スーツスタイルのおしゃれを極める
ピントルのネクタイ専門ページ

基本から応用まで様々なネクタイの結び方

様々なネクタイの結び方

これを読む方には、ネクタイを使うのはほとんど毎日という方から、これからそうなるという方までいらっしゃるかと思いますが、そのネクタイには、実に様々な結び方というものが存在しています。

ここでは、基本から応用までの様々なネクタイの結び方について紹介していきます。

スポンサーリンク

基本的なネクタイの結び方

ネクタイの結び方①プレーンノット

プレーンノット

ネクタイの結び方の中でも、最も基本的なネクタイの結び方と言えます。最初に覚えたネクタイの結び方がプレーンノットだったという方も多いでしょう。

ネクタイの結び方の中でも最も簡単な部類に入る上に、外す際にもネクタイを傷めにくい点が支持されています。

ふっくらと柔らかく結ぶのがキレイに見せるコツと言えるでしょう。

>>プレーンノットの結び方動画はコチラ

ネクタイの結び方②ダブルノット

ダブルノット

プレーンノットに若干のボリューム感を加えたのがダブルノットです。

縦長のシルエットになりやすいので、ボタンダウンのシャツによく合います。綺麗な三角形を作りたい人には不向きと言えるでしょう。

きつめに締めすぎるとプレーンノットのようになるので、違いを作るためには、ゆったり目に結ぶようにすると良いでしょう。

>>ダブルノットの結び方動画はコチラ

ネクタイの結び方③スモールノット

スモールノット

その名の通り、結び目が非常にコンパクトに仕上がるのが特徴です。

通常ネクタイは、大剣側を動かして結ぶ場合がほとんどですが、これは小剣を動かして結んでいくので小ぶりな仕上がりとなります。

プレーンノットでもボリュームが出過ぎると感じる方には、とてもおすすめできるネクタイの結び方となっています。

>>スモールノットの結び方動画はコチラ

覚えておきたい応用系のネクタイの結び方

ネクタイの結び方応用編①ウィンザーノット

ウィンザーノット

ネクタイの結び方の中でも、最も正三角形を作りやすい部類の結び方です。

大きな三角形になりやすく、長めのネクタイも綺麗に結ぶことが出来るでしょう。イギリスのウィンザー公が考えた結び方であることが名前の由来となっています。

しっかりとネクタイを結ぶことで立体感のある綺麗な三角形を作ることができるので、首元を綺麗にみせることができるネクタイの結び方と言えるでしょう。

>>ウィンザーノットの結び方動画はコチラ

ネクタイの結び方応用編②セミウィンザーノット

セミウィンザーノット

ウィンザーノットほどボリュームは出ませんが、ウィンザーノットと同様に、綺麗な正三角形を作ることができるネクタイの結び方です。

大剣を二回掛けせずに一回にすることによってボリュームを抑えます。仕上がりが自然な上に三角形も綺麗にできるという特徴をもっています。

ナロータイを細長い結び目にしたくない時に便利な巻き方と言えるでしょう。

>>セミウィンザーノットの結び方動画はコチラ

スポンサーリンク

おしゃれな個性派ネクタイの結び方

おしゃれなネクタイの結び方①クロスノット

クロスノット

スモールノットの結び方と同様に、小剣を使って結んでいきます。出来上がりは、小剣がクロスした状態のノットが出来上がることが特徴です。

普段のネクタイの結び方によってできる結び目とは違うので、ドレスアップした雰囲気や特別な雰囲気を作るのに最適でしょう。

特に、ネクタイの柄がストライプなどの場合には非常に引き立つネクタイの結び方です。

>>クロスノットの結び方動画はコチラ

おしゃれなネクタイの結び方②ブラインドフォールドノット

ブラインドフォールドノット

出来上がりにノット部分がうまれない非常に特殊なネクタイの結び方です。一見すると、まったく結ばれてないような仕上がりになるのが特徴です。

アスコットタイのような仕上がりとなるので、太めのネクタイだと存在感がでます。フォーマルなシーンで使いやすく、シルバー系のネクタイに良く合います。出来るようになっておくと良いネクタイの結び方と言えるでしょう。

>>ブラインドフォールドノットの結び方動画はコチラ

おしゃれなネクタイの結び方③ノンノット

ノンノット

ノットの左右に結び目ができる特殊なネクタイの結び方です。パーティーシーンなどで活躍するオシャレな結び方と言えるでしょう。

一見すると、通常のネクタイを裏返しにしたような出来上がりなので、結婚式の二次会などでも非常に重宝するネクタイの結び方と言えるでしょう。

左右の二つの三角形を綺麗にみせるように強く締めすぎないことがポイントです。

>>ノンノットの結び方動画はコチラ

おしゃれなネクタイの結び方④エルドリッジノット

エルドリッジノット

ノンノットと同様に、パーティーシーンで使えるのがこのエルドリッジノットです。かなり特殊な出来上がりになるネクタイの結び方と言えるでしょう。

出来上がりは、他の人から「どうやってるの!?」と言われること間違いなしです。他人と差をつけるにはかなりおすすめのネクタイの結び方です。話のネタにも出来るので是非覚えておきましょう。

>>エルドリッジノットの結び方動画はコチラ

おしゃれなネクタイの結び方⑤トリニティーノット

トリニティーノット

結び目を目立たせるネクタイの結び方と言えばこのトリニティーノットです。一見すると、どうやって結んでいるのかわからない不思議な形の出来上がりです。

縦にラインの入った柄のネクタイを選ぶと非常に引き立ちます。逆にストライプ柄にしてしまうと、結び目がゴチャゴチャになってしまいきれいに見えません。縦のラインか、ソリッド系のネクタイを選ぶと良いでしょう。

>>トリニティーノットの結び方動画はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク