キレイめコーデの必須アイテム!
ピントルのジレ専門ページ

スポンサーリンク

フランネル生地のジレの魅力と手入れ

フランネル生地のジレ/ベスト

秋冬のジレ【Gilet】の定番生地として女性からの支持も非常に高いフランネル生地は、イギリス的なオシャレを楽しめる柔らかで艶のない風合いが特徴的な生地となってます。

保温性も高く寒い時期との相性は抜群で、見た目より着心地も軽いので人気の生地です。そんなジレ【Gilet】に使われるフランネル生地の魅力や手入れの方法を紹介します。

スポンサーリンク

フランネル生地のジレ【Gilet】の魅力と特徴

ジレ【Gilet】に使われるフランネル生地の特徴と織り方

フランネル生地というのは「柔らかく軽い毛織物」の事で平織りか綾織りで作られ、織り目は片面あるいは両面が毛羽立たせられるため毛羽によって隠れてしまう事が多く、織られたフランネル生地は一度毛羽ただせられた後に漂白されて染色されたり、様々な加工が加えられてから、二度目の毛羽立ち作業が行われます。

暖かみのある風合いを持つため、秋冬のジレ【Gilet】の定番生地として定着し、様々な模様が施されている場合が多いのもフランネル生地の特徴と言えるでしょう。

>>ジレに使われる生地:平織りの特徴

>>ジレに使われる生地:綾織りの特徴

ジレ【Gilet】に使われるフラノとは?

フランネル生地を略して「フラノ」と呼ばれる事がありますが、明確にはフランネル生地を厚手に織ったもの、またはウールで織ったフランネル生地。これらの物に対してフランネル生地ではなくフラノ生地という言葉が使われます。

>>知っておきたいジレの歴史

>>ウール素材のジレの魅力と手入れ

ジレ【Gilet】に使われるネルとは?

毛羽立ったコットン素材がフランネルの様な風合いを醸し出している生地の事で、薄くて軽量な平織物を「ネル」といい、経糸(たていと)より緯糸(よこいと)が荒く、緯糸(よこいと)を毛羽立たせる事でフランネルのような風合いを作り出しています。

>>コットン素材のジレの魅力と手入れ

フランネル生地のジレ【Gilet】の魅力

フランネル生地は表面が起毛されている為、非常に肌触りが柔らかいのが特徴で、秋冬向けのジレ【Gilet】の生地として非常に人気が高く、柄も多いのが魅力的です。

他の起毛系の生地と比べるとフランネル生地は軽く作られている為に着心地も良く、色物やチェック柄など様々なカラーバリエーションが存在するためシーンを選ばず、カジュアルなジレ【Gilet】からフォーマルなジレ【Gilet】まで様々な種類あるため、好みに合わせて選ぶ事が出来るのもフランネル生地のジレ【Gilet】の魅力です。

>>ジレのカジュアル向けな選び方

>>ジレのビジネス向けな選び方

>>ジレのフォーマル向けな選び方

ジレ【Gilet】に使われるフランネル生地のお手入れ方法

>>ジレを長持ちさせる手入れの方法

フランネル生地で作られたジレ【Gilet】の毎日のお手入れ

フランネル生地のジレ【Gilet】は毛羽立ちを美しくキープする為にブラッシングが必須ですが、カシミヤやシルク等の素材が使われていなければ硬めのブラシでもOKです。

個人的にはどんなジレ【Gilet】も馬毛の柔らかいブラシを使用する事をお勧めしますが、素材によっては豚毛でブラッシングしてもそれ程生地を痛めません。

現在の価格はコチラ

フランネル生地で作られたジレ【Gilet】は様々なカラーバリエーションと柔らかで暖かみのある毛羽立ち感が非常に魅力的な風合いを持つデザインとなりますが、ブラシでは取り除けない埃等が目立ち易いのもフランネル生地の特徴と言えるでしょう。そのため、衣料専用の粘着ローラーを使用する事をお勧めします。

現在の価格はコチラ

カーペット用の粘着ローラーやガムテープでは粘着力が強すぎるため、フランネル生地で作られたジレ【Gilet】を痛めてしまう可能性もあるので注意です。

フランネル生地のジレ【Gilet】の注意点

フランネル生地で作られたジレ【Gilet】は通常のウール生地等と比べると、比較的デリケートな生地なので、激しい動きには向いていない事を憶えておきましょう。フランネル生地のジレ【Gilet】は2日連続での使用は避ける事をオススメします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク