相性の良いメガネが見つかる!
ピントルのメガネ専門ページ

よく読まれるページはコチラ
顔立ち別!あなたに似合うメガネのサイズや形状の選び方
メガネ
選び方
男性向け!人気のメガネブランドおすすめランキング
男性向け
メガネブランド
女性向け!人気のメガネブランドおすすめランキング
女性向け
メガネブランド
併用はあり?メガネとコンタクトレンズの違いと比較
メガネとコンタクト
違いと比較
必見!メガネのお手入れに最適な方法とおすすめグッズ
メガネ
お手入れ方法

おすすめ!逆三角顔のメガネの選び方や似合うメガネの種類

逆三角顔のメガネの選び方

逆三角顔の人は、顎が狭く最も小顔です。特徴的なのが、シャープな顎のラインで、クールな印象を与えます。

そんな逆三角顔の人は、顔型と対照的な曲線のメガネの相性がいいです。オーバル型やラウンド型を選ぶことで、柔らかくて優しい印象になります。

では、実際に逆三角顔の人はどのようなメガネが似合うのか、似合わないのかメガネの選び方を具体的に紹介していきます。

>>顔立ち別!メガネのサイズや形状の選び方はコチラ

スポンサーリンク

逆三角顔ってどんな顔?

逆三角顔ってどんな顔?

逆三角顔の最大の魅力はシュッとした顎のライン。逆三角顔の顎のラインはクールさ、知的さを印象付けます。一見卵顔にも見えますが、卵顔の人よりも顎が狭いのが大きな違いです。他の顔型と比較して、シュッと見えるために、小顔で羨ましがられることもしばしばあります。

しかし、顎が細い分顔幅が広くみえてしまうのも事実。額や顔の横幅に関しては、顎が狭い分どうしても広くみえてしまいます。

逆三角顔の人のメガネの選び方

逆三角顔の人のメガネの選び方

シュッとした顎のラインは少しキツい印象を持たれがちです。柔らかい印象を持たれたい場合には、丸みを帯びたメガネがよいでしょう。丸みのあるメガネを選ぶことで、逆三角顔さんの印象をガラリと変えることができます。

また、逆三角顔さんは、小さめのフレームを選ぶと全体のバランスをとることができます。逆三角顔さんは顎が狭い分小顔にみえるため、反対に大きいフレームを選んでしまうとメガネの主張が強すぎて浮きます。更に気になる人であれば、フレームが細いものを選ぶとよりメガネが自然にフィットしますよ。とにかく、メガネが浮かないことにご注意を!

スポンサーリンク

逆三角顔におすすめな似合うメガネの種類

逆三角顔に似合うメガネは、丸みを帯びたメガネです。具体的には以下になります。

丸みを帯びたメガネとなると、代表的なのがオーバル型ラウンド型です。両方とも角がないメガネの分、逆三角顔さんのシャープな印象がから柔らかくて優しい印象に変わります。

また、丸みのあるメガネは目力を強調する効果があります。「目が細い!」というお悩みを持つ逆三角顔さんはとてもおすすめなフレームです!

アンダーリム型は、下半分がリムに覆われていることにより、アクセントも下にいくためシャープな顎の印象を和らげることができます。アンダーリム型が似合う人顔型は数少ないため、積極的に選びましょう。

それでは、それぞれどのようなメガネなのか、なぜ似合うのか詳しく紹介していきます。

オーバル型のメガネ

オーバル型のメガネとは楕円形で横幅があるメガネ。顎がシャープな分、メガネは角のない丸みのあるメガネを選ぶと、バランスをうまくとることができます。また、オーバル型そのものは優しくて柔らかい印象を与えるために、顔がキツくみられる逆三角顔さんにはよりおすすめです。

ラウンド型のメガネ

ラウンド型のメガネとは、丸いフレームをしたメガネ。ラウンド型メガネといえばジョン・レノンが有名です。彼のように丸メガネの印象が残るほどインパクトあるラウンド型メガネは、個性的で今ではおしゃれさんに欠かせないアイテムになっています。

ラウンド型はオーバル型と同様、丸みを帯びているために逆三角顔のシャープな印象を和らげることができます。更に気になる人であれば、縦幅があるメガネを選ぶとよりバランスが整いますよ。

アンダーリム型のメガネ

アンダーリムとは、レンズの下半分のみがリムで覆われているメガネ。ナイロールという上半分がリムで覆われているメガネのほうが逆三角顔には似合うともいわれていますが、アンダーリムのメガネで下にアクセントを持ってきたほうが、シャープな顎の印象を緩和してくれます。

逆三角顔に似合わないメガネの種類

逆三角顔に似合わないメガネの種類

逆三角顔に似合わないのは以下のようなメガネです。

  • フォックス型
  • ボストン型

フォックス型はもともと顔をシャープに見せるメガネ。そのため、元の顔がシャープな逆三角顔の人が使用すると印象がキツくなります。

また、ボストン型は、元が小顔な逆三角顔の人が使用するとメガネが浮いてしまうためおすすめできません。選ぶなら、フレームが細くて縦幅が狭いメガネを選ぶといいでしょう!

それでは、それぞれどんなメガネなのか、なぜ似合わないのか詳しく紹介していきます。

フォックス型のメガネ

フォックス型のメガネとは、英語で直訳するとキツネ。その名の通り顔立ちをシャープに見せるフレームで、目尻に近づくほどフレームの幅が狭く釣りあがった型をした型をしています。

もともとシャープな逆三角顔の人がフォックス型を使用すると、クールな印象が強まりすぎてキツい印象になるため、なるべく避けるようにしましょう。

ボストン型のメガネ

ボストン型とは、逆三角形に丸みを持たせたメガネのことを指します。おにぎりを逆さまにさせたような型で、縦幅が広いのが特徴。逆三角顔の人は全く似合わないというわけではないのですが、縦幅がある分メガネだけが目立ってしまうためにあまりおすすめできません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
顔立ち別!あなたに似合うメガネのサイズや形状の選び方
メガネ
選び方
男性向け!人気のメガネブランドおすすめランキング
男性向け
メガネブランド
女性向け!人気のメガネブランドおすすめランキング
女性向け
メガネブランド
併用はあり?メガネとコンタクトレンズの違いと比較
メガネとコンタクト
違いと比較
必見!メガネのお手入れに最適な方法とおすすめグッズ
メガネ
お手入れ方法