キレイめコーデの必須アイテム!
ピントルのジレ専門ページ

スポンサーリンク

ウール素材のジレの魅力と手入れ

ジレ/ベストの人気ウール素材

ジレ【Gilet】の素材として季節を問わず1年を通して定番とも言えるウール素材は、着心地がよく様々な織り方によって通気性や保湿性に変化があるため愛されています。

羊毛から作られる素材であるウールは種類や飼育地によって品質や品種が様々です。そんなジレ【Gilet】に使われるウール素材の特徴や手入れ方法を紹介します。

スポンサーリンク

ウール素材のジレ【Gilet】の特徴

ウール素材のジレとは?特徴と注意

ウール(wool)は別名「羅紗(ラシャ)」ともいわれ、羊の毛から紡いだ繊維であり、一般的には羊毛を指しますが、広い意味の場合アルパカやラクダの毛も含まれます。

ウール素材のジレの特徴

保湿性と保温性が高く、抗菌消臭作用にすぐれている事や、シワになりにくく、他の繊維よりも燃えにくいという特徴があります。

>>ジレに使われる生地:平織りの特徴

>>ジレに使われる生地:綾織りの特徴

ウール素材のジレの注意点

水を使って洗ってしまうと縮んでしまうという性質があり、アイロンをかける時などに当て布をしないとテカってしまいます。アルカリ性に弱く、天然素材のため虫の害を受け易いので注意しましょう。

ウール素材のジレ【Gilet】の魅力

ウール素材で作られたジレ【Gilet】は季節を問わず通年で使えるという魅力があります。なぜなら気温が高くなるとウール繊維が伸びるため空気の流れを作り出し風通しが良くなるため、ウールで作られたジレ【Gilet】は夏場など暖かい気候では涼しく快適に過ごす事ができます。

また、気温が低くなった場合はウール繊維が縮んで糸密度が増し空気の流れを妨げてくれるので、冬場など寒い時期のウール素材のジレ【Gilet】は暖かく感じる事が出来るのです。

また、湿度が高くなると水分を吸収し、低いときは保湿してくれるという特徴があるため、ウールは温度や湿度の変化によってジレ【Gilet】を最善のコンディションに保ってくれるのです。

>>メンズ用ジレのカジュアル向けな選び方

>>メンズ用ジレのビジネス向けな選び方

>>メンズ用ジレのフォーマル向けな選び方

ウール素材のジレ【Gilet】の手入れ方法

>>ジレを長持ちさせる手入れの方法

ウール素材のジレ【Gilet】の毎日のお手入れ方法

ウール素材で作られたジレ【Gilet】はしまう前にしっかりとブラシがけを行いましょう。埃などはアルカリ性のため、ウール繊維をいためたりシミになってしまう場合があります。ウール素材のジレ【Gilet】をブラッシングする際は柔らかい馬毛ブラシがオススメです。

最安値を調べるならコチラ

ウール素材のジレ【Gilet】は時々蒸気をあててリフレッシュさせる事でシワがとれます。ジレ【Gilet】についたタバコの臭いや焼き肉などの食べ物の臭いも取れるのが特徴で、ハンガー等にかけたまま使える「蒸気の出るブラシ」等をしようすると良いでしょう。ウール素材の衣類は蒸気を使用してシャキッとさせる!お手入れの基本中の基本です。

最安値を調べるならコチラ

ウール素材のジレをウエットクリーニング!?

通常、ウール素材で作られたジレ【Gilet】はドライクリーニングするのが一般的です。しかし、汗や皮脂、ワインのシミなどのタンパク質系の汚れは水に溶ける水溶性の汚れなので、水と洗剤で優しく洗う事で、炭水化物やバクテリアはモチロン、臭いやシミも落とせます。

化学溶剤を使用しないので、色物のウールも鮮やかな色に保つ事が可能となります。しかし、水洗い不可の表示があるジレ【Gilet】の場合は変形する事があるのでオススメしません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク