キレイめコーデの必須アイテム!
ピントルのジレ専門ページ

スポンサーリンク

ギャバジン生地のジレの魅力と手入れ

ギャバジン生地のジレ/ベスト

直線的なラインが美しく丈夫なギャバジン生地で作られたジレ【Gilet】は上質感があり、しっかりとしたハリとコシを持っているため独特なドレープ感や肌触りが特徴的です。

ギャバジン生地は素材によって秋冬から春にも使える守備範囲の広さが魅力的な生地です。そんなジレ【Gilet】に使われるギャバジン生地の魅力や手入れの方法を紹介します。

スポンサーリンク

ギャバジン生地のジレ【Gilet】の魅力と特徴

ジレ【Gilet】に使われるギャバジン生地の特徴と織り方

経糸(たていと)が緯糸(よこいと)の2倍の本数を使い2/2の綾織りで織られた生地で、ギャバジン生地は織り方の性質上、約60度の角度で綾目が走り、裏地が滑らかになります。

糸密度が高く、丈夫でハリやコシがあり、独特のシワ感やシルキーな雰囲気が魅力的で、動いた時に見えるジレ【Gilet】の揺れが何とも言えないシルエットを演出します。

>>ジレに使われる生地:平織りの特徴

>>ジレに使われる生地:綾織りの特徴

ジレ【Gilet】に使われるウールギャバジンとは?

一般的にウールで作られるギャバジン生地の場合は60番手以上の双糸で織られる事が多く、ウールギャバジンは非常に暖かいため本格的な冬用のジレ【Gilet】の生地として使われ、1950年代から1960年代頃に非常に流行し、今でも多くの支持を獲得しています。

>>知っておきたいジレの歴史

ジレ【Gilet】に使われるポリエステルギャバジンとは?

ギャバジン生地を用いた春先から暖かい時期にかけてのジレ【Gilet】に使われているのが、ポリエステル素材を使用して織られたポリエステルギャバジンと呼ばれる生地です。薄く作れるのが特徴で、ウールよりも滑らかなでシルキーな質感があります。

>>ポリエステル素材のジレの魅力と手入れ

ギャバジン生地のジレ【Gilet】の魅力

レインコート等にも使われるギャバジン生地は、撥水性や耐久性に優れていて、ジレ【Gilet】に使用した際もその「タフさ」が滲み出る男らしい雰囲気が魅力的です。

滑らかで触り心地が良く、程よい光沢感がでるのも特徴で、独特のドレープ感があり、ギャバジン生地のジレ【Gilet】を着て歩くと、スタイリッシュなシワ感が生まれます。

そういった特徴からかニューヨークスタイルの定番素材とも言えるギャバジン生地は、スマートな雰囲気を演出してくれる魅力あるジレ【Gilet】に仕立てられます。

>>ジレのカジュアル向けな選び方

>>ジレのビジネス向けな選び方

>>ジレのフォーマル向けな選び方

ジレ【Gilet】に使われているギャバジン生地のお手入れ方法

>>ジレを長持ちさせる手入れの方法

ギャバジン生地で作られたジレ【Gilet】の毎日のお手入れ

元々は作業用の為に、撥水性を高めた織り方として作られたギャバジン生地なので、ブラッシングなどで少々手荒に扱ってもギャバジン生地のジレ【Gilet】は大丈夫です。

硬めのブラシでも大丈夫ですが、繊維自体を痛めない為にも馬毛ブラシがお勧めです。ギャバジン生地は糸密度が高いため、毎日の手入れはブラッシング程度で問題無しです。

最安値を調べるならコチラ

ギャバジン生地のジレ【Gilet】の注意点

丈夫で撥水性が高いということが注目されているギャバジン生地ですが、素材によっては埃がシミになり易いため、ブラッシングは毎日欠かさず行いましょう。ウールギャバジンで作られたジレ【Gilet】は洗濯すると縮み易いので注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク