キレイめコーデの必須アイテム!
ピントルのジレ専門ページ

サキソニー生地のジレの魅力と手入れ

サキソニー生地のジレ/ベスト

うっすらと毛羽のある絶妙な風合いが人気のサキソニー生地で作られたジレ【Gilet】。美しいメルトン仕上げによって暖かみのある雰囲気を演出する独特の表情を持っていて、柔らかな質感が秋冬の定番生地として多くの人の支持を獲得しているサキソニー生地。

そんなジレ【Gilet】に使われるサキソニー生地の魅力や手入れの方法を紹介します。

スポンサーリンク

サキソニー生地のジレ【Gilet】の魅力と特徴

ジレ【Gilet】に使われるサキソニー生地の特徴と織り方

サキソニー生地というのは基本的に「紡毛糸を綾織りにしメルトン仕上げした生地」です。多くはウール(羊毛)等の素材が使われ紡毛織物では最高級の生地として親しまれています。

ジレ【Gilet】などに使われるサキソニー生地の定義の線引きは非常に曖昧な部分が多々あり、平織りでも綾織りでも、紡毛糸でも梳毛糸でもサキソニー生地と言われる事があります。その多くは「メルトン仕上げ」が施されているかどうかで判断している場合が多いのです。

>>ジレに使われる生地:平織りの特徴

>>ジレに使われる生地:綾織りの特徴

ジレ【Gilet】に使われるメルトン仕上げとは?

ジレ【Gilet】に使われるサキソニー生地にも施されるメルトン仕上げという加工は、生地の素材の30%を縮絨させ、それを毛羽立たせた後に圧絨する事でベロア等のように、毛羽が四方に向き光沢が消え、柔らかく暖かみのある印象にする仕上げ方法です。

>>知っておきたいジレの歴史

ジレ【Gilet】に使われるサキソニー生地の語源

ドイツのザクセン地方で生まれた事からサキソニー生地という名前になりました。この地方はラテン語の場合Saxonia(サクソニア)英語の場合Saxony(サクソニー)で、現在ではドイツの重要な工業地帯となり、石炭や鉄など地下資源に恵まれている地方です。

ジレ【Gilet】に使われる梳毛サキソニー生地!?

通常のサキソニー生地というのは「紡毛糸を使い綾織りで作ったもの」を言います。「梳毛糸」を使用した物はミドル・ウーステッドという名前で呼ばれるはずなのですが、梳毛サキソニー生地という言葉が使われる事もある為、勘違いしがちなポイントです。

>>ジレに使われる素材:紡毛糸の特徴

>>ジレに使われる素材:梳毛糸の特徴

サキソニー生地のジレ【Gilet】の魅力

秋冬のジレ【Gilet】の定番素材と言っても過言ではないサキソニー生地は、独特の毛羽が優しく柔らかく暖かい雰囲気を演出し、まさに寒い時期にピッタリの装いで、高級感と大人の風合いが感じられる部分が非常に魅力的なジレ【Gilet】となります。

サキソニー生地で作られたジレ【Gilet】はその表情から11月-2月頃までの装いとして、1年で見ると比較的短い期間が主役となる為、オシャレな人しか所有していません。

そのため、秋冬の寒い時期に合わせてサキソニー生地のジレ【Gilet】を着るだけで、ちょっと他と差をつけられるのもサキソニー生地で作られたジレ【Gilet】の魅力です。

>>ジレのカジュアル向けな選び方

>>ジレのビジネス向けな選び方

>>ジレのフォーマル向けな選び方

ジレ【Gilet】に使われるサキソニー生地の手入れ方法

>>ジレを長持ちさせる手入れの方法

サキソニー生地で作られたジレ【Gilet】の毎日の手入れ

独特な毛羽の風合いを持つサキソニー生地で作られたジレ【Gilet】の特性的に、毛羽が乱れたり、毛羽同士が絡まってしまったりすると非常にみっともなく見えます。

美しいサキソニー生地のジレ【Gilet】をキープする為にも毎日のブラッシングは重要で、毛質の硬いブラシの場合毛羽をいためる事があるので、馬毛のブラシを使用しましょう。

現在の価格はコチラ

サキソニー生地のジレ【Gilet】の注意点

ジレ【Gilet】に使われたサキソニー生地の素材によっても注意点は変わりますが、毛羽たせる為のメルトン仕上げを施した生地はウォータースポットと呼ばれる。

水シミが出来易い性質があるので、雨や水濡れには十分な注意が必要です。サキソニー生地に水シミが出来た場合は専用のシミ取り剤を使用しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク