基礎知識からブランド別の歴史や特徴まで
ピントルのスニーカー専門ページ

ナイキのスニーカー人気ランキング
ナイキ
人気ランキング
アディダスのスニーカー人気ランキング
アディダス
人気ランキング
リーボックのスニーカー人気ランキング
リーボック
人気ランキング
プーマのスニーカー人気ランキング
プーマ
人気ランキング
オニツカタイガーのスニーカー人気ランキング
オニツカタイガー
人気ランキング
コンバースのスニーカー人気ランキング
コンバース
人気ランキング
ニューバランスのスニーカー人気ランキング
ニューバランス
人気ランキング
バンズのスニーカー人気ランキング
バンズ
人気ランキング

【ブランド別】定番スニーカー人気ランキングTOP3

ブランド別おすすめスニーカー

ブランド別スニーカー人気ランキングTOP3

目次 [非表示]

スポンサーリンク

NIKE【ナイキ】の定番スニーカー人気ランキング

人気スニーカーブランドのNIKE【ナイキ】は現在世界的なスポーツブランドとして、サッカー、野球、バスケットボール等、様々な有名競技をサポートし、トップアスリート達を支える為に様々な最新技術を研究しながら製品開発をしています。

また、デザインや開発、そしてマーケティングに関して熱心に投資し、製品の生産は外注に出すという形をとるビジネスモデルを確立し、世界中にある約800以上の契約工場でNIKE【ナイキ】の製品が製造されています。

>>NIKE【ナイキ】の歴史ついてはコチラ

ナイキのスニーカー人気ランキング第1位【エア・フォース1】
現在の価格はコチラ

ミッドテク系のスニーカーの中でも、最も人気が高いのがNIKE AIR FORCE1です。ローカット・ミッドカット・ハイカットそれぞれに特徴があり、多彩なカラー展開が魅力です。

このスニーカーを着用している層もカジュアル系、B-BOY、スケーターなど非常に幅広くどんなファッションにも合わせ易いのが特徴といえるNIKE【ナイキ】の定番モデルです。

「AIR」と呼ばれるクッショニングシステムを始めて搭載したミッドテクスニーカーなので、そのクッション性は今でも顕在、とても履き心地の良いスニーカーとして支持を得ています。

ナイキのスニーカー人気ランキング第2位【エア・マックス】
現在の価格はコチラ

NIKE【ナイキ】を代表するハイテクスニーカーの火付け役で、初代エアマックスは1987年に発売されました。それ以降、舗装路におけるランニングスニーカーの最上位モデルとして君臨しています。

このシリーズの中でも1995年に発売されたエアマックス95、通称イエローグラデは、エアマックスシリーズのスニーカーの中でも狂気に似た人気を獲得し、このスニーカーを履いている人が襲われ、スニーカーを奪われるという、エアマックス狩りという事件が多発し、社会現象にまで発展しました。

ナイキのスニーカー人気ランキング第3位【コルテッツ】
現在の価格はコチラ

NIKE【ナイキ】の創始者であるビル・バウワーマンの試行錯誤によって、1972年に誕生したNIKE【ナイキ】ブランドの初のスニーカーがコルテッツです。

軽量かつクッション製に優れるランニングスニーカーとして陸上の世界に新風を吹き込みました。現在でも生産され続けているNIKE【ナイキ】を代表する人気スニーカーで、素材はレザーやナイロン、スエード等多岐にわたります。

adidas【アディダス】の定番スニーカー人気ランキング

adidas【アディダス】はオリンピックに90年間近くスニーカーを提供し続け、ロンドンオリンピックの際は25種目ほぼ全ての競技にスニーカーを投入し、アスリートの足元を支えるために様々な最新技術を研究している企業です。

オリンピックの競技場と同じトラックを設置してデータを集計したり、太陽光、気温、風等を再現出来る施設を使用した研究を行ったり、多額の研究開発費を用いて新しいスニーカーを作るブランドとして有名で、adidas【アディダス】は「世界一のアスリートに世界一のシューズを」という、素晴らしい開発哲学の元にスニーカーが製造されています。

>>adidas【アディダス】の歴史ついてはコチラ

アディダスのスニーカー人気ランキング第1位 【スーパー・スター】
現在の価格はコチラ

1969年に登場して以来adidasの伝説的スニーカーとして今もなお第一線で活躍しています。

登場当時のスタープレイヤーであるアブドゥル・ジャバーが残したSUPER STARに対する印象的な言葉に、「まるで足に三本線がプリントされているようだ」というのがある程に素晴らしい履き心地です。

80年代になると今度はファッションアイテムとして確固たる地位を築くこととなります。

HIP-HOPカルチャーをオーバーグラウンドに押し上げた立役者である「RUN DMC」が愛用し、adidasのスニーカーはヒップホップカルチャーと密接に関係するアイコン的存在となりました。

そんなadidasの歴史を感じられる名作スニーカーは今どんなスタイルにもフィットするスニーカーとして、定番スニーカーの中でも高い人気を誇り、年齢を問わず多数の人に愛されているスニーカーです。

アディダスのスニーカー人気ランキング第2位 【ネオ Bボール】
現在の価格はコチラ

レトロでアナログ感のある雰囲気が漂うadidas【アディダス】のバスケットボール用スニーカーで、ミッドテク風にで仕上げられたアウトソールが印象的でカジュアルな人気スニーカーです。

バスケットボールシューズを削ぎ落とし、必要最低限のシンプルなデザインに仕上げ、どんなファッションにでもハマり易い完成度が高いスニーカーとなっています。

アディダス伝統の3ストライプと”ロックアップ”ロゴが縁取っている特徴的モデルです。

アディダスのスニーカー人気ランキング第3位【ネオ フープス】
現在の価格はコチラ

レトロなバスケットスニーカーを連想させるadidas【アディダス】のミッドテク系スニーカーで、アッパーにはレザーを使用し、合成生地のライナー、そして印象的なカップソールと、スニーカーフリークのツボを抑えた、非常にシンプルかつ魅力的なつくりとなっています。

適度にボリュームのあるフォルムで、様々な服装と相性のよいカラーリングが特徴で、抗菌、防臭機能のあるOrthoLite【オーソライト】インソールを採用してたりと、NEO HOOPSはタウンユース最強のスニーカーというに相応しいでしょう。

Reebok【リーボック】の定番スニーカー人気ランキング

国内でも非常に人気の高いスニーカーブランドであるReebok【リーボック】は、グローバルメッセージを「YOUR MOVE」とし、スニーカーなどの製品開発以外にも、フィットネスプログラムの提供や消費者参加型のスポーツイベント等も行っています。

1990年代において「PUMP SYSTEM」等のハイテクスニーカーを多数排出した事で、「技術に裏付けされた独自の研究開発を行い、機能性の高いスニーカーを生み出す」、というブランドの認知を得ていて、今もスニーカーブランドの第一線で活躍しています。

>>Reebok【リーボック】の歴史ついてはコチラ

リーボックのスニーカー人気ランキング第1位【インスタ・ポンプ・フューリー】
現在の価格はコチラ

今から約30年前に「近未来的すぎるスニーカー」として当時の最新技術を搭載して登場した、INSTA PUMP FURY【インスタ・ポンプ・フューリー】のデザインは今もなお近未来を感じさせます。

そんなReebok【リーボック】が世にはなった不屈の名作とも言えるこのハイテクスニーカーが搭載した、シュータン部分のポンプを押すと、全体に空気が行き渡る事でスニーカーと足を密着させるという技術は、スニーカー業界だけでなく、様々なメディアに取り上げられて一種の社会現象ともなった程です。

そんなハイテクスニーカーの中でもひときわ異彩を放つこのスニーカーは、今でも多くの人気を獲得し、不思議とどんな服装にでも合わせられる奇抜なスニーカーとして定番化しています。

リーボックのスニーカー人気ランキング第2位【イーエックス・オー・フィット】
現在の価格はコチラ

80年代に登場したReebok【リーボック】の名作であるFREESTYLEから幾度とないアップデートが行われ、履き心地、フィット感などの部分が向上されリリースされたEX-O-FIT【イーエックス・オー・フィット】。

メンズのフィットネススニーカーとして一時代を築きストリートファッションからハイファッションまで、幅広く対応出来るそのスマートなシルエットはミッドテク系スニーカーの大定番モデルと言えるでしょう。

豊富なカラーバリエーションや皮革素材などで展開し、様々な服装に合わせられるスニーカーとして、国内・国外問わず、多くのファッション愛好家からも注目の集るミッドテク系スニーカーの花形です。

リーボックのスニーカー人気ランキング第3位【ポンプ・オムニ】
現在の価格はコチラ

1991年のNBA weekendで開催された「NBAオールスター・スラムダンク・コンテスト」にて、チャンピオンに輝いたCELTICSのDee Brown(ディー・ブラウン)がダンクを仕掛ける際に、深呼吸をしながら両手で「ポンプ」に空気を入れるシーンからこのスニーカーの伝説はスタート。

究極の快適さとフィット感を追求し、数多くのプレーヤーの足元を支えて来たスニーカーは、今もなおその輝きを失う事無くその顕在ぶりをアピールし続けている不屈の名作として、その勢いと注目度は年々上昇し、スニーカーを語る上で外す事の出来ない一足となっています。

PUMA【プーマ】の定番スニーカー人気ランキング

PUMA【プーマ】のスニーカーを特徴付けるものは、ほぼ全てのスニーカーにつけられている、フォームストライプと呼ばれる流線型の側面パネルが存在します。

サッカー用品を扱うブランドとして非常に知名度の高いPUMA【プーマ】ですが、F1やMotoGPなどのモータースポーツにおいてもその影響力は非常に強く、多くのF1ドライバー達がPUMA【プーマ】のレーシング用スニーカーを使用しています。

またファッションブランドとのコラボレーションも積極的に行いコレクションを発表しています。

>>PUMA【プーマ】の歴史ついてはコチラ

プーマのスニーカー人気ランキング第1位 【スエード】
現在の価格はコチラ

1968年に登場した以来PUMA【プーマ】で最も人気のあるスニーカーという地位を今だキープする、大定番のクラッシックコートモデルであるSUEDEは多くのファンに愛され続けているスニーカーです。

ヒップホップシーンにてBEASTIE BOYSや、プロスケーターのSCOTT BOURENが使用した事で、ブレイクダンサーやスケートボーダーから支持を得て、発売当時にモデル名すら無かったスニーカーが、いつしか「スエード」と呼ばれ、スニーカーシーンを紐解く上で重要な一足にまで成長しました。

現在では様々なファッションブランドとコラボレーションして注目を集めるPUMA【プーマ】らしく、この名作スニーカー「スエード」も様々なカラーリングや素材を使用して復刻し続けています。

シンプルで柔らかい質感を持ったこのスニーカーは、ファッションのジャンルの垣根を飛び越えて、様々なスタイルに合わせ易いローテクスニーカーとして多くの人に愛され続けています。

プーマのスニーカー人気ランキング第2位【ディスク・ブレイズ】
現在の価格はコチラ

様々なブランドのハイテクスニーカー達が激闘した90年代のハイテクスニーカーブームの中で、抜群のフィット感を得られるとして爆発的人気となったDISC BLAZEが搭載したDISC SYSTEMは、メカニカルなルックスとワイヤーを巻き取る為の機構ゆえに、いかにもハイテクスニーカーらしく、現在でもPUMA【プーマ】の注目モデルとしてフォーカスされ続ける不屈の名作となっています。

更に現在ではその優れたファッション性に多くの業界からの注目があつまり、2011年の10月には、日本屈指のセレクトショップである「BEAMS」の35周年記念モデルに抜擢されて話題になりました。

ハイテクスニーカーらしい機構と、普遍的なデザインを上手く融合しているため様々な服装に合わせ易く、また当時の面影を上手く調和しているため、当時を知るマニアも唸る至極の逸品として君臨しています。

プーマのスニーカー人気ランキング第3位【スカイ】
現在の価格はコチラ

PUMA【プーマ】が誇るクラッシック・コートモデルのスニーカーの中でも名品中の名品と言えば、外羽根式が定番だった1980年代に内羽根式でリリースされた画期的スニーカーのSKY【スカイ】です。

当時のアメリカで流行していたストリートバスケやスケートボードカルチャーの愛好者達から、非常に高い支持を得た名作として、スニーカーフリーク達の間では今もなお語り継がれています。

履き口のベルクロがインパクト抜群で非常に印象的ですが、スニーカー全体としてはスマートな形状、これが様々なファッションにマッチし、特に細めのパンツとの相性は抜群のスニーカーです。

ミッドテク系スニーカーの中でも、「一癖あるが実は使い易い」とあって定番モデルになっています。

Onitsuka Tiger【オニツカタイガー】の定番スニーカー人気ランキング

当初バスケットボール専用のスニーカーを製造販売する会社としてスタートした鬼塚商会は、その後様々なスポーツ用のスニーカーの製造に着手し、オリンピック日本選手団に採用されました。

今では約11店舗の直営店を国内に構えるタウンユース用のファッションスニーカーブランドとして人気です。Onitsuka Tiger【オニツカタイガー】の経営理念は「スポーツを通じて青少年の健全な育成を」。

社名をASICS【アシックス】に変更した後もOnitsuka Tiger【オニツカタイガー】ラインとしてリリースし、トップブランドと比べるとやや劣りますがOnitsuka Tiger【オニツカタイガー】としてのブランド知名度は、ヨーロッパの場合非常に人気が高く、レトロスニーカーとして確固たる地位を築いています。

>>Onitsuka Tiger【オニツカタイガー】の歴史ついてはコチラ

オニツカタイガーのスニーカー人気ランキング第1位【メキシコ・ミッドランナー】
現在の価格はコチラ

今現在、日本はもちろんの事、ヨーロッパの若者を中心にレトロスニーカーとして人気の高いモデルが、MEXICO MID RUNNER【メキシコ・ミッドランナー】と呼ばれる、このスニーカーです。

1964年の時点で存在していたのですが、当時のカタログにも登場していない幻のスニーカーで、日本代表選手しか履く事の許されなかった特別なモデルで市販される事がありませんでした。

そんなミッドカットモデルのこのスニーカーが、Onitsuka Tiger【オニツカタイガー】復刻の場面で、初めて一般人に対して販売される事となり、そこから爆発的な人気を獲得しています。

オニツカタイガーのスニーカー人気ランキング第2位【タイガー・コルセア】
現在の価格はコチラ

1960年代の後半に、アメリカ市場に向けて販売されていたランニングシューズに対して、NIKE【ナイキ】の前身であるブルーリボンスポーツからクッション性能の不足を指摘され、ソールの厚みを従来よりも8mmプラスし24mmへと変更するなどの様々な改善をおこないました。

アメリカ人用に柔軟なクッション製を搭載したランニング用のスニーカーとして作成し、アメリカ国内のみで販売された事で、爆発的な人気となった”Cortez【コルテッツ】”その人気の背景には70年代のジョギングブームもあり、このブームは日本へも飛び火しました。

しかしスニーカーフリークな人達なら、このスニーカーの名前にピンと来ると思います。今でも”Cortez【コルテッツ】“はNIKE【ナイキ】の歴史あるスニーカーとして販売されていますよね!

そうなのです、この名前を巡ってOnitsuka Tiger【オニツカタイガー】とBRSは裁判を行ったのです。その後Onitsuka Tiger【オニツカタイガー】は商品名をTIGER CORSAIR【タイガー・コルセア】に変更、今でも多くの日本人、そしてヨーロッパ地域でファッションアイテムとして強い人気を誇るスニーカーです。

オニツカタイガーのスニーカー人気ランキング第3位【メキシコ66】
現在の価格はコチラ

Onitsuka Tiger【オニツカタイガー】の名作スニーカーの中でも、定番中の大定番と言えるのは、今で言うアシックスストライプ(当時はメキシコラインと呼ばれた)がサイドに使われた、MEXICO66【メキシコ66】と呼ばれるトレーニング用のスニーカーです。

1962年に作られた原型は「リンバー」と呼ばれる機能美に満ちあふれた名作スニーカーで、その細身のフォルムと踵のフラップはOnitsuka Tiger【オニツカタイガー】らしいディテールを持っています。

2000年にOnitsuka Tiger【オニツカタイガー】の復活プロジェクトが開始された際に最初に着手されたのが、このMEXICO66【メキシコ66】の原型であるリンバーのリプロダクトでした。

それほどまでに人気がアリ、ファッションアイテムとして確固たる地位を持つスニーカーなのです。

Converse【コンバース】の定番スニーカー人気ランキング

2003年7月からConverse【コンバース】はNIKE【ナイキ】に360億円で全株式を譲渡し、ナイキの100%子会社として資源やノウハウ提供を受けビジネスの拡大発展を目指しています。

Converse【コンバース】は2011年にアメリカ合衆国の連邦倒産法であるチャプター11を申請し、その後企業再建のため伊藤忠商事が資本参加してコンバースジャパンが設立されたました。

改めて、新生Converse【コンバース】として再生復活を遂げ、ナイキが買収を選択したのです。

株式譲渡後もConverse【コンバース】は独立したマネージメントによって運営されているため、NIKE【ナイキ】からのノウハウや資源の供給は受けますが、販売や製品開発、流通等の運営とは、完全に独立した形でビジネスを展開し、方針決定の能力を維持したまま経営を続けています。

>>Converse【コンバース】の歴史ついてはコチラ

コンバースのスニーカー人気ランキング第1位【チャックテイラー(オールスター)】
現在の価格はコチラ

世界で初めて、バスケットボール専用のスニーカーとしてConverse【コンバース】が作ったモデルで、1917年から殆ど変わらない形で今でも販売されている世界でも一番人気のあるキャンバススニーカー。

バルカナイズド製法で作られたローテクスニーカーの代名詞とも言える大ヒット作であり、どんなファッションスタイルにも合わせられるシンプルさと、多彩なカラーバリエーションが人気です。

このモデルを現役時代に使い続けたチャールズ・H・テイラーの名前からチャックテイラーと呼ぶのがツウですが、一般的には『コンバース・オールスター』と呼ばれる事が多いスニーカーです。

チャールズ・H・テイラーはバスケットボール選手を引退後も、プロフェッショナルアドバイザー的なポジションで、Converse【コンバース】の「オールスター」の改良に対して様々な提案を行い、進化の立役者ともなりました。

その功績をたたえて1946年からアンクルパッチ(内側くるぶしを保護する円形のパッチ)に、チャックテイラーの名前が今でも刻まれ、世界初のバスケットボールスニーカーのシグニチャーモデルとなったのです。

コンバースのスニーカー人気ランキング第2位【ジャックパーセル】
現在の価格はコチラ

1932年から14年連続でバドミントンのワールドチャンピオンに輝いたジャック・パーセルが開発に参加し、1935年に発売されて以来、ヒールラベルの「ヒゲ」とトゥ部分のライン「スマイル」から人気を獲得し、誕生70周年を記念してリニューアルしたモデルにもこのスタイルが引き継がれ今でも愛され続けています。

従来のモデルよりも片足あたり70gの軽量化を実現し、以前よりもスタイリッシュなフォルムとなりました。

発売当時では最高水準の快適性と耐久性を持ったこのスニーカーは多くのコート競技者から支持を獲得し、プロテニスプレイヤーからハリウッドスターなどにも愛され、一種のステータスシンボルとなっていました。

アメリカの大人気ロックバンドNIRVANA【ニルヴァーナ】のボーカルであるKurt Cobain【カート・コバーン】が、Converse【コンバース】のジャックパーセルを好んで履いていたのは余りにも有名な話です。

コンバースのスニーカー人気ランキング第3位【ワンスター】
現在の価格はコチラ

バスケットボール用のスニーカーとして確固たる地位を築いていたConverse【コンバース】ですが、1960年頃になると多くのプロユースのスニーカー達が素材や機能面において様々な進化を遂げて行き、その当時、プロ選手の約80%が使用していたALL STARにもレザーの使用を求める声が高まりました。

そこで、優れた耐久性を持つレザースニーカーとして登場したのがこのONE STAR【ワンスター】です。

しかし、製法上の難しさから2年間程しか製造されず、幻のスニーカーと言われていましたが、多くのファンの要望によって1984年に復刻され、今もなお多くのファッションリーダー達に愛されています。

高級なウレタンコーティングがされたレザーで作成されるこのスニーカーは、他では味わえない魅力が存在します。

New Balance【ニューバランス】の定番スニーカー人気ランキング

スポーツブランドやスニーカーブランドの同業他社が中国やベトナムに製造拠点を置き、外部委託をベースにビジネスマーケティングを行う中でNewBalance【ニューバランス】は、アメリカやヨーロッパでの製造を軸にビジネスを展開しているため販売価格が高価となっています。

しかしその卓越した技術で作られるスニーカーは素晴らしい履き心地を提供してくれる事で有名で、あのラルフ・ローレンが「雲の上を歩いている様なスニーカーだ」と絶賛した事があります。

>>New Balane【ニューバランス】の歴史ついてはコチラ

ニューバランスのスニーカー人気ランキング第1位【574シリーズ】
現在の価格はコチラ

1988年にリリースされて以来、NewBalance【ニューバランス】を代表する、クラッシックオフロードランニングスニーカーとして君臨し続ける574シリーズは、【C-CAP】と【ENCAP】を組み合わせたソールユニットと、グリップ性の高いアウトソールを使用し、さらにファッションアイテムとしての完成度を高めたストリートシーンでも圧倒的な人気のスニーカーです。

特にコードバンなどの皮革モデルは特に人気の高く、その質感たるや魅力的の一言に尽きます。

ニューバランスのスニーカー人気ランキング第2位【1300シリーズ】
現在の価格はコチラ

オリジナルは1985年に登場した1300シリーズ、世界初のENCAP【エンキャップ】を搭載する事で、クッション性と安定性を両立させた当時のランニングスニーカーでは最高傑作と言われたモデル。

代名詞はスニーカーのロールスロイス。発売時の価格もその名にふさわしい39,000円。しかし無駄に値段が吊り上げられているわけではなく、コストに対するパフォーマンスは最高で、かの有名なラルフローレンが「雲の上を歩いている様だ」と絶賛したのはこのスニーカーです。

トレンドに左右されにくい洗練されたルックスは普遍的でありながらも絶対的な価値を保ち続け、レトロスニーカーの中でも1300シリーズは質の良い物を求める人から絶大な支持をえる至極の逸品です。

ニューバランスのスニーカー人気ランキング第3位【990シリーズ】
現在の価格はコチラ

スエードモデルもスムースレザーモデルも一足ずつ持っているという人が多発したスニーカーで合わせ易い、履き易い、歩き易いの三拍子そろったスニーカーだとアパレル関係の人を中心に人気です。

990シリーズはMade In U,S,AのNewBalance【ニューバランス】シリーズとしても有名でメガヒットを記録。スッキリしたシルエットに、ポップな配色が展開されているシリーズなのも人気の秘訣です。

最大の魅力はなんと言ってもそのスタイリングの美しさ、細身のスッとしたフォルムを持つ名品っぷりで、適度なボリュームを持つ576シリーズとは対照的に、スマートなスタイルにハマります。

VANS【バンズ】の定番スニーカー人気ランキング

サーフィン・ウェイクボード・スケートボード・スノーボード・BMX・FMXなど、様々なアクションスポーツと密接な関係にあり、業界をリードする起業であるVANS【バンズ】は。サブカルチャーのアイコン的存在として多くのファンから愛されるスニーカーブランドです。

レトロな風合いのバルカナイズド製法のソールを使用したスニーカーを中心に発表し、ハリウッドセレブやミュージックスターからも高い支持を獲得しています。

経済紙「Forbes」はVANS【バンズ】を「アメリカのベスト・スモール・カンパニー」と称しました。

>>VANS【バンズ】の歴史ついてはコチラ

バンズのスニーカー人気ランキング第1位【エラ】
現在の価格はコチラ

1977年の発売以来、スケーターやサーファーから愛され続けているローテクスニーカーの定番です。

後にスケートボード界のレジェンドとなるステイシー・ベラルタやトニー・アルバなど、当時のプロスケートボーダーによってデザインされた生粋のスケートボードスニーカーとして有名です。

非常にグリップ力のあるソールをバルカナイズド製法で仕上げる事で、非常にシンプルな見た目となり、現在も色褪せない素晴らしい完成度のスニーカーとして多くのファンを虜にしています。

ビンテージを思わせる風合いと、大人すぎないカジュアルさを持っているVANS【バンズ】のERA【エラ】DOG TOWN時代のZ-BOYSが履いていたコンビカラーなどは今でも定番中の定番として非常に人気です。

バンズのスニーカー人気ランキング第2位【スリッポン】
現在の価格はコチラ

スリップオン(スリッポン)スニーカーと言ったらVANS【バンズ】のSLIP-ON(スリッポン)そんなイメージすらあるくらいに世代を超えて愛され続ける人気のスニーカーとなっています。

すぐに履いてスケート出来るように作られた履き易さ、グリップ力、柔らかく馴染むソールなど、スケートする事にも十分耐えられる圧倒的な耐久性は、スリップオン(スリッポン)の最高傑作。

毎年発売される新しい柄やパターン等も非常に魅力的で、多くのファンを魅了し続けています。中でもチェッカーパターンのスリップオン(スリッポン)は定番中の定番柄で大人気となっています。

どんなシーンにも相性の良いVANS SLIP-ONですが、特に夏の服装との相性は抜群で、ハーフパンツなどのカジュアルな服装とあわせたりサーフファッションの組み合わせ等が流行しています。

そんなスリップオン(スリッポン)スニーカーは発売から30年近くたった今も不屈の名作として、様々なシーンで使われ続けている画期的なスニーカーなのです。

バンズのスニーカー人気ランキング第3位【オールド・スクール”ジャズ”】
現在の価格はコチラ

1978年にBMXライダーの為に作られたVANS【バンズ】の定番スニーカーOLD SKOOLは、通称”JAZZ”という愛称で親しまれる、サイドのサーフラインが特徴の名作スニーカーです。

当初はBMXライダー向けだった物が、驚く程スケートボーダーからの支持があったため、デッキテープとこすれる爪先部分に補強を入れる等、様々な改善がされて今の形に落ち着きました。

発売当初から変わらないディテールに多くのファンが居て殆どモデルチェンジしないスニーカーです。

シンプルでありながらボリューム感のあるデザインが非常に人気の高いOLD SKOOLは、カジュアルな服装なら大体フィットするという守備範囲の広さが非常に魅力的です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ナイキのスニーカー人気ランキング
ナイキ
人気ランキング
アディダスのスニーカー人気ランキング
アディダス
人気ランキング
リーボックのスニーカー人気ランキング
リーボック
人気ランキング
プーマのスニーカー人気ランキング
プーマ
人気ランキング
オニツカタイガーのスニーカー人気ランキング
オニツカタイガー
人気ランキング
コンバースのスニーカー人気ランキング
コンバース
人気ランキング
ニューバランスのスニーカー人気ランキング
ニューバランス
人気ランキング
バンズのスニーカー人気ランキング
バンズ
人気ランキング