選び方から手入れ方法まで
ピントルの革靴専門ページ

革靴の人気ランキング最新版

革靴の人気ランキング最新版

カジュアルファッションに革靴を愛用している人も、ビジネスシーンで革靴を愛用している人も多いでしょう。また、新社会人として仕事で使う革靴を探している人や、冠婚葬祭などの場面で革靴を探している人も多いと思います、そこで今回は革靴の種類別に人気ランキングを紹介していきます。

人気ランキングに登場している革靴には、それぞれ使えるシーンや相性、さらには革靴のもつ特徴なども解説していますので、ぜひ初めての革靴選びから、似合う革靴を探している人まで多くの人に役立てて頂きたいと思います。

では早速、最新の革靴人気ランキングを1位から見ていきましょう!

スポンサーリンク

第1位:ストレートチップ(Straight Tip)

第1位:ストレートチップ(Straight Tip)

現在の価格はコチラ

革靴の人気ランキングで堂々の1位に輝いたのはストレートチップタイプの革靴でした。

冠婚葬祭から就職活動、さらには週末のデートまで、使用する場面を選ばないオールマイティーな黒色ストレートチップを中心に、革靴の人気ランキングで圧倒的な大差をつけて1位に輝いたストレートチップ。普段は革靴を使わないけど、大人なんだから1足は持っておなければならない、そんな人から革靴マニアな人まで多くの支持を集める定番モデル。

内羽根式の黒色のストレートチップなら、モーニングなどの礼装でも使用できるフォーマル度の高い革靴なため、とりあえずコレを1足もっておけば、あらゆる場面で使用できるとして人気を獲得している革靴です。

>>ストレートチップについて詳しくはコチラ

弔事 慶事 ビジネス カジュアル

人気の高いストレートチップ(Straight Tip)の革靴

第2位:プレーントゥー(Plain Toe)

第2位:プレーントゥー(Plain Toe)

現在の価格はコチラ

革靴の人気ランキングで第2位に登場したのは、シンプルな見た目が特徴のプレーントゥーでした。

ストレートチップにはフォーマル度で劣るものの、使う場所を選ばない汎用性の高さと、カジュアルな場面において非常に多くのスタイルに相性が良いことで人気を獲得しており、一般的な冠婚葬祭から夜遊びまで様々なシーンで使えるのが人気の理由と言えます。

どこかお堅い印象のあるストレートチップより、普段履きとしても革靴を使いたい!という人から人気の革靴であり、革靴をいろいろな場面で履き回したいという人や、初めての革靴選びをしている人におすすめです。

>>プレーントゥーについて詳しくはコチラ

弔事 慶事 ビジネス カジュアル

人気の高いプレーントゥー(Plain Toe)の革靴

スポンサーリンク

第3位:ウィングチップ(Wing Tip)

第3位:ウィングチップ(Wing Tip)

現在の価格はコチラ

革靴の人気ランキングでトップ3に滑り込んだのは、個性豊かなウイングチップタイプの革靴でした。

通称”オカメ”とも言われる革靴の定番モデル。ちょっと着崩した小慣れ感のあるビジネススタイルから、結婚式や二次会といったパーティースタイル、そしてもちろんカジュアルな場面など、華のあるシーンで大活躍なのがこのタイプであり、フォーマル度の高い革靴は持っているから2足目の革靴を探しているという人に人気を獲得して3位にランクインしました。

ウィングチップの革靴はブリティッシュスタイルの大人な落ち着きを感じさせてくれる魅力があります、男らしい力強さとクラシカルな伝統を感じるデザイン、是非ともウイングチップを履きこなして、ラギッドかつジェントルなスタイルを演出してください。

>>ウィングチップについて詳しくはコチラ

弔事 慶事 ビジネス カジュアル
×

人気の高いウィングチップ(Wing Tip)の革靴

第4位:モンクストラップ(Monk Strap)

第4位:モンクストラップ(Monk Strap)

現在の価格はコチラ

トップ3まであと一歩届かず、革靴の人気ランキング第4位に登場したのは一風変わった個性が魅力のモンクストラップでした。

一般的にビジネスやフォーマルなどでは紐靴が推奨されていますが、モンクストラップは例外的に使用することが出来る革靴です。その特徴はなんといってもストラップとバックルを使用した独特の形であり、もともとは修道士(モンク)たちが使用していた靴をルーツにもつためか、どこかストイックな顔立ちなのも人気のポイントです。

脱ぎ履きが面倒に感じる人も多いかもしれませんが、ベルトがボタン式で止められるようになっているタイプや、内側がゴム布になってスリッポンのように履けるタイプもあるので、気楽に履けるビジネスシューズが欲しいという人にもおすすめです。

プレーントゥーストレートチップのような堅い印象と、ローファーやスリッポンのように楽な履き心地、この二面性こそがモンクストラップの人気を押し上げている理由と言えるでしょう。

>>モンクストラップについて詳しくはコチラ

弔事 慶事 ビジネス カジュアル

人気の高いモンクストラップ(Monk Strap)の革靴

第5位:タッセルローファー(Tasseled Loafer)

第5位:タッセルローファー(Tasseled Loafer)

現在の価格はコチラ

履きやすさで人気のローファーから、革靴人気ランキングのトップ5に滑り込んだのはタッセルローファーでした。

ローファーというと、カジュアルでスリッパのように履ける手軽な印象と受けるかもしれませんが、アメリカでは弁護士達が愛用するローヤーズシューズとして定番の地位につけており、ここ日本でもビジネスユースで当たり前の顔をして履ける革靴として人気を得ているのが特徴です。

タッセルスリッポンというのは起源を宮廷で履かれた室内履に持ち、どこかノーブルな顔立ちなのが魅力的です。忙しい朝も足を滑らせるように履けて、ビジネスシーンでも堂々と足元を飾り、アフターでは小粋に房飾りを揺らして歩ける、そんなオールマイティーな革靴を探している人は注目です。

>>タッセルローファーについて詳しくはコチラ

弔事 慶事 ビジネス カジュアル

人気の高いタッセルローファー(Tasseled Loafer)の革靴

スポンサーリンク

第6位:サイドゴアブーツ(Side Gore Boots)

第6位:サイドゴアブーツ(Side Gore Boots)

現在の価格はコチラ

革靴の人気ランキングで第6位と健闘したのは、変わり種にも思えるサイドゴアブーツでした。

一般的なブーツは履きづらいため敬遠されがちでしたが、足をスポッと入れるだけではけてしまうサイドゴア構造と、スーツスタイルで履けばプレーントゥーなどと同じシルエットになるため、知っている人たちはビジネスユースに取り入れていたことが徐々に浸透し始め人気が急上昇中の革靴です。

最近ではチェルシーブーツという名前でファッションアイテムとしても人気を獲得しており、古くは日本でもフォーマルユースに使用されていたという異例の革靴です。革靴嫌いな人たちの愛用者も多く、短靴タイプの革靴よりも履きやすいので普段からサイドゴアブーツを使用しているというビジネスマンも急増中です。

>>サイドゴアブーツについて詳しくはコチラ

弔事 慶事 ビジネス カジュアル
×

人気の高いサイドゴアブーツ(Side Gore Boots)の革靴

第7位:ユーチップ(U-Tip)

第7位:ユーチップ(U-Tip)

現在の価格はコチラ

カントリー調の雰囲気が評価を得て、革靴の人気ランキングで7位に登場したのは定番のユーチップでした。

比較的、若い世代の日本人でも馴染みのある革靴ですが、革靴の中ではカントリースポーツなどをルーツに持っているため、使えば使うほどにカジュアル寄りな革靴であることに気がつきます。ビジネスシーンで使用している人も見かけますが、どちらかというとカジュアル層から人気を得てランキング7位を獲得したと考えられます。

ただし、ファッションセンスに自信があるビジネスマンなら、ユーチップほどオシャレにスーツを合わせられる革靴はないと感じるかもしれません。イギリス生まれの高貴さとスポーティーな印象が同居する革靴ですから、歩く場所や天候を気にせず使える、そんな革靴を探している人におすすめです。

>>ユーチップについて詳しくはコチラ

弔事 慶事 ビジネス カジュアル
× ×

人気の高いユーチップ(U-Tip)の革靴

第8位:ペニーローファー(Penny Loafer)

第8位:ペニーローファー(Penny Loafer)

現在の価格はコチラ

ローファーの代名詞的存在であるペニーローファーは、カジュアルな印象が強く人気ランキングでは8位という結果になりました。

アイビーリーグ出身なのにペニーローファーを履いたことのない人を見つけるなんて、今時スマホを持たない女子高生を見つけるほど難しいと言われており、まさにアイビールックの定番革靴として知られるペニーローファー。ビジネスではカジュアルすぎる印象を持たれるため、残念ながら人気ランキングは8位となりました。

とは言ってもこの順位、やはりトラッド系のスタイルやプレッピー系のスタイルとの相性が非常によく、タウンユースとして使うペニーローファーの人気の高さが逆に浮き彫りになったとも考えられます。普段のおしゃれ革靴として1足目を探している人は持っておいて間違いない革靴と言えます。

>>ペニーローファーについて詳しくはコチラ

弔事 慶事 ビジネス カジュアル
×

人気の高いペニーローファー(Penny Loafer)の革靴

スポンサーリンク

第9位:ブーティー・オックスフォード(Booty Oxford)

第9位:ブーティー・オックスフォード(Booty Oxford)

現在の価格はコチラ

タフでラギッドな作りが注目され、革靴の人気ランキング9位を獲得したのはブーティーオックスフォードでした。

似合わない服装の方が少ないくらい、カジュアルファッションの大定番となりつつあるワークブーツ、その中でも取り分け短靴タイプのワークブーツは人気が高く、ジャケパンスタイルからストリートファッションまで多くの人から人気を獲得しランキングを駆け上がったブーティオックスフォード。

ビジネスユースな革靴が多い中で9位は大健闘!砂利の上でも歩けるクッション性の高いソールと、雨の中でも履けるオイルドレザーなど、ワークブーツメーカーの作る革靴だからこそ!といえる魅力が詰まっており、普段履きとしての人気は非常に高く今後も順位を上昇させていくのではないかと考えられます。

>>ブーティー・オックスフォードについて詳しくはコチラ

弔事 慶事 ビジネス カジュアル
× × ×

人気の高いブーティー・オックスフォード(Booty Oxford)の革靴

第10位:チロリアンシューズ(Tyrolean Shoes)

第10位:チロリアンシューズ(Tyrolean Shoes)

現在の価格はコチラ

カジュアル系革靴の定番とも言えるチロリアンシューズ、人気ランキングではトップ10にランクインしました。

もともとは登山用の革靴をルーツにもつだけあって、その男らしさと無骨さの中に温もりを感じるデザインとなっており、曲線的で可愛らしいシルエットがカジュアル層から多くの人気を獲得したチロリアンシューズ。大人っぽい印象と、少年的なアクティブさを兼ね備えており、ツイードを始めとした冬のファッションとも相性が良い革靴です。

一般的なビジネスシーンや冠婚葬祭では使えませんが、野外でアクティブに活動する人や、アウトドアな遊びでも革靴を愛用したいという人におすすめであり、ワークブーツ系よりもクラシカルな印象の革靴を探している人にもおすすめなのがチロリンアシューズです。

>>チロリアンシューズについて詳しくはコチラ

弔事 慶事 ビジネス カジュアル
× × ×

人気の高いチロリアンシューズ(Tyrolean Shoes)の革靴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 革靴のおすすめブランドや手入れ方法の情報満載 <<
失敗しない!上手な革靴の選び方
革靴の
上手な選び方
知っておきたい!革靴の手入れの基本事項
革靴の
手入れの基本事項
新品の革靴を履く前にしたい手入れ方法
新品の革靴
履く前の手入れ
革靴の手入れに必要な道具まとめ
革靴の手入れに
必要な道具
雨に濡れてしまった革靴の対処方法
雨に濡れた
革靴の対処方法