スーツスタイルのおしゃれを極める
ピントルのネクタイ専門ページ

近年流行しているネクタイの結び方

流行しているネクタイの結び方

ネクタイの結び方というのは厳密には100種類を超える結び方があります。

どのような結び方を選ぶかというのはもちろんその人の好みの部分が大きくなりますが、せっかくですから現在の流行、トレンドを持たせたいところです。ここでは、そんな近年流行のネクタイの結び方について紹介していきます。

スポンサーリンク

近年流行中のネクタイの結び方について

ネクタイの結び方の流行というのは、当然ながらそれ単体では決まりません。ファッション全体の流れ、トレンドも重要な要素の一つと言えるでしょう。しかも、それは若い世代の人たちと年配世代の人たちではまた違ったものとなります。

まずはネクタイを合わせるスーツスタイルにおけるトレンドをある程度掴み、その上でネクタイの結び方に関する流行をみていく必要があるでしょう。ここでは、若い人向けと年配層の方向け、別々に流行のネクタイの巻き方を紹介していきます。

>>【裏技】誰でも簡単に出来るネクタイの結び方

若い年代で流行中のネクタイの結び方

若い年代で流行と言えるスーツスタイルと言えば、細身のシルエットです。大きめのゆったりしたスーツを着ている若い方というのはあまり見かけません。ネクタイに関しても、ナロータイなどの細身のものが主流となっています。

特に、二つボタンのスーツを使用している方が非常に多く、シャープな印象を与えるシルエットとなっています。

細身のスーツは当初ビジネスシーンにおいてはその使用に疑問を唱える方もいたようですが、現在は、ビジネスの場においても十分に使用が可能となったと言ってよいでしょう。

そんな細身のスーツに合わせるのにおすすめなネクタイの結び方は、「ダブルノット」です。細めのネクタイを使うのにマッチした結び方となっているうえ、現在トレンドとなっているボタンダウンのワイシャツにも非常に似合います。

年配層に流行中のネクタイの結び方

年配層の方々は、流行を敏感に取り入れるというよりも、年齢によってあらわれる風格や雰囲気から、トラッドなものが好まれやすいでしょう。

そのような流れからダブルのスーツを愛用していう方が多くいらっしゃるでしょう。細かな流行(色など)はあれど、大きな流れに左右されにくいのが特徴です。

そしてそのような方々は、ボタンダウンのワイシャツなどは使わず、レギュラーカラーのワイシャツを愛用している方がほどんどでしょう。

そんな年配の方に流行中のネクタイの結び方と言えば、やはり「セミウィンザーノット」です。

ウィンザーノットよりも比較的小さめな三角形が作れるうえに、出来上がりの三角形は非常にきれいな形となりやすく品があります。

自然な形に仕上がりやすいネクタイの結び方であり、レギュラーカラーには最も似合うと言えるでしょう。

>>基本から応用まで様々なネクタイの結び方

ネクタイの結び方に流行が生まれる理由

シャツの襟の形がネクタイの結び方に流行を生み出す?

上記のようにネクタイの結び方に流行が生まれるとした場合に、その要因となるのは、ファッション全体の要因であることがほとんどと言えます。

どのようなスーツが今現在のトレンドなのか、ワイシャツの形で人気があるのは、このような点が非常に重要な要素になってくることは間違いないでしょう。

特に、ネクタイと直接かかわる場所である襟元を決めるのはシャツです。そして全体のシルエットを決める重要なポイントが襟の形であると言えるでしょう。

つまり、今現在どのような襟の形が流行なのかという点が、ネクタイの結び方に流行を生み出すポイントとなると言えるのです。

ネクタイの太さの変化が結び方に流行を生み出す?

上記のように、ネクタイの結び方の流行を決定付ける要因として、シャツの襟の形であるということを述べましたが、もう一つ重要なのは、「ネクタイの太さ」です。

ネクタイの太さは、ネクタイの結び方を選ぶ上でも重要な要素です。太いネクタイを使って、ボリュームが出やすい結び方をしてしまうと、ノット部分が大きくなりすぎてしまうなどの問題が起こります。

つまりネクタイの太さが変われば、それに合わせてネクタイの結び方も変化するということになるでしょう。近年ネクタイは、細身のネクタイがトレンドであるということが言えます。全体のバランスから、ボリュームを出すためにダブルノットを選択する方は増えるでしょう。

>>お洒落に見えるネクタイの適切な長さとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク