基礎知識からブランド別の歴史や特徴まで
ピントルのスニーカー専門ページ

おすすめの記事はコチラ
ナイキのスニーカー人気ランキング
ナイキ
人気ランキング
アディダスのスニーカー人気ランキング
アディダス
人気ランキング
リーボックのスニーカー人気ランキング
リーボック
人気ランキング
コンバースのスニーカー人気ランキング
コンバース
人気ランキング
バンズのスニーカー人気ランキング
バンズ
人気ランキング

ナイキ・エアマックス(NIKE AIR MAX)の歴史

エアマックスの歴史

NIKE【ナイキ】が世に出した不屈の名作スニーカーと言えばAIR MAX【エア・マックス】です。

1987年に最新鋭のクッショニングシステム【AIR】を搭載して颯爽と現れたこのスニーカーは、瞬く間にスニーカーの頂点へと登り詰め、スニーカーバブルを引き起こした事で知られています。

そんなNIKE AIR MAX【ナイキ・エアマックス】の歴史を紹介していきます。

スポンサーリンク

不屈の名作スニーカーAIR MAX【エア・マックス】の歴史

エアマックスがナイキから初めて登場した1987年。そこから現代に至るまでエアマックスシリーズの歴史は脈々と続いており、いまなおナイキの主力ランニングスニーカーとして人気を獲得しています。

そんな不屈の名作といえるエアマックスを初代から紐解いていきましょう。

>>【決定版】スニーカーの人気ランキングはコチラ

伝説の始まりとも言えるエアマックス【AIR MAX 1 (1987年)】

エア・マックス1
現在の価格はコチラ

1987年に登場した記念すべき初代AIRMAXはビジブルエアと呼ばれる機構が特徴で、スニーカーのミッドソールにエアバッグを見る事が出来る窓が搭載された初のモデルです。

この窓は負荷がかかり変形したエアバッグの逃げ道として発案された作りとなっていて、機能とデザインを両立させたイノベーションブランドと言うべきNIKE【ナイキ】の名作です。

軽量化が図られた二代目エアマックス【AIR MAX LIGHT(1989年)】

AIR MAX LIGHT
現在の価格はコチラ

飛ぶように売れた初代AIR MAXにあった弱点を克服してベールを脱いだ二代目は、エアバッグを搭載するとどうしてもミッドソールが厚くなるため重量がかさむという悩みを、前方ソールにはファイロンフォーム、後方ソールはウレタンフォームと前後で素材を変え、インターロック・システムと呼ばれるテクノロジーで連結し解決した軽量スニーカーです。

ストリートに照準を絞った三代目エアマックス【AIR MAX 90 (1990年)】

AIR MAX 90
現在の価格はコチラ

90年代に大流行したビビッドな配色で装い新たに登場した三代目のAIR MAXは、ストリートファッションに照準を合わせた事で、今でも人気の高い名作スニーカーです。

機能面では、前作より更にエアの容量が拡大されたことで大幅にクッション性が向上しました。数々のアスリートやスニーカーコレクター達に愛され続けている人気モデルです。

社会現象となった大人気モデルエアマックス【AIR MAX 95(1995年)】

AIR-MAX-95-top
現在の価格はコチラ

その後コンスタントに毎年新型のAIR MAXを排出し続けるNIKE【ナイキ】が発表し、スニーカーバブルと言われる時代の立役者となった通称「イエローグラデ」は、ハイテクスニーカーブームの火付け役であり「エアマックス狩り」という言葉まで作ったAIR MAXの中でも最も知名度が高く、今でも多くのファンを魅了し続けるスニーカーです。

近未来的なデザインで人気を博したエアマックス【AIR MAX 97(1997年)】

AIR MAX 97
現在の価格はコチラ

爪先以外の部分全てにビジブル・エアを搭載した初のAIR MAXが登場し話題になりました。

この機構は「フルレングス・マキシマム・エア」と呼ばれ、そのSFチックなビジュアルから、通称「サイバーマックス」と呼ばれている人気モデルで、今でも何度か復刻されています。

このスニーカーのクッショニング性能は今までのAIR MAXを凌駕する完成度の高さです。

ミッドソールからフォームを排除したエアマックス【AIR MAX 360(2006年)】

AIR MAX 360
現在の価格はコチラ

長年の課題であった経年劣化によるエア漏れを防止する事で、ソール全面をエアバックにし、ミッドソールのフォーム素材を一切排除し衝撃的なデビューを果たしたスニーカーです。

このAIR MAXはエアバックの内部の圧力をメンズとレディースで変えて製造する事により、平均体重に合わせて最適なクッションが得られるように計算されています。

新たな時代を作るエアマックス【AIR MAX+2013(2013年)】

AIR MAX+2013
現在の価格はコチラ

AIR MAXの新しい時代を作る為に生まれたスニーカーはNIKE【ナイキ】の持てる技術を集結し、最先端のテクノロジーを搭載したイノベーションカンパニーとしての底力を見せつける逸品です。

アッパー部分にメッシュとシンセティックレザーを貼付ける特殊加工で圧倒的な軽さを実現し、更に"つり橋”からインスパイアされた「ダイナミック・フライ・ワイヤー」と呼ばれる技術は、シューレースを緩めると極限まで足を解放し、締めたときは抜群の安定感とフィット感を与える

最新のテクノロジーを搭載、もちろん最新の「360Airソールユニット」は今まで以上の衝吸性を持ち、さらに薄型フィルムを採用する事で軽量化も達成させたNIKE【ナイキ】渾身のスニーカーです

AIRが進化を作り出すエアマックス【AIR MAX 2014(2014年)】

AIR MAX 2014
現在の価格はコチラ

最強のクッショニングシステムを搭載した最新鋭のエアマックスシリーズは、フルレングスマックスエアーユニットにより、しなやかな屈曲性と衝撃吸収性能を両立し、足裏への体重負荷を均一にする、ナイキ往年の技術ともいえるワッフルソールを採用。

革靴のメダリオンからヒントを得たメッシュアッパーは足のムレを強力に改善し、最新のイノベーションを惜しむ事無く搭載した、エアマックスシリーズに相応しい性能と、この世で最も優れたスニーカーである事を誇示する完成度の高い逸品です。

NIKE AIR MAX【ナイキ・エアマックス】の魅力

1995年-1996年にかけてのスニーカーバブルから今。

ハイテクスニーカーブームやスニーカーバブルといわれAIR MAXに注目が集まっていたあの頃。

現在、AIR MAXというのはスニーカーフリーク達の為のスニーカーとして存在している印象があります。特に初代AIR MAXAIR MAX90においては、日本で大きなムーブメントが起きたわけではありません。

>>スニーカーの歴史について

しかし何故これほどまでに多くのファンを獲得し、現在の復刻版も安定したセールスが出ているかというと、やはりNIKE JAPANでの展開が少なく、海外での定期モデルですら魅力的に感じでしまう魔法があるのです。

また海外でも人気の高いモデルは、並行輸入の数も非常に少ないため、国内での流通が殆どありません。そうなると、喉から手が出る程欲しくなってしまうのが、スニーカーフリークの性といったところです。

>>ハイテクスニーカーについて詳しくはコチラ

当時のエアマックスムーブメントを振り返って。

1995年、大きな宣伝をする事も無く発売が開始されたスニーカー、それがAIR MAX 95です。しかしこのスニーカーは「誰も見た事の無いスニーカー」としてスニーカーショップに陳列されました。

その独特の雰囲気に魅了されたファンを中心に、日本中、世界中を巻き込むムーブメントとなって行きます。最高にファッショナブルなスニーカーは供給と需要に大きな差を生み、価値は異常な程の上昇を見せました。

不幸にも犯罪の中心となり「エアマックス狩り」という社会問題にまで発展するほどの狂気の渦の中へ。しかし供給が満たされるとともに、その波は静かに引いて行ったのです。

AIR MAXシリーズというのはどうしても「一大ムーブメント」として見られる印象が強いため、このシリーズのスニーカーを敬遠しがちな人も多い事は事実です。

しかしその当時というのは、誰もがハイテクスニーカーの行く末を想像して胸をときめかせ、いつかスニーカーで空を飛ぶ事が出来るのではないかと夢を膨らませたハズです。

そんな夢の詰まったスニーカーの代表格がこのAIR MAXというスニーカーなのです。

>>ナイキ【Nike】スニーカーの歴史と特徴について

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
ナイキのスニーカー人気ランキング
ナイキ
人気ランキング
アディダスのスニーカー人気ランキング
アディダス
人気ランキング
リーボックのスニーカー人気ランキング
リーボック
人気ランキング
コンバースのスニーカー人気ランキング
コンバース
人気ランキング
バンズのスニーカー人気ランキング
バンズ
人気ランキング