人気のブランドが勢ぞろい!
ピントルの腕時計専門ページ

絶対に必要な腕時計の手入れ用品グッズ特集

腕時計の手入れ用品グッズ特集

お気に入りの腕時計を常に良い状態で使い続ける為には日々のお手入れが非常に大切となります。とは言っても、腕時計のメンテナンスは家庭にある物では出来ず専用の工具や用具が必要となるので、ここで一度、毎日の腕時計のお手入れに必要なメンテナンスグッズを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

大切な腕時計を手入れする為に必須のメンテグッズを紹介

>>自分で行う腕時計の簡単メンテナンス方法

腕時計をピカピカに磨き上げる手入れクロス&グローブ

腕時計のブレスやケースの手入れに使える研磨用クロス
現在の価格はコチラ

超微粒子の研磨剤とツヤ出し剤を含んでいる研磨用クロスで金属素材別に合わせた物を使いましょう。素材に合わない物を使うと傷をつける原因となったり、磨いてもツヤが出なかったりするので注意が必要で汚れを落とす事にも使える為、腕時計のお手入れ用品としては最も重要かつ必要な物となります。

>>腕時計に使われているケースの素材や加工について

 

腕時計の手入れ作業中に付けておきたいグローブ
現在の価格はコチラ

繊細な取り扱いが必要な腕時計だけでなく世界中の宝飾業界で使われているマイクロファイバーグローブは高級腕時計に使われているケースやガラスを傷つける事無く、作業が出来るためとっても重要なお手入れグッズです。磨きの場面で奇麗にしても、指紋や皮脂がついてしまっては台無しなのでしっかり使用しておきたい物です。

ブレスレットの汚れを手入れする腕時計用ブラシ

手入れする腕時計の金属素材によって変えたいブラシの硬さ
現在の価格はコチラ

腕時計のウラブタ周りの汚れを取り除いたりブレスの隙間の汚れ落としにも最適な毛質の柔らかいブラシ。といっても、ナイロン<豚毛<馬毛の順に柔らかくなっていくため、金属素材にあわせて使用するのがベターです。ゴールドなどの柔らかい金属には馬毛ブラシ、ステンレスにはナイロンの方が良いです、迷ったら馬毛ブラシで。

腕時計の分解&組み立て手入れに必要な精密ドライバー

腕時計バンドの手入れに必須なバネ棒
現在の価格はコチラ

腕時計のベルト交換や電池交換の時に必須となるのが、バネ棒外し用の工具なので手に入れておきたいところ。自分の腕時計のピンを抜くのに必要な工具がわからない場合は、セットの物を買っておけば間違いありません。また、必要に応じて精密ドライバーがあると便利なので、イザという時の為にセットで置いておきましょう。

>>腕時計をイメチェンするおすすめレザーベルトはコチラ

腕時計の日差月差を調節する手入れ用テスター関連

手入れ後の腕時計の日差や月差のズレを直すのに必須のテスター
現在の価格はコチラ

機械式腕時計の歩度をあわせるために使うのが、集音機を使用したタイムグラファーで、操作は非常に簡単です。クオーツ時計の調節を行うのであれば、電極で電池残量も計る事ができるクォーツテスターがオススメです。月差の精度も測る事が出来るので腕時計フリークだけでなくても持っておきたい手入れ用品です。

>>腕時計のパーツの名称とその役割についてはコチラ

細かな手入れ作業でも見やすい腕時計用のキズ見

腕時計の手入れ職人も使用する本格的なルーペ
現在の価格はコチラ

プロの鑑定士も使用しているシンプルかつ視認性の高い拡大ルーペ。専門用語では「キズ見」とも呼びます。補助器具であるホルダーを使用する事で頭につけて両手で作業する事も出来るので非常にオススメです。高価な物であれば、特殊プラスチックを使用しているので、落としても割れにくいのが特徴です。

腕時計の小さなパーツも挟む事が出来るピンセット

腕時計の手入れといえばピンセット
現在の価格はコチラ

鋼鉄で出来たピンセットは先端が非常に鋭く角を落とした作りになっているので使い易いデザイン。長く使ってもヘタレにくいため、腕時計の手入れグッズとして末永く使えるので手に入れておきましょう。耐磁使用のピンセットもあり、電磁波からの磁気帯びをシャットアウトするピンセットも存在します。

手入れ作業中の腕時計を固定しておく専用の万力

手入れ中に傷つけない為にも腕時計をしっかり固定
現在の価格はコチラ

腕時計のメタルバンドやブレスレットのピンを抜くときに、必須となる固定用の万力は持っておきたいところ。固定具を使わずにピンを抜こうとすると、怪我しやすくなるだけでなく大切な腕時計もキズつけてしまいます。お手入れする際の必須アイテムの中でも非常に重要度の高い用具なのが腕時計用の万力と言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク