着こなし方から選び方までご紹介
ピントルのワイシャツ専門ページ

>> よく読まれているページはコチラ <<
初心者におすすめのオーダーワイシャツまとめ
オーダーメイド
おすすめ
形状記憶ワイシャツのおすすめランキング
形状記憶
おすすめランキング
家庭で出来る正しいワイシャツのアイロン掛け方法
ワイシャツの上手な
アイロン掛け方法
正しいワイシャツのサイズの測り方と選び方
サイズ
測り方・選び方
自分に合ったワイシャツの上手な選び方
自分にあった
ワイシャツ選び
スポンサーリンク

半袖ワイシャツの正しい選び方

半袖ワイシャツの正しい選び方

クールビズが定着して久しい昨今では、半袖ワイシャツのビジネスマンを見かけることも多くなりました。長袖よりも涼しく快適に過ごせるので仕事の効率が上がると人気の高いワイシャツです。しかし、「マナー違反」「ダサい」といった声も少なくありません。そこで半袖ワイシャツはビジネス着ても良いのか?どんな半袖ワイシャツを選べばよいのか?についてご説明します。

スポンサーリンク

半袖ワイシャツはアリ?ナシ?

半袖ワイシャツはアリ?ナシ?

クールビズが定着した昨今、オフィスや電車でよく見かけるようになった半袖ワイシャツ。日本の高温多湿に適した涼しいワイシャツであると高い人気を誇ります。

しかし一方で、「半袖ワイシャツはダサい」「半袖ワイシャツはマナー違反だ」という声も小さくはありません。特に女性受けが悪く、半袖ワイシャツを切るくらいならワイシャツを腕まくりすればいいのにという意見もあります。

では実際には、半袖ワイシャツはビジネスで着ても良いのか疑問に思われると思います。半袖ワイシャツがアリなのかナシなのかについてご説明します。

半袖ワイシャツはヨーロッパではありえない?

スーツ発祥の地であるヨーロッパ諸国では、ジャケットの下に着るワイシャツは基本的には長袖です。ヨーロッパではビジネス時のワイシャツに半袖という選択はありえません。

半袖のワイシャツを着ているのは、実は日本などのアジア圏とアメリカだけです。そもそも半袖ワイシャツは、高温多湿の日本かアメリカで機能性を重視して作られたワイシャツなのです。

一説には、オイルショック時の日本で政府が打ち出した「省エネスーツ」という意味不明な半袖半パンのスーツに合わせるために開発されたとも言われています。

ヨーロッパではワイシャツの中に肌着を着ることもありません。なぜならワイシャツはそのルーツから下着という扱いだからです。もちろん日本の高温多湿とは違い夏でも過ごしやすい気候ということが影響していますが、夏でもジャケットを着て仕事をしています。

極論すれば、ヨーロッパの人の感覚では半袖ワイシャツで仕事をするのは、通常よりも面積の少ない下着だけで仕事をしているのと変わらないのです。

しかし日本ではワイシャツ=下着という意識は少なく、半袖ワイシャツともなるとインナーを着るのが定番になっていますから、インナーの選び方についても覚えておくと良いでしょう。

>>ワイシャツのインナー選びについてはコチラ

半袖ワイシャツはマナー違反?

来客時や訪問時はもちろん、会議や打ち合わせにはクールビズ期間でもジャケットを着るのがマナーです。半袖ワイシャツを着ていてもジャケットを羽織れば分からないから良いと言うわけではありません。

半袖のワイシャツをスーツの下に着ることはマナー違反とされています。スーツの袖口からワイシャツが見えないのは不自然であり、会議や商談時などの正式な場では避けた方が良いでしょう。

半袖ワイシャツは、半袖のスーツを着ているのと変わらない評価になります。会社全体の取り組みとして、社内の会議の場でも半袖ワイシャツを許容していれば問題ないですが、社外の人と会う時は絶対に避けて下さい

>>クールビズにおけるワイシャツ選びはコチラ

半袖ワイシャツの正しい選び方

半袖ワイシャツの正しい選び方

社内のドレスコード的に半袖ワイシャツが許容されていれば、ビジネス時に半袖ワイシャツを着ても問題ありません。ただし、社外の人と会う時は避けた方が無難です。

半袖ワイシャツが社内で許容されている場合は、長袖のワイシャツと比較すると非常に涼しくて快適な半袖ワイシャツは仕事の効率アップにもつながるので、積極的に着たいところです。

しかし、女性受けが悪く「ダサい」という評価になりやすい半袖ワイシャツですから、どのような選び方をすればスタイリッシュで悪い評価を払しょくできるのかをご紹介しますので、クールビズの定番である半袖ワイシャツ選びの参考にしてみて下さい。

ボタンダウンが無難

半袖ワイシャツはクールビズ用に作られたものですので、ノーネクタイで着るのがマナーです。ですので、半袖ワイシャツを選ぶときに基本となるのが「ボタンダウン」の半袖ワイシャツです。

ボタンダウンのワイシャツはノーネクタイが一般的ですので、半袖シャツとの相性が非常に良いのでおすすめです。

>>ボタンダウンとは?という人は襟の種類を覚えましょう

半袖ワイシャツのサイズ感

ワイシャツを選ぶ上で最も重要と言っても過言では無い「サイズ感」。中高年のサラリーマンによく見られるのが、ゆったりとした大きいサイズの半袖ワイシャツです。

半袖ワイシャツでは、サイズ感が合ってないと非常にダサくなりますので注意が必要です。また、安価な半袖ワイシャツは、長袖ワイシャツの型紙を流用したものが多く、袖口が不自然なほど大きいデザインが多いのでご注意ください。

通常は半袖と長袖のワイシャツは異なる型紙を使用しますが、安いものは長袖のワイシャツの型紙を流用してコストを下げているケースも見受けられますので注意が必要です。

また、よりスリムな着こなしをしたいのであれば、「ダーツ」と呼ばれるツマミ縫いが背中に入っているワイシャツがおすすめです。ワイシャツ選びはジャストサイズが基本であり、特に半袖ワイシャツはサイズ感を間違えると途端にダサくなります。

半袖ワイシャツの色の選び方

半袖ワイシャツの色を選ぶ際は、黄色やピンクなどの淡い膨張色の無地は避けるようにした方が無難です。これらの色の半袖ワイシャツとスラックスの組み合わせだと、スタイリッシュとはかけ離れたぼやけた印象になりやすいのでご注意ください。

半袖ワイシャツはクールビス用ですので、ノーネクタイでありジャケットも着用しません。身に着けるのは半袖ワイシャツ・スラックス・革靴・ベルトのみですので、ネクタイやカフスを使った着こなしが出来ません

ワイシャツが与える印象は、長袖の時よりもより大きな比重を占めます。ですので淡い膨張色の無地では印象がぼやけてしまうので避けるようにした方が無難です。

半袖ワイシャツはズボンも重要

同様に、半袖ワイシャツを着るならスラックスにも気を使う必要があります。おすすめは、股上の浅いスラックスです。

股上の浅いスラックスは、ウエスト周りをすっきりとした印象に見せることが出来ます。さらに、ノータックのスラックスにすればさらにすっきりとした印象が強くなるのでおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれているページはコチラ <<
初心者におすすめのオーダーワイシャツまとめ
オーダーメイド
おすすめ
形状記憶ワイシャツのおすすめランキング
形状記憶
おすすめランキング
家庭で出来る正しいワイシャツのアイロン掛け方法
ワイシャツの上手な
アイロン掛け方法
正しいワイシャツのサイズの測り方と選び方
サイズ
測り方・選び方
自分に合ったワイシャツの上手な選び方
自分にあった
ワイシャツ選び