着こなし方から選び方までご紹介
ピントルのワイシャツ専門ページ

>> よく読まれているページはコチラ <<
初心者におすすめのオーダーワイシャツまとめ
オーダーメイド
おすすめ
形状記憶ワイシャツのおすすめランキング
形状記憶
おすすめランキング
家庭で出来る正しいワイシャツのアイロン掛け方法
ワイシャツの上手な
アイロン掛け方法
正しいワイシャツのサイズの測り方と選び方
サイズ
測り方・選び方
自分に合ったワイシャツの上手な選び方
自分にあった
ワイシャツ選び
スポンサーリンク

ワイシャツに合わせたインナーの正しい選び方

ワイシャツに合わせたインナーの正しい選び方

あなたはワイシャツの下にインナー(肌着)を着ますか?世間ではインナーを着る派と着ない派に真っ二つに分かれます。マナー的にはワイシャツの下にインナーを着るのが正しいのか?どんなインナーを選べばよいかについてご紹介します。

スポンサーリンク

ワイシャツにインナーは必要?

ワイシャツにインナーは必要?

そもそもワイシャツにはインナーを着るべきなのでしょうか?マナー的な側面からと、周囲からの評価、特に女子ウケがどちらの方が良いのかについてご紹介します。

本来のマナー的にはインナーを着ないのが正解

結論から申し上げますと、マナー的にはワイシャツの下にインナー(肌着)を着ることはNGです。なぜなら、スーツ発祥の地ヨーロッパで生まれたワイシャツは、本来的には下着にカテゴライズされるアイテムだからです。

ワイシャツの下にインナーを着ることは、下着の下に下着を着ることになります。いわばパンツを2枚重ねて履いているような状態ですので、ヨーロッパ人的には「ありえない」という評価になります。

ですのでマナー的には、ワイシャツにインナーはNGとなります。

日本ではインナーを着た方が良い

しかし、日本ではワイシャツの下にインナーを着ている人の方が多数派であり、もはや当たり前になってきています。高温多湿の日本の夏では、ワイシャツ1枚だとすぐに汗で濡れてしまい、肌にワイシャツがくっついてしまいます。

自分が不快になるだけではなく、周囲の人にも不快な印象を与えてしまいます。ですので日本のマナーとしては、ワイシャツの下にインナーを着ることがマナーと認識されています。

情勢を対象とした「ワイシャツの下にインナーを着るべきか」を問うたアンケートでは、圧倒的に「インナーを着るべき」という結果が出ています。

インナーを着ていないと、お腹のボタンから毛が見えたり、乳首が透けたり、半袖のワイシャツを着ていると脇毛が見えたりと、相手に不快感を与えることが多いので注意が必要です。

ワイシャツの下に着るインナーの選び方

ワイシャツの下に着るインナーの選び方

日本ではワイシャツの下にインナーを着た方が良いのは前述した通りですが、インナーにも多くの種類があります。インナーの袖の長さや襟の形、色などです。そこでインナーを選ぶ上でのポイントをご紹介しますので、インナー選びの参考にしてみて下さい。

袖によるインナーの選び方

袖でインナーを分けると、以下の種類に大別されます。

  • 長袖
  • 半袖
  • ノースリーブ
  • タンクトップ

結論から申し上げると、半袖のインナーを選ぶのが最も無難です。もちろん冬は長袖でも構いませんが、ワイシャツの袖から絶対にはみ出さない長さを選ぶようご注意ください。

ワイシャツの色や柄によって多少違いますが、基本的にインナーが透けて見えるものと認識してください。ですので、いくら暑い夏でもタンクトップは透けて見えた時の印象が悪いので、ワイシャツの下に着るインナーとしては避けた方が良いです。

ノースリーブのインナーは基本的には問題ありませんが、夏場に脇汗をかきやすい人は、避けた方が良いです。ワイシャツの脇が濡れていると清潔な印象がなくなり、相手に不快感を与えることもあるので注意が必要です。

その点、半袖のインナーであれば透けても相手に不快な印象を与えることなく、夏場でも汗を吸ってくれるので快適に過ごすことが出来ます。

襟によるインナーの選び方

インナーの襟の形は大別すると、以下の種類に分けることが出来ます。

  • 丸首(クルーネック)
  • Vネック

クルーネックとは、丸首の襟のことであり一般的な襟の形です。Vネックとはその名の通り、襟がV字になっている物を指します。Vネックの中にはU字のUネックや、V字が深くなったディープVネックと呼ばれる種類のインナーもあります。

通常のワイシャツ・ネクタイ・スーツのスタイルであれば、どの襟のインナーを選んでも問題ありません。透けて見えた時にVネックの方がちょっとオシャレかな、という程度の違いです。

問題になるのは、クールビズ期間です。日本の夏に定着して久しいクールビズ期間は多くの会社でノーネクタイとなり、ワイシャツの第一ボタンを外すスタイルとなります。

第一ボタンを外した時に襟からインナーが見えることは、非常にダサいです。ダサいだけではなく清潔感や身だしなみの点からも評価が低く、絶対に避けるべきポイントです。

ですので、インナーを選ぶときは基本的にはVネックを選ぶことをおすすめします。

インナーの色の選び方

インナーは前述した通りワイシャツから透けて見えることが多いです。ですので透けやすい黒や原色の派手な色は絶対に避けるべきです。インナーの色は基本的には「白」です。

清潔感や常識の観点からもインナーの色の第一選択は白です。ただ、白だと肌着の印象が強くて嫌だという人は、薄いグレーでも問題ありません。

また、最近ではワイシャツから透けにくい肌色のインナーも非常に人気が高いです。肌色のインナーはパッと見ではワイシャツの下にインナーを着ているか分からない程に透けません。

ワイシャツからインナーが透けているのは、基本的には見えない方が良いので、おすすめのインナーです。フォーマルな場面やヨーロッパの人と会う必要があるときなど、インナーを着ない方が良い場面もあります。そんな時に肌色のインナーがあれば着ていても外からは分かりません。一つは持っていて欲しいインナーです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれているページはコチラ <<
初心者におすすめのオーダーワイシャツまとめ
オーダーメイド
おすすめ
形状記憶ワイシャツのおすすめランキング
形状記憶
おすすめランキング
家庭で出来る正しいワイシャツのアイロン掛け方法
ワイシャツの上手な
アイロン掛け方法
正しいワイシャツのサイズの測り方と選び方
サイズ
測り方・選び方
自分に合ったワイシャツの上手な選び方
自分にあった
ワイシャツ選び