キレイめコーデの必須アイテム!
ピントルのジレ専門ページ

スポンサーリンク

まずはジレのデザインの基本から

ジレ/ベストのデザインの基本

一言でジレ【Gilet】といっても、それぞれに特徴があり様々なデザインが存在します。カジュアル寄りな物からドレッシーな物、またフォーマルに適したデザイン等多岐に渡り、ジレ【Gilet】の種類を知る事で、自分に最適な選び方が理解出来ると思います。

そこでまずは、ジレ【Gilet】のデザインの基本を学んで行きましょう。

スポンサーリンク

シーン別のジレ【Gilet】の種類

>>プロが教える正しいジレの選び方

カジュアル向けのジレ【Gilet】のデザイン

カジュアルシーンで使えるジレ【Gilet】はドレープ感を意識した物やから、丈の長さを微調整した物まで様々なデザインが存在し、その多くはジャケットなど、上着のデザインは意識せず、ジレ【Gilet】のデザインを強調させた物となっています。

本来は中衣として作られた物なのですが、そのサッパリとした見た目が人気となったので、そういったジレ【Gilet】の魅力は損なわずにアウターとしての要素を持たせたデザインが現在の主流となっているため、ボーダーデザインやニット生地等のデザインが特徴です。

またカジュアル向けのジレ【Gilet】にはボタンの代わりにフックを使用した物等もあり、Tシャツ等のインナーのアウターとして、フロントを空けたままで使用する事を前提とし、その場合のスマートさを強調するデザインとなっている物も存在しています。

>>メンズ用ジレのカジュアル向けな選び方

ビジネス向けのジレ【Gilet】のデザイン

ビジネスシーンで人気のジレ【Gilet】のデザインの多くはカチッとした雰囲気で、ジャケットやパンツと同じ素材、同じ生地を使用して作られる物が定番となっています。

ジレ【Gilet】の丈の長さも、ジャケットからはみ出さない長さで作られる事が基本で、ベルトを完全に覆わない程度の着丈をもったデザインなのがポイントとなります。

また、季節によっては落ち着いた色のニット系ジレも柔らかい印象で人気が高く、4つボタンから5つボタンなど、比較的着丈の眺めのジレ【Gilet】が定番で、ビジネスシーンでは今人気となっているデザインの基本中の基本と言えます。

>>メンズ用ジレのビジネス向けな選び方

フォーマル向けのジレ【Gilet】のデザイン

フォーマルシーンでも通常の2ピーススーツにジレ【Gilet】を入れるだけで、スタイルがグッと引き締まるため最近では結婚式などのパーティー向けに人気が高く、スーツと同色、同生地、同素材だけでなく、チョット配色を変えた物も人気です。

デザインの多くはビジネス向け同様に、着丈が短すぎない物が定番となっています。パーティー向けには、ポケットチーフ等と合わせた色のジレ【Gilet】が多くあり、赤や黄色のサテン生地などのジレ【Gilet】を着ている人も居ます。

ですが、パーティーの装いの定番はなんと言っても白色のジレ【Gilet】です。格式高い場面の定番は、やはりスーツと合わせたデザインです。

>>メンズ用ジレのフォーマル向けな選び方

スポンサーリンク
スポンサーリンク