巻き方から上手な選び方まで!
ピントルのマフラー専門ページ

スポンサーリンク

人気のマフラー柄【ストライプ柄とは?】

ストライプ柄マフラーの種類

縦や横にシンプルに入るラインがその柄にアクセントをつけるのがストライプです。ファッションにおいてもシャツをはじめ、ストライプ柄が使われる場面は非常に多くあります。もちろんマフラーでも使われるストライプ柄について紹介していきます。

スポンサーリンク

マフラーの人気パターン:ストライプ柄の特徴

マフラーで人気のストライプ柄とは?

ここではマフラーを紹介しているサイトということで、ストライプとボーダーとは区別せずに紹介していきたいと思います。ストライプと言えば、ファッションでもよく使われる柄として知られています。しかしその歴史というのはあまり知られていないのではないでしょうか。

日本ではストライプもボーダーも、どちらも縞模様と呼ばれています。この縞模様であるストライプをと聞くと何を連想するでしょうか。囚人服をイメージする人もいれば、ラガーシャツのイメージを持つ人など様々かとは思いますが、そこには驚くべき始まりがあります。

それは衣服に使われるストライプ模様の布が、「悪魔の布」などと呼ばれていたことです。中世ヨーロッパにおいてこの縞模様というのは区別のための柄であり、なんらかの差別されるべき要因をもった人種に着せられていました。そういったことからストライプ柄には、軽蔑や差別の意味をもっていたのです。時代の変化とともにそういった偏見はなくなり、すっかりファッションに使われる柄としての地位を確固たるものとしました。

ストライプ柄のマフラーが持つイメージとは?

ファッションアイテムとしてストライプを取り入れた場合、どのような効果があるのでしょうか。まず代表的な狙いとして、爽やかさな印象が挙げられるでしょう。就職活動の際や、新入社員というのはストライプのネクタイを使う方が多くいます。これもやはり、爽やかで元気な印象を与えるからと言えるでしょう。

しかし、これはどのような色を選ぶかによっても大きく左右されると言われています。例えばトラに描かれた縞模様は虎班と呼ばれています。これはその鮮やかな黄色と黒の縞模様が「強い」「勇猛」といった印象を与えると言われています。続いて挙げられるのは体のラインをイメージさせやすいという点です。

たとえば縦方向へのストライプを取り入れたコーデは縦長のイメージを作ります。これによって背が高く見えたり、足を長くみせたりする効果があると言えるでしょう。

 

マフラーに使われるストライプ柄の種類について

ロンドンストライプのマフラー

下地と縦に入ったラインの幅が均等になっているタイプのストライプです。ワイシャツなどで使われるケースが多いと言えるでしょう。

ロンドンストライプ

ペンシルストライプのマフラー

文字どおり、鉛筆で書いたかのような細い線でラインが入っているものです。色は単色のものがほとんであるといえるでしょう。

ペンシルストライプ

ヘアラインストライプのマフラー

髪の毛のように細かいラインが入っているストライプのことを指します。一見するとストライプが入っていないようにすら見えるのが特徴です。

ヘアラインストライプ

マルチカラーストライプのマフラー

複数の色のラインが入ったタイプのストライプのことを言います。ラインの幅も様々なものが多いのが特徴となっています。

マルチカラーストライプ

チョークストライプのマフラー

黒板にチョークでラインを引いたようなタイプのことです。濃色の下地に白いラインをひいたものをチョークストライプと言います。

チョークストライプ

スポンサーリンク

おすすめのストライプ柄マフラー

ストライプ柄マフラーとしておすすめのマフラーはやはりこのブランドからです。もちろん“Paul Smith(ポールスミス)”です。Paul Smith(ポールスミス)と言えば、その特徴的なカラーとストライプ柄、そう言いきっても言い過ぎではないブランドと言えるでしょう。刺し色としてのインパクトもバッチリで、コーデにアクセントを加えてくれます。そんなおすすめのPaul Smith(ポールスミス)のマフラーはこちらです。

現在の価格はコチラ

ポールスミスらしいサイケデリックなストライプデザインのマフラーです。ウールで仕上げられておりますから、巻き心地はすごく良いと言えるでしょう。インパクトのあるカラーリングでいつものファッションに一癖つける効果は抜群です。

>>おすすめPaul Smith(ポールスミス)のマフラー

スポンサーリンク
スポンサーリンク