相性の良いメガネが見つかる!
ピントルのメガネ専門ページ

よく読まれるページはコチラ
顔立ち別!あなたに似合うメガネのサイズや形状の選び方
メガネ
選び方
男性向け!人気のメガネブランドおすすめランキング
男性向け
メガネブランド
女性向け!人気のメガネブランドおすすめランキング
女性向け
メガネブランド
併用はあり?メガネとコンタクトレンズの違いと比較
メガネとコンタクト
違いと比較
必見!メガネのお手入れに最適な方法とおすすめグッズ
メガネ
お手入れ方法

おすすめ!ベース顔のメガネの選び方や似合うメガネの種類

ベース顔のメガネの選び方

ベース顔とは、エラが張っていることにより四角に見える顔のことです。実は、ベース顔は今流行りのクラシックなメガネと相性が良いのです。

クラシックなメガネとは、オーバル型やフォックス型、ボストン型です。顔が四角なので、丸みを帯びたメガネが似合います。クラシックなメガネで少し強張った印象を持たれがちなベース顔の人でもメガネ1つで印象を変えることが出来るのです!

では、具体的にどのようなメガネが似合うのか、メガネの選び方等紹介していきます。その他の顔に似合うメガネは以下のページでご紹介しているので、ぜひご覧ください。

>>顔立ち別!メガネのサイズや形状の選び方はコチラ

スポンサーリンク

ベース顔ってどんな顔?

ベース顔ってどんな顔?

別名「四角顔」や「エラ張り顔」とも呼ばれています。ベース顔とは、名前の通りエラが張っている顔が特徴的で、縦長の長方形逆三角形を組み合わせた顔の形をしています。

眉から唇までの長さを縦幅、口を軸として延長した長さを横幅とすると、ベース顔の人は1:2に。少し横幅のほうが広めです。また、フェイスラインが直線的な分、女性は少し男性的に見えてしまうこともしばしばあります。

ですが、メガネにおけるベース顔の人はいろんなタイプのフレームが似合う大変お得なお顔なのです。

ベース顔の人のメガネの選び方

ベース顔の人のメガネの選び方

ベース顔の人が選ぶべきメガネは、角のない滑らかなフレーム。出来るだけ円形に近いメガネを選ぶとエラが緩和されて、柔らかい印象を与えます。反対に、四角に近い角のあるメガネはNG!そのようなメガネを選んでしまうことで、エラが強調されてしまいます。

メガネのフチはなるべく太いものが良いです。なぜなら、ベース顔は他の顔型と比較して特徴的な顔型をしているから。その分、メガネも主張が強めなモノを使用することで、バランスよく顔をカバーでき、とても似合います。

スポンサーリンク

ベース顔におすすめな似合うメガネの種類

ベース顔におすすめな似合うメガネの種類

ベース顔に似合うメガネは、出来るだけ丸に近くて縦幅があるメガネです。

具体的には以下のようなメガネです。

ベース顔が目指すべきは、エラをシュッと見せるひし形顔です。上記のようなメガネを使用することでエラをカバーでき、優しい印象を与える事ができます。

オーバル型のメガネ

オーバル型のメガネとは、楕円型で角のないメガネです。角がなく滑らかなラインを描くメガネですので、ベース顔の人にはぴったり!男性的でゴツゴツした印象のベース顔を柔らかく優しい印象へ変えさせてくれます。特に、オーバル型であればメガネ初心者の人でも手をとりやすいため、おすすめです。

ラウンド型のメガネ

ラウンド型のメガネとは、フレームが丸いメガネのことを指します。個性的なメガネなので、ラウンド型メガネを使用するのは少し勇気が必要になります。しかし、ラウンド型が最も似合うのは、ベース顔なので、積極的にラウンド型を選びましょう。また、大きめのラウンド型を選ぶと、顔の大きさをカバーできるためベース顔の方にはおすすめです。

ボストン型のメガネ

丸い逆三角形をしており、おむすびを逆さまにした型がボストン型。ボストン型メガネは、滑らかなラインであるため、エラの張りを緩和してくれます。また、縦幅が深いタイプが多いために顔の大きさをカバーしてくれるのも魅力。

ボストン型は、柔らかくて優しい印象を与えると同時に、かわいらしくて女性的な印象を与えるメガネとしても人気です。特に若い女性は、ファッションのワンポイントとして使用することが多いためカジュアルなお洋服にも相性抜群です。

フォックス型のメガネ

フォックスとは直訳すると、「キツネ」という意味です。名前の通り目尻が吊り上がったキツネのような目の形をしています。キツネのような型のメガネからキリッとクールな印象になります。

フォックス型は一見、ベース顔の人に似合わない雰囲気がありますが、そんなことはありません。目尻が吊り上がっている分、顎をシャープに見せてくれます。また、程よく丸みを持っているので角のあるフェイスラインを柔らかに。意外にもフォックス型とベース顔はベストマッチなのです。

ベース顔に似合わないメガネの種類

ベース顔に似合わないメガネは、角のあるフレーム。角があるメガネを使用することによってエラが強調される原因になります。具体的には以下のようなメガネがあります。

  • スクエア型
  • ウェリントン型

では、具体的にそれぞれがどのようなメガネなのかとなぜ似合わないのか紹介していきます。

スクエア型のメガネ

スクエア型とは、長方形の型をしたフレームのメガネ。角のあるメガネのため、ベース顔の人が使用すると、エラ張りの顔が強調されてしまいます。また、小さいフレームを選んでしまうと尚更NG!顔が大きくみえてしまいます。スクエア型を選びたい人であれば、フレームが大きめでできるだけ角が丸くなっているメガネを選びましょう。

ウェリントン型のメガネ

ウェリントン型とは、下部よりも上部のほうが長い「台形」のメガネで、四角系フレームに属します。先ほどのスクエア型がなぜ似合わないのか読んでいただいた方ならもうお察しだと思われますが、四角系フレームだとベース顔のエラが強調されます。そのためウェリントン型もNG!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
顔立ち別!あなたに似合うメガネのサイズや形状の選び方
メガネ
選び方
男性向け!人気のメガネブランドおすすめランキング
男性向け
メガネブランド
女性向け!人気のメガネブランドおすすめランキング
女性向け
メガネブランド
併用はあり?メガネとコンタクトレンズの違いと比較
メガネとコンタクト
違いと比較
必見!メガネのお手入れに最適な方法とおすすめグッズ
メガネ
お手入れ方法