着こなし方から選び方までご紹介
ピントルのワイシャツ専門ページ

>> よく読まれているページはコチラ <<
初心者におすすめのオーダーワイシャツまとめ
オーダーメイド
おすすめ
形状記憶ワイシャツのおすすめランキング
形状記憶
おすすめランキング
家庭で出来る正しいワイシャツのアイロン掛け方法
ワイシャツの上手な
アイロン掛け方法
正しいワイシャツのサイズの測り方と選び方
サイズ
測り方・選び方
自分に合ったワイシャツの上手な選び方
自分にあった
ワイシャツ選び

就活で失敗しないワイシャツの正しい選び方

就活で失敗しないワイシャツの正しい選び方

誰もが通る社会人への入り口「就活」。これまで着る機会の少なかったスーツに身を包み、内定を得るために何度も企業説明会や面接に足を運ばなければなりません。服装や身だしなみは面接官が必ずチェックするポイントです。面接官がチェックする身だしなみのポイントと、就活で不利にならないワイシャツ選びのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

就活で着るワイシャツ選びのポイント

就活で着るワイシャツ選びのポイント

就活は誰もが通る社会人への入り口です。企業のどの面接官や人事担当者も服装やマナーを選考基準として厳しくチェックしています。就活に向けて誰もがリクルートスーツに身を包んで面接に向かっていますが、ワイシャツがおろそかになっている就活生が毎年後を絶ちません。

ワイシャツはスーツスタイルの要ともいえる存在であり、印象を大きく左右する要素です。男性が就活用のワイシャツを選ぶ際に押さえておきたいポイントと、面接官や人事担当者に見られるポイントをご紹介します。

面接官や人事担当者の注目ポイント

どの企業の面接官や人事担当者もチェックしているポイントがあります。それは就活生の「清潔感」と「常識」です。ここに男女の差はありませんし、いくら学歴があっても、いくら採用試験の成績が優秀でも、この2点が著しく劣っている場合は内定を得ることはないでしょう。

スーツやワイシャツのビジネスマナーは守られているか?ワイシャツのボタンは締められているか?ネクタイ・靴は汚れていないか?など厳しくチェックされていると思ってください。特に注意深くチェックされるのがワイシャツです。

就活で着るワイシャツの色は?

では、どのようなワイシャツを選べばよいかについてご説明します。まずはワイシャツの色についてです。結論から申し上げると、就活用のワイシャツの色は「白」一択です。

面接は正式な場ですので、フォーマル基準で考えると「白」と「サックスブルー(薄い青)」は着てもマナー的には問題ありません。しかし就活で着るワイシャツは「白」という暗黙の了解が面接官にある場合が多く、「白」以外のワイシャツで面接に臨むことはリスクが大きいです。

オシャレは入社してからいくらでも出来ますので、就活中は必要ありません。いかに面接官や人事担当者から高評価を得るかということが重要です。白以外のワイシャツでは悪目立ちしますので、絶対に避けるべきです。

就活で着るワイシャツの種類は?

ワイシャツには色だけではなく、襟に形によって多くの種類があります。就活のワイシャツ選びにおいて、「白ければ良い」と考えて就活にそぐわない種類のワイシャツを着ている就活生が毎年多くいます。

ボタンダウンのワイシャツが良い例です。ボタンダウンのワイシャツはそもそもポロ競技用に開発されたスポーティでカジュアルなワイシャツであり、ノーネクタイ用のワイシャツです。にも拘わらず、面接という正式な場面でネクタイを締めてボタンダウンのワイシャツを着ることはマナー違反と判断されかねません。

>>ワイシャツの襟の種類はコチラ

では、どのような種類のワイシャツを選べばよいかについてご説明します。基本的には以下の3種類から選べば問題ありません

  • レギュラーカラー
  • ワイドカラー
  • ショートポイントカラー

もっとも就活において無難なのはレギュラーカラーですが、体型のバランスと合わせて印象を良くするにはワイドカラーやショートポイントカラーも使えますので、それらの特徴と就活での使い方を紹介していきます。

レギュラーカラーのワイシャツ

レギュラーカラーのワイシャツが最も無難です。レギュラーカラーは最もポピュラーなワイシャツであり、どんなスーツにも合う基本のワイシャツです。就活中は何枚もワイシャツを用意していると思いますが、必ずレギュラーカラーワイシャツは持っておきましょう。

金融機関や公官庁などの固い仕事の就活には、レギュラーカラーワイシャツで臨むようにしましょう。

ワイドカラーのワイシャツ

ワイドカラーのワイシャツとは、左右の襟の開きが広い種類のワイシャツです。首が太めのがっちりとした体形の人におすすめです。もちろんレギュラーからのワイシャツでも良いですが、体と襟のバランスが悪いと印象が良くないので、体の大きい人はワイドカラーで襟にボリュームを出した方がスマートな印象を得やすいです。

もちろん就活でワイドカラーのワイシャツを着ても、マナー違反に当たりませんのでご安心ください。

ショートポイントカラーのワイシャツ

ワイドカラーとは逆に、襟が短くて開きが小さい種類のワイシャツをショートポイントカラーと言います。ショートポイントカラーのワイシャツは、スリムな体型の人に似合います。理由は同様に、体と襟のバランスによるものです。

Vゾーンがコンパクトに見えるので、体系とマッチすればより印象が良くなります。もちろん就活でショートポイントカラーのワイシャツを着てもマナー違反には当たりませんのでご安心ください。

就活で着るワイシャツの柄

最後に、就活できるワイシャツの柄についてです。ここまでご説明しましたのでもうお気付きかと思いますが、ワイシャツは「無地」を選んでください。面接官や人事担当者はあなたの「清潔感」と「常識」をチェックしており、オシャレさは求められていません。

下手にオシャレなストライプなどの柄物を選んで悪目立ちするよりも、無地で清潔感や常識をアピールしたほうが良いに決まっています。オシャレは入社後にいくらでも楽しめます。

無地以外であれば、近づいてみなければ分からないレベルの織り込み柄なら許容範囲です。

>>ワイシャツの柄について詳しくはコチラ

また、当たり前ですが清潔感に直結しますのでスーツやワイシャツの洗濯やアイロン、クリーニングは欠かさずに行ってください。汚れやシミなどは大きく印象を損ないますので注意が必要です。同様に、いくら暑い夏でも半袖のワイシャツはマナー違反ですので絶対に避けるようにして下さい。

また、ワイシャツのサイズ感も印象を大きく左右しますので、サイズ選びは間違えないようにして下さい。詳しく説明したページがありますので興味のある方は覗いてみて下さい。

>>正しいワイシャツのサイズの測り方と選び方

就職活動はとても大変で、心理的にも大きな負担になることもあります。でも終わってみるといい思い出になることも多いですよ。志望している会社に入れるように頑張ってください!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれているページはコチラ <<
初心者におすすめのオーダーワイシャツまとめ
オーダーメイド
おすすめ
形状記憶ワイシャツのおすすめランキング
形状記憶
おすすめランキング
家庭で出来る正しいワイシャツのアイロン掛け方法
ワイシャツの上手な
アイロン掛け方法
正しいワイシャツのサイズの測り方と選び方
サイズ
測り方・選び方
自分に合ったワイシャツの上手な選び方
自分にあった
ワイシャツ選び