選び方から手入れ方法まで
ピントルの革靴専門ページ

>> 革靴のおすすめブランドや手入れ方法の情報満載 <<
失敗しない!上手な革靴の選び方
革靴の
上手な選び方
知っておきたい!革靴の手入れの基本事項
革靴の
手入れの基本事項
新品の革靴を履く前にしたい手入れ方法
新品の革靴
履く前の手入れ
革靴の手入れに必要な道具まとめ
革靴の手入れに
必要な道具
雨に濡れてしまった革靴の対処方法
雨に濡れた
革靴の対処方法

【フランス】革靴のおすすめブランドまとめ

【フランス】の革靴おすすめブランド

ファッションの都パリを擁し、エルメスやヴィトン、シャネルなどのハイブランドを生み出したフランス。革製品の品質の高さにも定評があるフランスには優れた革靴ブランドも数多く存在します。

フランスブランドの革靴は、華やかで上品なイメージが強いですが、実は質実剛健で実用的な革靴の人気が高いです。そんな奥深いフランスの革靴ブランドをまとめましたので革靴選びの参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

パラブーツ(Paraboots)

現在の価格はコチラ

1908年創業のパラブーツは、靴職人であったレミー・リシャールポンヴェールがアメリカで一足の靴と出会ったことでその歴史が始まりました。それはラバーで覆われた革のブーツであり、そこから着想を得て天然ラバーソールの登山靴メーカーとして成長を成し遂げるのです。

パラブーツの革靴は、ノルウィージャンウェルト製法という手間がかかるが堅牢性が高く足への負担をかけにくい製法で創業以来作られており、熟練の技術とこだわりが感じられる革靴である点が特徴です。

ジェイ・エム・ウエストン(J.M.WESTON)

革靴を調べるならコチラ

1891年にエドゥアール・ブランシャールがリモージュにて立ち上げたジェイ・エム・ウエストン。息子のウジェーヌがアメリカでの留学で身に着けたグッドイヤーウェルト製法によって、独自のスタイルを切り開き人気となったフランスの老舗革靴ブランドです。

10年履ける靴作り」をブランドコンセプトとし、素材・製法・履き心地の全てのこだわりによって生まれた独特の丸みを帯びたデザインは一目で同社の革靴と分かります。フレンチトラッド革靴の代表的ブランドです。

スポンサーリンク

エシュン(Heschung)

現在の価格はコチラ

1934年にフランス北部のアルザスで創業されたエシュン。創業時からノルウェイジャン製法とグッドイヤーウェルト製法を巧みに使い分け、多様な革靴を製造している革靴ブランドです。特にスキーブーツの評価が高く、オリンピック代表選手にも愛用者がいます。

エシュンの革靴は、上品なドレスシューズからカジュアルな革靴はもちろん、タフさが売りのブーツまで多様な品揃えを誇っています。伝統的なハンドメイドにもこだわっており、世界的に人気の高い革靴ブランドです。

オーベルシー(AUBERCY)

現在の価格はコチラ

1935年にオーベルシー兄弟によってパリで創業されたオーベルシー。イギリスで靴作りの修業を行ったオーベルシー兄弟によって創業され、イタリアに工場を置くオーベルシーは、仏・英・伊3か国の長所を併せ持つ稀有な革靴ブランドです。

フランスの革靴と比較すると、癖のあるデザインが少なくクラシカル。イギリスの革靴と比較すると華がある。イタリアの革靴と比較すると丈夫である。このように革靴の製造が盛んな国々の長所を良いとこ取りした点がオーベルシーの特徴です。

ウーゴ&エンツォ(HUGO&ENZO)

革靴を調べるならコチラ

2002年にパリの若手デザイナーであったジョルジ・クーニャによって創業されたウーゴアンドエンツォ。熟練の革靴職人であった父親と工房を構えたことから歴史は始まりました。新進気鋭の革靴ブランドであり、フランスらしいスタイリッシュな革靴が特徴的です。

ウーゴアンドエンツォの生産拠点はポルトガルにあり、先進的なデザインや色遣いでフランス靴らしさを出しながらも、比較的リーズナブルである点が魅力です。都会的でエキセントリックなウーゴアンドエンツォの革靴を一度は手に取ってみて下さい。

スポンサーリンク

クリスチャン・ルブタン(Christian Louboutin)

現在の価格はコチラ

1992年にエルメスなどのハイブランドで靴のデザインをしていたクリスチャン・ルブタンがパリでブティックを開業したことからクリスチャン・ルブタンのパリの歴史が始まりました。そもそもは女性向けの靴のブランドとしてスタートしましたが、すぐに人気となり現在では紳士靴はもちろん化粧品なども手掛ける総合ブランドとして地位を築いています。

女性向けのハイヒールがあまりに有名であり、レディーガガやマドンナなど著名人にもファンが多いです。レッドソールという赤い靴底が特徴的であり、紳士靴にも採用されておりブランドの象徴となっています。スタイリッシュでエキセントリックなデザインの革靴が多く、個性的なオシャレをしたい人におすすめです。

コルテ(Corthay)

革靴を調べるならコチラ

フランスのパリで1990年にピエール・コルテによって創業されたコルテ。当初はビスポーク(注文を受けてから製造する)専門でしたが、2004年から既製靴の販売を始め、世界的なブランドとして認知されています。既製靴に関してもコルテ自身が監督を務め、自社制作にこだわり作られている高品質な革靴です。

コルテの革靴は、芸術的と称される程にデザイン性が高く、細身で優雅な点が特徴です。しかし、見た目よりも中に余裕があるので、多くの人の足にフィットする点も魅力です。フランスの人間国宝「メートル・ダール」を受賞した匠の技をぜひお試しください。

ベルルッティ(BERLUTI)

革靴を調べるならコチラ

1895年にアレッサンドロ・ベルルッティによって創業されたベルルッティ。当初はビスポーク(注文を受けてから製造する)専門でしたが、世界中のセレブたちに人気となり、現在では既製靴の製造も盛んに行われています。

ベルルッティの革靴は、そのデザイン性の高さから革靴の芸術と称されています。その斬新なデザインを支えているのが職人の技術と、ヴェネチアレザーといわれる謎に包まれた独自の革です。製造方法やルートなどが明らかにされておらず、革メーカーと共同開発によって製造されたこの革は、柔らかいのに型崩れしにくく、発色、光沢、輝きに優れた革です。革靴フリークなら一度は履きたいと思う革靴です。

>>最新の革靴人気ランキングはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 革靴のおすすめブランドや手入れ方法の情報満載 <<
失敗しない!上手な革靴の選び方
革靴の
上手な選び方
知っておきたい!革靴の手入れの基本事項
革靴の
手入れの基本事項
新品の革靴を履く前にしたい手入れ方法
新品の革靴
履く前の手入れ
革靴の手入れに必要な道具まとめ
革靴の手入れに
必要な道具
雨に濡れてしまった革靴の対処方法
雨に濡れた
革靴の対処方法