スーツスタイルのおしゃれを極める
ピントルのネクタイ専門ページ

色や柄で選ぶ!おしゃれなネクタイの選び方

おしゃれなネクタイの選び方

男性にとってネクタイは、ビジネスにおいて欠かせないアイテムであると同時に、おしゃれに使えるアイテムとしても重要であると言えるでしょう。

そこでネクタイをおしゃれに使いこなすための選び方のコツや、色や柄によるコーディネートのコツを紹介していきます。

スポンサーリンク

おしゃれにネクタイを選ぶコーディネートのコツ

おしゃれ①ネクタイとシャツを同色系でまとめる

皆さんはネクタイの色をどのような基準で決めているでしょうか。多くの方は、好きな色や、その色が持つ特性(青は爽やかなど)によって決めていませんか?確かにそういった決め方もあるかもしれませんが、全体感を大切にしてみましょう。

そこで重要となってくるのは、シャツの色との組み合わせです。あなたは普段どのような色のシャツを着ているでしょうか。ここで最も簡単な色の選び方は、シャツと同色系の色にまとめる方法です。

水色のシャツであれば青系、などといった色選びをすると失敗がありません。反対色はもちろんおしゃれなのですが、どちらかというと上級者向きと言えるでしょう。

おしゃれ②ネクタイと含めた全体を3色以内にする

色使いを考えたネクタイ選びをする上で、同色系を使う以外にも重要なのが、シャツとネクタイを合わせて色の合計が3色以内になることです。

この色が合計で4色以上になってしまうと、どうしてもうるさいイメージになってしまいがちで、おしゃれというよりも、雑な色使いに見えてしまいます。

色の数を抑えることによって、全体のバランスを整えまとまりが出るので、使う色の数について気をつけてみるとよいでしょう。

またこの場合の色数というのは、同色系の場合は同じ色とカウントしてもよいのですが、濃淡を強くつける場合には、二つの色と認識する方がよいでしょう。

おしゃれ③柄物ネクタイはアクセントに使う

柄物のネクタイは派手な印象があり、使い方が難しいと思われがちですが、アクセントとして使うと、どなたにでも取り入れやすいアイテムとなります。最も簡単なのは白シャツに柄物のネクタイを合わせる方法です。

シンプルなストライプに合わせるのもよいでしょう。シャツが濃い目の色の場合など、シャツ自体が強く主張する場合には、柄物のネクタイは合わせにくくなってしまうので注意が必要と言えます。

シャツとの合わせ方が重要になってくるので注意しましょう。

ネクタイの色や柄の性質を理解しておしゃれに着こなす

おしゃれポイント①ネクタイの色が与える印象

ネクタイには様々な色があり、どんな色を選ぶかによって与える印象が異なります。ご自身の好みの色がある方は、それがどんなおしゃれにどんな効果があるかを確かめておきましょう。

色の濃淡は、異なる色でも揃えていった方がおしゃれに見えるので注意しておきましょう。薄い水色と濃い赤などだと、どうしても統一感がなく、バラバラに見えてしまいがちとなります。それを踏まえた上で自分が好きな色をおしゃれに使っていくようにしましょう。

色が与える印象について簡単に紹介しておくと、赤系はエネルギッシュでアクティブなイメージで活発な印象、青系は、知的で冷静、爽やかな印象となります。黄色系に関しては、軽やかで軽快、楽しい雰囲気をつくります。

茶系は落ち着きと信頼感を与え、自然と調和する温かなイメージ、黒系は神秘的でクールな印象を作りやすいと言えるでしょう。

>>ネクタイの色が与える印象について詳しくはコチラの記事

おしゃれポイント②ネクタイの柄が与える印象

ネクタイを選ぶ時に色だけで選ぶという方はほとんどいないはずです。かならずその基準となるものには、ネクタイの柄があります。ネクタイでよく用いられる柄にはそれぞれ与える印象があるのでチェックしておきましょう。

まず多いのがストライプですが、こちらは若さやフレッシュな印象を作ります。新人や就活生がよく選ぶ柄ですが、そうでない方ももちろん使える柄です。

続いてドット柄、いわゆる水玉模様と言われるものですが、こちらは涼しげな印象を与えるので暑い季節によく使われる柄です。

さらにチェック柄のネクタイもあります。こちらはどんな方でも使いやすい柄と言えますが、種類によっては組み合わせが難しくなるので注意が必要と言えるでしょう。

最後は無地、ソリッドと呼ばれるものです。こちらはどんな方でもまず間違いなく似合う上に、シャツとの相性も抜群なので、迷った時にはソリッドという考え方でも良いでしょう。しかしソリッドばかりだと、どうしてもおしゃれな印象ではなくなってしまうとも言えます。

>>ネクタイの柄が与える印象をもっと詳しく知りたい方はコチラの記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク