相性の良いメガネが見つかる!
ピントルのメガネ専門ページ

よく読まれるページはコチラ
顔立ち別!あなたに似合うメガネのサイズや形状の選び方
メガネ
選び方
男性向け!人気のメガネブランドおすすめランキング
男性向け
メガネブランド
女性向け!人気のメガネブランドおすすめランキング
女性向け
メガネブランド
併用はあり?メガネとコンタクトレンズの違いと比較
メガネとコンタクト
違いと比較
必見!メガネのお手入れに最適な方法とおすすめグッズ
メガネ
お手入れ方法

防止したい!メガネレンズが曇る原因と解決策や対策

メガネレンズの曇りについて

メガネレンズの曇りは、メガネを使用している人であれば必ず1度は感じる悩みです。マスクを使用している時や、寒い冬の時期に電車やバスに乗る時、熱いものを食べている時等レンズが曇るシーンは様々です。

ですが、レンズが曇ると視界が遮られてしまいますし、特に女性であれば曇るのを見られるのが恥ずかしい人も多いかと思います。

そこで、具体的にどのような対策をとればレンズが曇りにくくなるのか、そもそもなぜレンズは曇るのか等詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

メガネレンズが曇る原因

メガネレンズが曇る原因

メガネが曇る原因は水蒸気です。

水蒸気は、目には見えないですが空気中に含まれており、温度が高いほど多く、低いほど少なく含まれています。

曇るという現象は、寒いところから急に温かい環境に入った時に、多くの水蒸気を含んだ空気が水蒸気の少ない冷たいレンズに触れることによって、温かい環境の分の水蒸気を全て含むことができなくなります。

居場所のなくなった水蒸気が水滴になって外に出ていくことでレンズが曇るのです。

マスクとメガネを着けているとレンズが曇もる原因と対策

マスクをつけているときにメガネが曇るのはメガネと息の温度差が原因です。マスクの中で呼吸をしている温かい息が、鼻の小さな隙間の部分から温度差のあるメガネに当ってしまい曇ります。

この曇りを防ぐためにはマスクを対策するか、メガネを対策するかで方法が異なります。

>>マスクをしてもメガネが曇らなくなる方法はコチラ

メガネレンズの曇りを解決する方法

メガネレンズの曇りを解決する方法

「メガネが曇るのを何とかしたい・・・。」と思って曇り止めを何度か試したものの、なかなか効果を感じられない人は多いのではないでしょうか。

曇り止めを使用することはもちろん、身近な道具食材を使用してメガネレンズの曇りを解決することが出来ます。具体的には、以下のような方法です。

  • 曇り止めを使用する
  • 曇りにくいレンズに買い替える
  • 界面活性剤を塗る
  • 卵白を塗る
  • じゃがいもを塗る
  • 歯磨き粉を塗る

曇り止めを使用する

曇り止めを使用する方法を最もおすすめします。塗るだけで終わりますし、メガネに負担があまりかからないからです。

費用がかかるというデメリットもありますが、お金を少しかけて使った方が確実です。現在ではスプレータイプ、ジェルタイプ、クリーナータイプが販売されています。

曇り止めの中で有名なのがジェルタイプの「アンチフォグレンズクリーナー」。米粒位の量をメガネのレンズの表裏に塗り、レンズで拭き取るだけ24時間以上防止します。約600円ほどなので、30回~40回分使用できます。

また、コンパクトなので持ち歩きに便利です。

曇り止めの正しい使い方

殆どの人は、何もしていない状態から曇り止めを使用していると思います。ですが、そのまま曇り止めを使用するとメガネにキズがついたりコーティングが剥がれる原因になりかねません。使用するときには、メガネを正しい方法で洗い、ホコリを落とした状態から曇り止めを塗りましょう。

>>メガネの手入れ方法とグッズについてはコチラ

曇りにくいレンズに買い替える

曇りにくいレンズが大手メーカーで販売されています。普通のレンズと異なるのは、曇りにくいコーティングがされていること。種類は撥水タイプ吸水タイプの2つがあり、撥水タイプの方が長持ちするといわれています。

「曇らないレンズ」ではなく、「曇りにくいレンズ」なので絶対に曇らないというわけではありません。多少なりとは曇りますし、1~2年で効果はなくなります。ですが、普通のメガネと比較すれば曇りづらいので、メガネを購入するタイミングで曇り止めのコーティングをつけるといいですね。

「急ぎで欲しい!」という人は、お手持ちのメガネをメガネ屋さんに持っていくとレンズが交換できます。

界面活性剤を塗る

界面活性剤は物質の境(界面)に作用しているいて、性質を変える物質の総称。界面活性剤が含む物質が、曇りを防止してくれる保護フィルムをつくっているため曇りにくくなるそうです。

界面活性剤が含まれているのは以下のようなものがあります。

  • 中性洗剤
  • 石鹸
  • ハンドクリーム
  • シェービングクリーム

これらのものをレンズに塗って拭き取るだけ。身近なものでカンタンに予防できるため、いちいち道具を買わなくていいメリットがあります。ですが、きちんと拭き取らないとサビの原因になるため、ご注意を!

卵白を塗る

卵の卵白の部分だけをレンズに塗って拭き取るという斬新なやり方です。意外にも「効果がある」という声が続出しており、テレビでも紹介されていました。

なぜ、卵白がレンズを曇りづらくしたかというと、卵白に含まれているたんぱく質がカギになっているようです。卵白のたんぱく質がレンズに水蒸気をくっつきにくくする作用があるんだとか。しかし、卵白でレンズが汚くなる、という大きなデメリットがあるため行う際にはそれなりの覚悟が必要です。

じゃがいもを塗る

じゃがいもに含まれている不純物がレンズに付着し、膜を張ってくれるため曇り防止になります。方法は3ステップ。

  1. 洗ったじゃがいもを半分にカットする
  2. じゃがいもの切り口をレンズに塗る
  3. 触らないで乾かす

これはレンズだけでなく、バスルームの鏡や窓に使えるので気になる方は試して見る価値アリです。

歯磨き粉を塗る

歯磨き粉に含まれる弱めの研磨成分が、レンズの油膜を除去して水滴が浮かなくなるため、効果があるとされています。歯磨き粉は1家に1つはあるため、手軽にできます。

しかし、あまりおすすめはしません。なぜなら、研磨剤がレンズにキズをつける可能性があるからです。試してみる際には自己責任で行ってください。

>>ピントルの歯磨き粉専門ページはコチラ

スポンサーリンク

レンズが曇らない!おすすめグッズランキング:TOP3

熱い食べ物や、マスク等が原因で曇るレンズ。視界を遮るため鬱陶しいこともありますし、何よりも「他の人に見られることが恥ずかしい!」という人が多いと思います。

メガネを愛用する人なら誰でも悩む「レンズの曇り」は、実は以下のグッズで簡単に予防できるのです。

第1位:アンチフォグレンズクリーナー

現在の価格はコチラ

ジェルタイプの超強力な曇り止めです。「メガネ 曇り止め」と検索すると必ずといっていいほど上位にヒットする人気商品。口コミの評価も高く、実力者といえるでしょう。

この商品が人気な理由は「とにかく曇らない」ということ。塗るだけで強力に曇りを防止してくれます。また、長時間効果が効き、約2日~3日は大丈夫です。多少なりとは曇りますが、どんな温度差でもレンズが全て曇るということはなく、すぐに消えていきます。

また、コンパクトなサイズなので気軽に持ち運べるのも便利!気になった時にささっと使えますよ。

第2位:くり返し使える メガネのくもり止めクロス

現在の価格はコチラ

こちらの商品はメガネの汚れを拭き取るクロスとしての役割と、曇りを防止する曇り止めとしての役割の両方を果たす秀才な商品です。

このクロスは、レンズをしっかりと曇らないように保護してくれます。実際のレビューも「曇らなくなった!」との評価が高く、その上拭き取るだけでできるという手軽さから人気が上昇。1回で25本分使えるので、コストパフォーマンスも高いです。

第3位:メガネクリンビューくもり止めクリーナー

現在の価格はコチラ

こちらの曇り止めは塗るスティック状タイプ。メガネのレンズにクリーナーを塗って軽く拭き取るだけ。

スティック状なので、手を汚さずに済みます。また、曇り止めをムラなく塗りやすいというのも大きなメリット。しかし、塗りすぎるとレンズがクリーナーでデロデロになるので加減が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
顔立ち別!あなたに似合うメガネのサイズや形状の選び方
メガネ
選び方
男性向け!人気のメガネブランドおすすめランキング
男性向け
メガネブランド
女性向け!人気のメガネブランドおすすめランキング
女性向け
メガネブランド
併用はあり?メガネとコンタクトレンズの違いと比較
メガネとコンタクト
違いと比較
必見!メガネのお手入れに最適な方法とおすすめグッズ
メガネ
お手入れ方法