スーツスタイルのおしゃれを極める
ピントルのネクタイ専門ページ

スポンサーリンク

お洒落に見えるネクタイの適切な長さとは?

ネクタイの適切な長さとは?

ネクタイを締める日常的に使用する多くの方にとって重要な点、それはどのようなデザインのネクタイを選ぶか、もしくはネクタイの結び方でしょう。

しかしそれ以外にも気にするべき点、それがネクタイの長さではないでしょうか。ここではお洒落に見えるネクタイの長さについて紹介していきます。

スポンサーリンク

ネクタイがお洒落に見える長さとは

ネクタイの長さの理想はベルトのバックルにかかる程度

ネクタイをする上で、どんなネクタイを選ぶかという点や、どのような結び方をするのかということについてはもちろん重要ですが、ネクタイを結んだ時の長さについても気にしてみましょう。

一体ネクタイの長さはどれくらいにするのが理想なのでしょうか。それはベルトのバックル部分にネクタイの大剣が半分程度かかる程度です。

もちろんネクタイの素材や、スーツの着こなし方によりますが、基本となるネクタイの長さはベルトのバックルの半分程度と覚えておきましょう。

最近ではクールビズなどが一般的になったことによって、一年を通してネクタイを使用するという方は減ったと言えるでしょう。

しかし、それでも男性のビジネスマン、特に営業職の方などにとって、やはりネクタイというのは必須アイテムであり、その人の印象を決める非常に重要なポイントであるとも言えます。ネクタイの長さも不自然にならないように注意しましょう。

ネクタイが長さが合わないとどのように見えるのか

バランスの悪いネクタイの長さというのは、見ている人に対して一体どのような印象を与えてしまうのでしょうか。

まずはネクタイの長さが長すぎる場合ですが、非常にだらしない印象を与えてしまうことになります。スーツに着られているという雰囲気になってしまい、頼りない、仕事ができないという印象を持たれてしまうでしょう。

反対にネクタイが短すぎるとどうでしょうか。

この場合には、お腹の部分が強調されてしまい、少しでもお腹が出ている人にとっては太っている印象を与えます。

人によってはビール腹に見えてしまうので注意しましょう。このように、ネクタイの長さ一つでその人の印象すら決めてしまうので、しっかりと全身が映る鏡を見てバランスを整えつつ、ベルトのバックルを意識しながら長さを調整しましょう。

>>基本から応用まで様々なネクタイの結び方

>>ネクタイの上手なディンプル(えくぼ)の作り方

>>恥かく前に!ネクタイピンを付ける正しい位置について

お洒落に見えるネクタイそのもの長さについて

適切な長さのネクタイの選び方

ネクタイを結んだ際の適切な長さについては、ある程度理解していただけたかと思いますが、ネクタイ自体の長さについても少し考えてみましょう。

後述しますが、ネクタイの結んだ際の長さはある程度調節ができます。しかし、ご自身の身長を基準とした長さのネクタイを選ぶことによって、オーソドックスな結び方によって適切な長さにしやすくなります。

まず気を付けなくてはならないのは、長すぎるネクタイです。この場合ダブルノットなどの何度かネクタイをまわす結び方をしなければならず、一定以上の長さになると、それ以上短く出来なくなってしまいます。その長さは、おおよそ自分の身長からマイナス15センチ程度と覚えておきましょう。

これよりも長いネクタイになると調節が難しいので注意しましょう。

ネクタイの長さを調節するテクニック

ネクタイを結んだ際の長さを調節するやり方はいくつかありますが、まずは結び始める前に長さを調節する方法です。多くのネクタイは結び始めの位置に印が付いているものが多いので、そこを基準に結んでみます。

そこから調節していく方法が最もオーソドックスでしょう。続いては結び方による調節方法です。

ダブルノットなどの方法でネクタイを締めれば短めにできますし、プレーンノットを使えば長めに調節することが可能となります。また、変形プレーンノットを使えばより長さの調節が可能ともなるでしょう。

>>変形プレーンノットについてはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク