スーツスタイルのおしゃれを極める
ピントルのネクタイ専門ページ

スポンサーリンク

ネクタイリング(リングタイ)の結び方と選び方

リングタイの結び方

男性の襟元を彩るのに欠かせないアイテムと言えばネクタイですが、近年ネクタイリング(リングタイ)と呼ばれるアイテムが注目されています。

首元を少しオシャレに、そして華やかに魅せることが可能なネクタイリング(リングタイ)について、その使い方やおすすめのネクタイリング(リングタイ)を知っておきましょう。

スポンサーリンク

最近流行中のネクタイリング(リングタイ)とは?

ネクタイリング(リングタイ)とはそもそもどういったものなのでしょうか。これは簡単に言うと、ネクタイの結び目下の部分にリングを通すものです。

リングを通すことによって、首元にオシャレさとアクセントをつけることができます。では一体どのような場面でこのネクタイリング(リングタイ)を使うのでしょうか。

どんな場面にネクタイリング(リングタイ)は有効か

ネクタイリング(リングタイ)をすることによって、首元はより豪華に、そしてオシャレな雰囲気を演出することが可能になります。そうした場合は、やはりパーティーシーンなどで活躍することになるでしょう。しかし注意しなくてはならないのは、招待された結婚式に出席する場合です。

近年ではネクタイリング(リングタイ)を使用する方が増えてきてはいるものの、やはりフォーマルな場面での使用を敬遠する方は多いのも事実です。披露宴向けというよりも、結婚式の二次会向けのアイテムであると言えるでしょう。

どうしてもネクタイリング(リングタイ)を使用すると言う場合は、どのような人が出席するのかによって決めるべきだと言えるでしょう。

そういった意味ではネクタイリング(リングタイ)は結婚式向けというよりも、華やかさが必要なパーティーに招待された際に使えるアイテムとして活躍するでしょう。

ネクタイリング(リングタイ)の結び方

ここでは、ネクタイリング(リングタイ)の使い方について紹介します。まず最も一般的とされるのは、締めたネクタイにネクタイリング(リングタイ)を通す方法です。

ネクタイを結んでから、大剣と小剣を両方ともリングに通すだけで簡単です。続いては、ネクタイを結ばないでネクタイリング(リングタイ)を使う結び方です。

これは、ネクタイを結ばずに首にかけ、大剣と小剣を通すだけです。この場合、どうしてもネクタイの長さは長くなるので、ジャケットを着用するシーンで使える方法となるでしょう。

もう一つは、ネクタイを通常通りに結ぶ前に小剣側に通しておく方法です。これによって、ネクタイが結ばれた片側に指輪が付いている状態となります。ちょっとしたアクセントを与える使い方と言えるでしょう。

>>基本から応用まで様々なネクタイの結び方

アスコットタイにネクタイリングを使う方法

ネクタイリング(リングタイ)との相性が良いのがアスコットタイです。もともとボリュームがあるアスコットタイにワンポイントをつけることで、アスコットタイの華やかさをオシャレに演出することができます。

アスコットタイにネクタイリング(リングタイ)を使う場合は、襟の内側に巻いてリングで止める方法と、外側に巻いて止める方法があります。

外側に巻くと通常のネクタイを華やかにした雰囲気に、内側に巻いて襟を立てるとボリュームをより強調できます。ご自身の雰囲気に合わせて使うと良いでしょう。

>>【最新】おすすめアスコットタイの人気ランキング

今注目のおすすめネクタイリング(リングタイ)

(ディスフィーダ)DISFIDA:タイリング付スカーフネクタイ

現在の価格はコチラ
(ディスフィーダ)DISFIDA:タイリング付スカーフネクタイの特徴

こちらはネクタイリング(リングタイ)とスカーフネクタイがセットになったものです。素材はシルク100%となっており、やわらかな肌触りとなっています。

首からたらしてリングを通すだけでスタイリッシュな印象を作ることができるので、一つもっておくだけで非常に便利なアイテムと言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク