝の王妃「西陵」がお湯の中にマユを落としてしまい、それを箸で拾い上げた時に巻き付いた糸を発見し、シルク(絹)の歴史が始まりました。シルク(絹)はその美しさと、しなやかな肌触りから瞬く間に人気となり、交易品としても非常に人気がありました。

シルク(絹)を織物としてヨーロッパへ輸出するために、長安からトルコのアンタキアまで約7000kmの道、俗に言う「シルクロード」が出来上がりました。当時の中国では、カイコからシルク(絹)を製糸する技術は門外不出とされ、厳重に管理されていました。当時はシルク(絹)とが同じ重さで取引されており、価値の高さが伺えます。

中国以外では、6世紀頃にヨーロッパで養蚕が始まり、日本では弥生時代に大陸からその技術が伝来し、明治時代に著しい発展を遂げました。現在、シルク(絹)の生産量は全世界で50万トンを超え、やはり中国でその半数以上が生産されています。

>>知って語ろう!マフラーの歴史について

古代より繊維の中で最も美しいとされるシルク(絹)の特徴は、以下の点があげられます。

シルクのマフラーが持つ「優れた通気性と保温性」

非常に細いシルク(絹)の繊維は、衣類として身につけることにより、繊維と空気が幾重にも折り重なるため、熱の電動率が低く、暖かいのが特徴的です。同時に、通気性が高く吸湿性にも優れているため、汗を素早く肌から離し、体感温度が下がるため、夏でも涼しいのが特徴的です。

シルクのマフラーが持つ「帯電のしにくさ」

シルク(絹)は微かに静電気が起きますが、体にすぐ流れるたま、帯電や蓄電をすることなく化学繊維のように静電気でビックリするようなことはありません。

シルクのマフラーが持つ「耐火性」

シルク(絹)はしなやかで柔らかいイメージからか、火に弱いと思われがちですが、ナイロンなどの化学繊維と比較すると格段に耐熱性に優れています。それに加え燃えても有害物質も出ません。シルク(絹)も火にかざせば燃えますが、火から離すと直ぐに炎は消えます。防火加工が不要な、燃えにくい特長があります。

シルク(絹)は、非常に美しい光沢と心地よい肌触りだけではなく、上記のような素晴らしい特徴も持ち合わせた繊維素材です。

 

シルク(絹)素材の人気マフラー

>>メンズ向けのマフラーブランド人気ベスト5
>>レディース向けのマフラーブランド人気ベスト5

男性にオススメのメンズ向けシルク(絹)マフラー

現在の価格はコチラ

イタリアのハイブランド「サルヴァトーレ フェラガモ」のシルクマフラーが男性にオススメです。シルク(絹)は光沢と肌触りに優れた素材ですが、生地が薄いため防寒性に関しては「カシミヤ」や「ウール」には劣ります。そのため、マフラーでは、「カシミヤ」や「ウール」との混紡された製品が多いです。

その中でもこちらの「フェラガモ」のマフラーは、過半数にシルク(絹)が使用された大変珍しいマフラーです。そのため、肌触りや、なめらかさは抜群です。防寒性に関しても、シルク以外はすべて「カシミヤ」が使われていますので、非常に暖かいです。男性には特にオススメしたい「シルクマフラー」です。

女性にオススメのレディース向けシルク(絹)マフラー

現在の価格はコチラ

アメリカの人気ブランド「COACH」のシルクマフラーが女性にオススメです。

>>マフラーの人気ブランド:COACH(コーチ)の特徴

前述した通り、シルク(絹)は光沢と肌触りに優れた素材ですが、生地が薄いため防寒性に関しては「カシミヤ」や「ウール」には劣ります。そのため、マフラーではシルク(絹)100%ではなく防寒性の高い「カシミヤ」や「ウール」と混紡された製品が多いです。

シルクとカシミアの混紡により肌触りがよく光沢があり、暖かく防寒性に優れたマフラとなっています。ウールも上質な物が使用されており、プレゼントにもオススメのシルクマフラーです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
失敗しない!男性向けマフラーの上手な選び方
男性向け
選び方
マフラーの基本的な編み方の種類
基本の編み方
種類
マフラーのレディース人気ブランドまとめ
女性向け
人気ブランド
ショートマフラーの巻き方と特徴
ショートマフラー
巻き方
パーカーにおすすめのマフラー&巻き方
パーカー向け
巻き方