スーツスタイルのおしゃれを極める
ピントルのネクタイ専門ページ

スポンサーリンク

恥かく前に!ネクタイピンを付ける正しい位置について

タイピンを付ける正しい位置

ネクタイを止める道具であるネクタイピン、変な位置に付けてると笑われたりしますよ?ネクタイピンはココに付けなさい!って規則はありませんが、一般的に定着してはいます。

そこで今回は恥かく前に、ネクタイピンを付ける正しい位置について紹介していきます。

スポンサーリンク

服装に合わせてネクタイピンを付ける位置は変化する

プレゼントさせることも多いネクタイですが、一緒にネクタイピンが付いている事も。

または自分でネクタイピンを買ってみたはいいけど、どこの位置につけるのが正解なのか、けっこう迷ってしまっている人も多いので正しい位置を紹介したいとおもいますが、まずネクタイピンというのは、着ている服装に応じて位置が若干変化します。

それはネクタイピンがネクタイを止める道具でありながらも、お洒落をアピールできる小物としても存在しているからです。

>>【最新】おすすめネクタイピン人気ランキング

>>今年注目のネクタイピン人気ブランドまとめ

>>プレゼントにおすすめなネクタイピンの選び方

ジャケットを着ているときのネクタイピンの位置

スーツ姿での出勤時や、営業周りをしているビジネスマンはジャケットを着るでしょう、もちろん普段のファッションでもネクタイを使用してジャケットを羽織る人も居ます。

そういった場面でのネクタイピンは「ジャケットの第1ボタンから少し見える位置」です。

一般的にはワイシャツの第4ボタンのすぐ上当たりにタイピンが位置すると思いますが、すると、ジャケットからチラっとタイピンがのぞくように見えて上品です。

シャツで過ごすときのネクタイピンの位置

事務仕事や、社内で多く過ごす人、またはモードファッションでネクタイを使用して、ジャケットは使用しない場面だとネクタイが動き易いためネクタイピンが便利です。

そんなシャツだけで過ごすときは「シャツの第4ボタンと第5ボタンの間の位置」に、ネクタイピンでネクタイを止める事で、見た目がスッキリしてお洒落なだけでなく、しゃがんだ時にネクタイがブラブラする現象も抑えられるのがポイントです。

パーティーの時のネクタイピンの位置

結婚式やパーティーなどの華やかなシーンでタイピンを付ける時があれば、「ワイシャツの第三ボタンのすぐ下の位置」につけることでアピールする事も出来ます、近年では多く見られるタイピンの位置で、つまり流行中であると言えるでしょう。

しかしタイピンのデザインによっては軽い印象をあたえる恐れもあるため、ビジネスシーンなどではこの位置につけないように注意する必要があります。

ネクタイピンを付けるのが恥ずかしい人は

ネクタイを付けて仕事していたりすれば、ネクタイがブラブラしてイライラする事も。しかしネクタイピンはなんだか恥ずかしくて付けたくないと思っている人も居ます。

ネクタイピンは便利だけど、色気づいてるみたいで付けたくない!なんて、そんな人の為に、ネクタイピンを付けているのがバレない位置を紹介します。

ネクタイの小剣をネクタイピンで挟んで隠す方法

ネクタイピンを付けている事がバレない方法というのはとっても簡単。いつも通りネクタイを結んで、小剣を大剣の通し穴を通過させた後、ネクタイの小剣の先端付近とシャツをネクタイピンで挟めば良いのです。

すればネクタイが無駄にブラブラする事はありませんし、ネクタイピンが露骨にアピールしてしまう事もありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク