キレイめコーデの必須アイテム!
ピントルのジレ専門ページ

スポンサーリンク

ジレに合わせるネクタイの選び方

ジレ/ベストとネクタイの選び方

カッチリしたスタイルでジレ【Gilet】を着るならネクタイを合わせるのも相性抜群です。ところで、ネクタイは柄によってフォーマル度が違ってくるというのはご存知でしたか?

無地やドット、チェック等様々な柄のあるネクタイですが、場面に合わせて使いたいもの。そんなジレ【Gilet】に合わせるネクタイの選び方について詳しく紹介します。

スポンサーリンク

ジレ【Gilet】に合わせるネクタイの基礎知識

様々な種類の柄が存在する小物の定番と言えば、誰もがご存知のネクタイですが、ネクタイは柄によってフォーマル度が違うというのは以外と知られていないかもしれません。

無地のネクタイが最もフォーマル度が高く、ストライプ、ドット、コモン、チェックと並びます。さらにその柄の中にも様々なパターンがあるので、正しい選び方を勉強しておきましょう。

ジレ【Gilet】に合わせる無地(ソリッド)ネクタイの選び方

ジレ【Gilet】に合わせるネクタイの選び方の中でも最もフォーマルな印象を与える事ができ、しかもどんな柄のジレ【Gilet】にも合わせる事が出来る基本中の基本ネクタイと言えば無地です。

白シャツにワインレッド、水色シャツに紺色、黄色シャツに茶色、この辺りは鉄板と言える選び方で、単色だからこそのコーディネートしやすさが無地ネクタイの魅力といっても過言ではありません。

黒やグレー等のモノトーンカラーのネクタイは堅苦しい印象を与えがちなので注意が必要です。まずは、ワインレッド、紺色、茶色の定番カラーを一本ずつ持っておく事がオススメです。

現在の価格はコチラ

 

ジレ【Gilet】に合わせるストライプ(レジメンタル)ネクタイの選び方

柄付きネクタイの中で最もフォーマル度が高く一般的なのがストライプ柄のネクタイです。ジレ【Gilet】との相性も非常に高く、シャープでな印象を与える事が出来るネクタイの選び方です。

ストライプの線が左から右に上がって行くのがヨーロピアンスタイルと言われる英国式で、ストライプの線が左から右に下がって行くのがアメリカンスタイル、またはリバースと呼ばれる米国式。

日本では「右肩上がり」という事が縁起が良いとされている為、多くはヨーロピアンスタイルです。ストライプの幅は「太い×太い」や「細い×細い」だとカジュアルな雰囲気を出す事が出来ます。

フォーマルでカチっとした印象を与えたい場合は「細い×太い」をジレ【Gilet】に選びましょう。

現在の価格はコチラ

 

ジレ【Gilet】に合わせる水玉(ドット)ネクタイの選び方

ジレ【Gilet】を最も中性的かつオシャレ感をアピール出来るネクタイの柄と言えばドット柄です。ドット柄のネクタイをジレ【Gilet】に合わせる選び方としてまずは知っておきたいドットの種類ですが、水玉の大きさが小さい順に「ピンドット」「ポルカドット」「コインドット」という種類にわけられ、水玉が大きければ大きいほどカジュアルな印象となり、小さいほどフォーマルな雰囲気となります。

大きめのドットのネクタイをカチッと使いたいなら、ドットの数が少ない物を選ぶのがオススメです。ドットは使われている色の種類が少ないため、ジレ【Gilet】やシャツと合わせやすいのが魅力です。

現在の価格はコチラ

 

ジレ【Gilet】に合わせる小紋(コモン)ネクタイの選び方

日本の和服の柄としても定番となっている小紋柄のネクタイはちょっと大人の雰囲気が出ます。柄の大きい物は非常にカジュアルな雰囲気となる為、ジレ【Gilet】とは合わせにくい場合も多く、おじさんっぽいネクタイと思われる事もあるので、選び方の難しいネクタイとも言えるでしょう。

しかし小紋柄のネクタイはクラシカルな印象を与える事が出来る数少ない柄なのが魅力です。定番の選び方としては、柄の小さいデザインで、色の少ない物を選ぶと失敗しにくいです。

現在の価格はコチラ

 

ジレ【Gilet】に合わせる格子(チェック)ネクタイの選び方

他のネクタイよりもカジュアルな印象になりやすいのがチェック柄のネクタイですが、ジレ【Gilet】との相性が最も高いジレ【Gilet】の定番ネクタイというのもチェック柄です。

チェック柄は線の入り方で、グレンチェックやギンガムチェックなど、様々な種類があり、ネクタイに使われる色の数が少なければ少ないほど、線の太さが細いほどビジネス向けで、カチッとした雰囲気を与える事が出来るデザインとなっています。

現在の価格はコチラ

 

ジレに合わせて使いたい小物の選び方

>>ジレに合わせるポケットチーフの選び方

>>ジレに合わせるボウタイの選び方

>>ジレに合わせるベルトの選び方

スポンサーリンク
スポンサーリンク