キレイめコーデの必須アイテム!
ピントルのジレ専門ページ

ジレに使われる素材:紡毛糸の特徴

紡毛糸のジレ/ベストの特徴

柔らかく起毛し易いため、保湿性の高いジレ【Gilet】に使われる紡毛糸は、紡毛紡績で出来た糸で外観の粗雑な雰囲気が味わい深く、暖かみのある雰囲気が特徴で、紡毛糸は冬用の凹凸感のあるジレ【Gilet】のデザインの中心素材でとなっています。

そんな紡毛糸の特徴や性質、また製法に付いて紹介します。

スポンサーリンク

ジレに使用される紡毛糸とは?

紡毛糸(ウーレン/woolen-yarn)のジレとは

紡毛糸とは「繊維の原料を手で紡ぐ」という方法で作られる糸の事で、最近では高性能な、単位と紡績技術が開発されているため単糸のまま織られる事もあり、手作業で行われていた紡績技術を、そのまま工業化した伝統的手段で作られる糸の事です。

紡毛糸は太く、表面の毛羽が多い独特の風合いがあるため冬物のジレ【Gilet】によく使われます。また、原料を選ばないのも特徴で、紡毛糸の持つ表情は非常に多彩で様々な織物に使われます。ジレ【Gilet】にもよく使われるツイードやフランネル等でも紡毛糸がよく見られます。

>>ジレに使われる素材:梳毛糸の特徴

紡毛糸が使用される事もあるジレの生地について

>>サージ生地のジレの魅力と手入れ

>>サキソニー生地のジレの魅力と手入れ

>>フランネル生地のジレの魅力と手入れ

>>ツイード生地のジレの魅力と手入れ

>>トロピカル生地のジレの魅力と手入れ

>>ギャバジン生地のジレの魅力と手入れ

ジレ【Gilet】に使われる紡毛糸の製法

ジレに使用される紡毛糸の洗毛工程

ジレ【Gilet】にも使われている紡毛糸は、繊維に紛れ込んだ植物性の種やトゲなどを除去するため、原料を石鹸とソーダーで洗った後に希硫酸に浸してからしっかり乾燥させる事でゴミを炭化させます。

これは紡毛糸が動物繊維であるために使われる特殊な工程で「洗化炭」とも呼ばれます。最近では希硫酸を使わない自然派な加工も開発されています。

ジレに使用される紡毛糸の精紡工程

ジレ【Gilet】にも使われている紡毛糸の精紡工程では、沢山の種類の原料を混合するため、最初の段階に「調合工程」と呼ばれる、原料を組み合わせる作業が存在します。

調合された原料はローラーとローラーの間を通され、繊維を切らないようにほぐし、均一な太さの毛膜を作った後に60本から240本程度に分割しもみ丸めて行きます。

ジレに使用される紡毛糸の紡績工程

ジレ【Gilet】にも使われている紡毛糸の紡績工程では「ミュール紡績」と呼ばれる。梳毛糸には見られない独特の紡績工程が存在し、それがまさに紡毛糸の特徴ともいます。

篠の細いところに早く撚り(より)がかかるので、糸の太い部分が引き伸ばされるため、均一な糸が作られるという紡毛糸独特の紡績工程と言えるのです。

>>ジレに使われる生地:平織りの特徴

>>ジレに使われる生地:綾織りの特徴

スポンサーリンク

紡毛糸で作られたジレ【Gilet】の特徴

紡毛糸で作られるジレ【Gilet】はその糸の特徴から柔らかく毛羽の多い風合いを持つため、フランネルやツイードの様な秋から冬にかけて人気の出る暖かみのあるフンワリしたものとなり、紡毛糸独特の空気を含んだ器の大きな大人の雰囲気を身に纏うジレ【Gilet】になります。

ジレ【Gilet】に使われる糸の太さは「番手(ばんて)」という数字で表されていて、10番手などの比較的太めの糸は、毛羽立ちの多いカントリーな雰囲気のジレ【Gilet】に使われ、20番手などの比較的細めの糸は、薄くて滑らかな高級感のある雰囲気のジレ【Gilet】となります。

価格的には細い紡毛糸で作られたドレッシーなジレ【Gilet】の方が高級とされていますが、使われている糸が細いため強度が低下するというのも紡毛糸の特徴といえます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク