キレイめコーデの必須アイテム!
ピントルのジレ専門ページ

ジレを長持ちさせる手入れの方法

ジレ/ベストの手入れの方法

クールビズにジレ【Gilet】を愛用している人はもちろん、週末だけのオシャレで使用する人も、大切なジレ【Gilet】を長持ちさせる為には毎日のお手入れが大切なのは知ってますよね?

ところが、今更聞けない感があったり、意外と正しいお手入れ方法を知らない人が多くいます。間違った方法で大切なジレ【Gilet】を痛めない為にも勉強しておきましょう。

スポンサーリンク

ジレ【Gilet】を長持ちさせるお手入れ方法

ジレ【Gilet】のお手入れ方法① ブラッシング

お手入れの基本と言えば、帰宅したらまずはブラッシングをするという事です。

大切なジレ【Gilet】の色が褪せてしまったりするのは日光による紫外線の影響もありますが、それ以上にホコリ等の影響が強く、毎日しっかりブラッシングするだけでカナリ改善されます。

なぜかというとホコリの成分というのはアルカリ性のため、生地の繊維を痛めてしまうのです。毛の硬い豚毛ブラシ等を使用した場合、ジレ【Gilet】の繊維を痛めてしまう可能性もある為、毎日のブラッシングには柔らかい馬毛のブラシを使用する事をオススメします。

現在の価格はコチラ

ブラッシングした後は、ジレ【Gilet】についたホコリをしっかり落とす為に、衣料用の粘着ローラーを使用して、繊維に奥からブラシで搔き出したホコリを取ります。

絨毯やカーペット用の粘着ローラーは粘着力が強すぎてジレ【Gilet】を痛めるので注意です。大切なジレ【Gilet】には衣料用の物を使う事をオススメします。

現在の価格はコチラ

ジレ【Gilet】のお手入れ方法② シワ取り

毎日使用しているジレ【Gilet】は立ったり座ったりの動作でシワが付いてしまいがちです。シワが出来てしまった場合、衣類用のシワ伸ばしスプレーを使用するとシャキッとします。

シワ伸ばしスプレーには殺菌消臭効果もあるため、ジレ【Gilet】を長持ちさせる事が出来ます。2週間に1回程度はスプレーを吹いてハンガーに吊るし、シワを伸ばしてあげましょう。

最安値を探すならコチラ

大切なジレ【Gilet】を毎日シワ取りしたい場合は、いつものブラッシングに加えて蒸気の出るブラシを使用してあげるのがオススメです。

現在の価格はコチラ

ジレ【Gilet】のお手入れ方法③ アイロンがけ

アイロンがけで注意するべきポイントは、アイロンの温度とジレ【Gilet】の素材です。コットンやリネンの場合は180℃〜200℃、ナイロンやポリエステル等は110℃~130℃。ウール系の動物繊維は140℃~160℃を目安に、縫い目にやラインに沿って優しくかけます。

ジレ【Gilet】とアイロンの間に当て布をする事で、生地をテカらせないようにして、芯生地を引っ張りながらスチームの湿気が取れないうちにジレ【Gilet】をプレスし、余計なテンションをかけて織り目が付かないように気をつけましょう。

ウールは生地の弾力を守るので、アイロンがけに使う当て布はウール生地の物がお勧めです。管理人が愛用しているスチームアイロンはコチラです。

現在の価格はコチラ

ジレ【Gilet】を長持ちさせるコツ

ジレ【Gilet】の手入れのコツ① 1日着たら休ませる

おそらくビジネスマンの人はジレ【Gilet】を季節や場面に合わせて何着も持っていると思います。ジレ【Gilet】を長持ちさせる最も単純な方法は、毎日同じものを着ないという事になるのですが、着回す事で、その間にシワが取れて生地の負担も減り、結果的に長く持たせる事になります。

理想は、ジレ【Gilet】を1日着たら、2日間は休ませるというのが最適な間隔といえます。

ジレ【Gilet】の手入れのコツ② ポケットの中身は全部出す

ポケットの中に、定期やタバコ、ボールペンやポケットチーフ等を入れっぱなしにすると、ジレ【Gilet】の形崩れの原因となる為、脱いだときは全部出しておく事が大切となります。

ついついポケットの中に物を入れっぱなしにしてしまう気持ちは解らなくありませんが、ハンガーに吊るしたとき等、ジレ【Gilet】に左右非対称な荷重がかかってしまうため、生地が伸びるだけでなく、左右の長さが変わってしまったりする事もあるのです。

ジレ【Gilet】の手入れのコツ③ 生地の素材を熟知する

天気、気温、湿度だけでなく、手入れに使うシワ取り剤やアイロンがけ等で、最も重要となるのはジレ【Gilet】に使われている生地や素材の特性を理解しておく事です。

素材によっては、水分によって変色し易かったり、縮んでしまう事もありますし、熱で変形してしまい易かったり、虫が付き易かったりと様々な特徴があります。

自分のジレ【Gilet】に使われている素材に詳しくないままに手入れを行ってしまうと、よかれと思ってやった事が、逆に悪影響を与えてしまう場合もあるので注意が必要です。

代表的なジレ【Gilet】に使われている素材の手入れ方法

>>ウール素材のジレの魅力と手入れ

>>ポリエステル素材のジレの魅力と手入れ

>>シルク素材のジレの魅力と手入れ

>>カシミヤ素材のジレの魅力と手入れ

>>コットン素材のジレの魅力と手入れ

>>リネン素材のジレの魅力と手入れ

代表的なジレ【Gilet】に使われている生地の手入れ方法

>>サージ生地のジレの魅力と手入れ

>>サキソニー生地のジレの魅力と手入れ

>>フランネル生地のジレの魅力と手入れ

>>ツイード生地のジレの魅力と手入れ

>>トロピカル生地のジレの魅力と手入れ

>>ギャバジン生地のジレの魅力と手入れ

スポンサーリンク
スポンサーリンク