キレイめコーデの必須アイテム!
ピントルのジレ専門ページ

メンズ用ジレのクールビズ向けな選び方

クールビズなジレ/ベストの選び方

クールビズの普及と共に、人気が上昇して来たメンズ向けのジレ【Gilet】ですが、素材や種類に詳しく無ければ、シャツの上に着る訳ですから熱くなります。

カチッとした雰囲気を手に入れつつ、過ごしやすい快適な服装にする為にも、ここでメンズ用ジレ【Gilet】のクールビズ向けな選び方を覚えましょう。

スポンサーリンク

だらしなく無いクールビズなジレ【Gilet】の選び方

>>プロが教える正しいジレの選び方

清潔感と爽やかさが大切なクールビズ向けのジレの選び方

平成17年にスタートした「COOL BIZ」もだんだんと定着して来た感がありますが、オフィスのファッションとして、涼しいが第一優先ではチョット問題有りですね。

ジャケットを脱いで、ネクタイを外した姿は、だらしないと紙一重ですから、やはり仕事をする格好としてふさわしいかどうかはとっても重要な部分です。

いくら熱いからといって、ズボンからシャツを出したオーバーシャツな格好は、ちょっと日本のビジネスシーンでは「だらしない」と思われても仕方がありません。つまり、クールビズに大切なのは、清潔感と爽やかさであると言えるでしょう。

>>メンズ用ジレのビジネス向けな選び方

ジレ【Gilet】の選び方はクールビズの大本命

クールビズの主役と言えば「シャツ」である事は間違いありません。多くの人は、シャツの選びに力を入れていると思いますが、それだけで良いですか?

ジャケットもネクタイも熱くて使用したく無いが、ドレッシーにしたいのであれば、ここでクールビズの大本命であるジレ【Gilet】が大活躍するのです。内勤や外勤問わず、真夏というのはジャケットを着るのも辛い季節ですが、そこで清涼感のある素材や生地を使用して作られたジレ【Gilet】が一枚あれば、半袖や七分袖のシャツに合わせるだけで、ちょっとドレッシーな印象となります。

急な来客があった時でも清潔感や清涼感のある印象で応対出来る事でしょう。

>>メンズ用ジレのフォーマル向けな選び方

クールビズに合わせるジレ【Gilet】の選び方

真夏の炎天下、室温28度を快適に過ごすジレ【Gilet】の選び方としては、まず大切なのがジレ【Gilet】に使われている生地の織り方と素材の特性です。まず、真夏に合わせたジレ【Gilet】の選び方としては、吸水性や撥水性、そして通気性に優れたリネンもしくはコットンなどの植物性繊維である事。

シワになりやすいという印象もありますが、涼しさは他の追随を許しません。そして生地の織り方としては、糸密度の低い織り方であるというのがポイントです。糸密度が低ければ通気性が高く、真夏でもさっぱりと着る事が出来るからです。

特に平織りで作られた「トロピカル」等の生地で作られたジレ【Gilet】は、非常に通気性が良いため、クールビスにピッタリな選び方と言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク