基礎知識からブランド別の歴史や特徴まで
ピントルのスニーカー専門ページ

ナイキのスニーカー人気ランキング
ナイキ
人気ランキング
アディダスのスニーカー人気ランキング
アディダス
人気ランキング
リーボックのスニーカー人気ランキング
リーボック
人気ランキング
プーマのスニーカー人気ランキング
プーマ
人気ランキング
オニツカタイガーのスニーカー人気ランキング
オニツカタイガー
人気ランキング
コンバースのスニーカー人気ランキング
コンバース
人気ランキング
ニューバランスのスニーカー人気ランキング
ニューバランス
人気ランキング
バンズのスニーカー人気ランキング
バンズ
人気ランキング
スポンサーリンク

アッパー?ミッドソール?スニーカーの構造について

スニーカーの構造

スニーカーの情報を見ていると、意外と知らない言葉が出てきます。

アッパー?ミッドソール?ライナー?など部位の名称がどこを指しているか解らず、とは言っても何故か知ったような顔をして話を進めてしまったり。今一度、スニーカーの各部名称とその役割を理解しましょう。

スポンサーリンク

スニーカーの各部名称と役割

スニーカーの各部名称

スニーカーというのは沢山のパーツが組み合わされて出来ています、そういったパーツにも個々に名前が存在しており、スニーカーショップ等での商品説明にも登場していますが、以外と名称を理解していない人も多く見受けられます。

画像はナイキのエアフォース1ローカットです。この画像に番号をつけてありますので、その順番に説明して行きます。

スニーカーの構造その①:アウトソール

スニーカーの靴底の事をアウトソールと言います。スニーカーの中で唯一、直接地面に触れる部分です。スニーカーの種類によってアウトソールの硬さが違い、それがグリップ感や安定感、耐摩耗性などに影響を与えます。

例えばウォーキング用スニーカーの場合、足の付け根部分のアウトソールが、ランニングスニーカー等と比べて硬く、また広めに出来ています。

これは歩行時の安定感を出す為に工夫された物です。

スニーカーの構造その②:ミッドソール

アウトソールとインソール(足裏)との間に入るパーツで、ソールの中間部分という表現が適切かと思います。

なんと言ってもスニーカーの衝撃吸収性や優れた履き心地は、このミッドソールのクッション性にあると言っても過言ではありません。

様々なスニーカーブランドが工夫を凝らしているパーツで、衝撃吸収剤ジェル系の素材が使われたり、ガスを充填したエアバックを搭載したりと、様々な技術が使われている、スニーカーのパーツで最もアツい部分です。

スニーカーの構造その③:アッパー

スニーカーのソール以外の部分の事をアッパーと言います。

つまりスニーカーというのは「アッパーとソール」によって作られているのです。スニーカーの顔とも言える部分で、スニーカーブランドの色が強く出ています。

通気性を良くする為にメッシュ素材を使用したり、耐久性を上げる為にスエードなどの皮革素材を使用したり、ハイテクスニーカーの中では、アッパーを空気で膨らませるといった、最新技術を搭載している物も存在します。

>>アッパーに使われる素材の種類はコチラ

スニーカーの構造その④:シューレース&ホール

シューレースとは靴紐の事です。ホールというのは靴紐を通す穴の事です。

シューレースというのは、ホール付近が最も切れ易くなります、そのためアッパーがホールを覆うようになっているモデルが存在したり、また、ホールがプラスチックパーツになっているモデルも存在します。

シューレースホールの作りや、シューレースの厚み等でフィット感がカナリ変わってきます。

そのため、アスリート用のスニーカーは様々な工夫が凝らされ、緩みにくいもの、または足を優しく包む物等、必要に応じて搭載されます。シューレースの代わりに、マジックテープ等のベルトが使われるスニーカーもあります。そういったスニーカーは「ベルクロモデル」などと呼ばれたりもします。

スニーカーの構造その⑤:タン

タンやベロと呼ばれる部分です。

スニーカーのブランドロゴ等が記載されている事が多く、ファッションを楽しむ人達は、タンを出すのか、出さないのかと考えたりしたはずです。

スニーカーにおけるタンの本来の役割は、足の甲に当たる部分にある程度可動できるスペースを作る事で、人によって違う足の形と、スニーカーの形を合わせられるようになっているのです。

タンが薄ければ薄い程、足がタイトに締め付けられピッタリとします。

もし、足の形とスニーカーの形が合っていなければ非常に痛みを感じますが、足とスニーカーがピッタリの場合、これ以上無いフィット感が感じられます。

タンが厚ければ厚い程、足はゆったりとサポートされます。

足の形とスニーカーの形が合わなくても痛みを感じにくくフィットしますが、激しい動き等を行うとスニーカーが脱げてしまう場合もあります。

スニーカーの構造その⑥:ライナー

ライナーは、スニーカーのアッパー部分の内側の事を言います。

内側部分まで本革で出来ているスニーカーもありますし、タオル生地等でライナーが作られたスニーカーもあります。

本革の場合は、しっとりと足を包み込むため足が中で動きにくく、非常に高いフィット感を得る事が出来ますが、汗は吸ってくれません。

タオル生地の場合は、足の汗を吸ってくれるため、サラッとした履き心地になります。

スニーカーの構造その⑦:ヒールカウンター

ヒールカウンターはスニーカーのヒール部分の形を整え、また、スニーカーに足を通した際に、地面と垂直に踵が上がるように支えてくれます。

ヒールカウンターがスニーカーの中で足を安定させてくれるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ナイキのスニーカー人気ランキング
ナイキ
人気ランキング
アディダスのスニーカー人気ランキング
アディダス
人気ランキング
リーボックのスニーカー人気ランキング
リーボック
人気ランキング
プーマのスニーカー人気ランキング
プーマ
人気ランキング
オニツカタイガーのスニーカー人気ランキング
オニツカタイガー
人気ランキング
コンバースのスニーカー人気ランキング
コンバース
人気ランキング
ニューバランスのスニーカー人気ランキング
ニューバランス
人気ランキング
バンズのスニーカー人気ランキング
バンズ
人気ランキング