人気のブランドが勢ぞろい!
ピントルの腕時計専門ページ

機械式?クォーツ?腕時計のムーブメントについて

機械式・手巻き式・自動巻・クウォーツなど腕時計のムーブメントについて

腕時計というのは本来、時を計るための道具として生み出された物で、現在ではその域を超えまるで宝石のごとく多くの人を魅了し続け、様々な進化を遂げたメカニズムを身に纏っています。腕時計の基礎知識である機械式時計クォーツ時計の構造、さらにスプリングドライブ式のムーブメントついて紹介します。

スポンサーリンク

機械式腕時計とは?

ゼンマイを動力源として動く腕時計のメカニズムで沢山の歯車がその動力の元に動き時を刻んでいく腕時計を機械式と呼び、機械式の腕時計は手巻き式自動巻き式の二つに分けられます。

手巻き式腕時計について

読んで字のごとく、と言うのも良くありませんが、手巻き式の腕時計というのは手で巻く時計。つまりゼンマイと連動したリューズ部分をつまむ事で巻き上げる方式の機構でアンティークな腕時計の物にはまだこのタイプの物が存在し、手間がかかるのですが根強い愛好家のいる可愛い存在です。

>>アンティークウォッチとの付き合い方

>>芸術品!アンティークウォッチ厳選4種

自動巻き式腕時計について

自動巻き式と呼ばれる腕時計の機構は腕の動きや振動を通じてゼンマイが巻き上がる機構で、ロレックスなどの最高級時計の現行品はほとんど全てがこの自動巻式の機構が使われています。1日に8時間程度腕に付ける事で1日から2日ほど動くという腕時計として非常に優れたメカニズムです。

>>自動巻の腕時計に最適なオススメのショーケース集

セイコーの生み出す機械式ムーブメント腕時計の最高峰

セイコーが生み出した機械式ムーブメントと言えば「9S65」と呼ばれる機構で、なんと平均日差が+5秒から−3秒、シングルバレルにも関わらず72時間という持続時間を誇ります。さらに改良を加えた機械式ムーブメントの「9S85」を搭載したモデルで、機械式時計の新たな地平を切り開いたとされているのがグランドセイコーのSBGH001です。そんなグランドセイコーの自動巻ムーブメントを使用した自動巻腕時計の最高峰と言えばSBGRシリーズでしょう。

現在の価格はコチラ

>>腕時計のオーバーホールについて紹介

クォーツ式腕時計とは?

クォーツというのは水晶の事を指し、水晶片の両側にプラスとマイナスの電気を流し通電する向きによって水晶自体が微妙な伸縮によって振動する事で動く機構です。

交互に起こる振動が1秒間に32,768回なのを利用しているため、天然の水晶は不純物が混じっているため品質にバラツキがあり精密な動きを必要とする腕時計のムーブ面とには使う事が出来ません。そのためクォーツの腕時計に使用する水晶振動子は人工的に作られた水晶を使用します。

>>自分で行う腕時計の簡単メンテナンス方法

>>絶対に必要な腕時計の手入れ用品グッズ特集

 

セイコーの生み出すクォーツムーブメント腕時計の最高峰

クォーツ式の腕時計ムーブメントとしてセイコーが生み出した傑作である「9Fキャリパー」は、重量のある針をしっかりと動かす事が可能なツインパルス制御モーターを備えているのが特徴であり、クォーツムーブメントでは難しかった瞬間日送り機構を搭載しました。そこに日常生活用強化防水を備えたのがグランドセイコーSBGXです。

現在の価格はコチラ

スポンサーリンク

スプリングドライブ式腕時計とは?

日本が誇る腕時計の最高峰メーカーであるセイコーが独自に作り出した腕時計の機構がスプリングドライブ式です。スプリングドライブというのはクォーツ制御による調速機を備えた機械式時計の事です。日差±1秒以内、月差にして±15秒以内という高い精度を実現しゼンマイが解ける力を利用し、動きだした歯車に連動したローターから微弱な電流が生まれ、その電流によってICと水晶振動子が時間制度を制御する事で非常に正しく動き続ける腕時計のムーブメントです。

極めて正確な時間を刻む腕時計の調速機構である「トライシンクロレギュレーター」を搭載する事によりゼンマイ式腕時計として世界最高峰の精度の高さを持つ、まさに日本の最高技術と言っても良い腕時計のメカニズムです。

セイコーの生み出すスプリングドライブ腕時計の最高峰

セイコーの独壇場とも言えるスプリングドライブムーブメントなら、いまなお多くの腕時計愛好家たちを魅了し続けている「CAL.9R65」で、高機能かつ美しく気品の高さすら感じられる作りはまさに日本が誇る最高技術と言えます。

世界唯一ともいえるスプリングドライブのムーブメントを身にまとい、チタン軽合金を使用し軽量性を獲得したグランドセイコーSBGAはスプリングドライブ式の腕時計で最も人気の高い機種です。

現在の価格はコチラ
スポンサーリンク
スポンサーリンク