人気のブランドが勢ぞろい!
ピントルの腕時計専門ページ

スポンサーリンク

腕時計のオーバーホールについて紹介

腕時計のオーバーホールについて

大切な腕時計と末永く過ごす為に絶対に必須なのがオーバーホールと呼ばれる作業です。人間が調子の悪いときに病院に通うように、腕時計のオーバーホールとは定期検診の様なものです。

ところで、みなさんはオーバーホールって腕時計に何をするのか知っていますか?

スポンサーリンク

腕時計のオーバーホールって何ですか?

機械式の腕時計というのは、平均で3年から4年程度に一度のオーバーホールが必須です。これは自動車で言うなら車検のような物となっており、人間で言うなら定期検診のようなものと言えるでしょう。

精密機械である腕時計を常に正確に動かすには、欠かせない定期メンテナンスなのです。

そんなオーバーホールというのは、一般人の目では見れない世界ですがどんな事があるのか。それをこの記事にて知っていただこうと思いオバーホールの実態に迫ります。

 

腕時計のオーバーホールの作業について

オーバーホールその①:腕時計の分解作業

オーバーホールはまず、腕時計のケースからムーブメントを取り外す事からスタートします。

ケースから取り出されたムーブメントは台座に固定され、細心の注意を払いながら作業され、腕時計の文字盤や針に傷がつかないようにフィルムをかぶせてから、専用の工具で分解します。

まずは、ムーブメントから針を抜き、文字盤を外すのですが、素人には出来ない非常に高度な専門技術です。それはさながら、人間の体にメスを入れる執刀医のような緊張感の漂う作業なのです。

>>絶対に必要な腕時計の手入れ用品グッズ特集

オーバーホールその②:腕時計ムーブメントの分解作業

文字盤を外したムーブメントは、精密ドライバーを使用して様々なパーツが外されます。

部品によって違うネジのサイズ等、熟練の技術者たちは全て頭に入っているというから流石で、技術者たちは市販品よりも使い易い工具を使うだけでなく工具を自作する人も多いのです。

そうして複雑な自動巻のムーブメントですら、わずか数分でバラバラに分解していってそれぞれのパーツの状態を確認し、状況によって新しいパーツへと交換していきます。

>>機械式?クォーツ?腕時計のムーブメントについて

オーバーホールその③:腕時計の洗浄とメンテナンスと組み立て

分解されたパーツ類はすべて見た事無いような大きさの超音波洗浄機に投入されしっかりと洗浄されます。これによって新品同様の美しさへと変身していくのです。

そして外装用のパーツ類は専用の機械で研磨され新品の輝きを取り戻していきます。鏡面仕上げや、ヘアライン仕上げなど研磨技術にも様々なテクニックが必要となります。

そうして新品同様になった腕時計は精度がチェックされて持ち主の元へ戻るのです。

>>自分で行う腕時計の簡単メンテナンス方法

腕時計のオーバーホールの重要性

オーバーホールというのはつまり分解掃除の事で腕時計をバラバラに分解した後洗浄し、交換し、組み立てるという一連の作業の事をオーバーホールと呼ぶのです。

各部品の摩耗や経年劣化を調べていくのですが、腕時計というのは常に歯車が回っています。

特に機械式腕時計の場合歯車の軸部分などに注入されているオイルが切れていたりしてパーツは摩耗し、さらに精度も著しく低下していっているということが見えないところで起きています。

これによって知らず知らずの間に高価な腕時計であってもその機能は低下していっているのです。

>>手巻き式腕時計についてはコチラ

>>自動巻式腕時計についてはコチラ

そういった中で、常に正確な時間を刻むために腕時計にもオーバーホールが重要であり、アンティークウォッチなどを購入するにも非常に大切な要素となっているのです。

>>アンティークウォッチとの付き合い方

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク