選び方から手入れ方法まで
ピントルの革靴専門ページ

>> 革靴のおすすめブランドや手入れ方法の情報満載 <<
失敗しない!上手な革靴の選び方
革靴の
上手な選び方
知っておきたい!革靴の手入れの基本事項
革靴の
手入れの基本事項
新品の革靴を履く前にしたい手入れ方法
新品の革靴
履く前の手入れ
革靴の手入れに必要な道具まとめ
革靴の手入れに
必要な道具
雨に濡れてしまった革靴の対処方法
雨に濡れた
革靴の対処方法
スポンサーリンク

【日本】革靴の人気ブランドまとめ

【日本】革靴の人気ブランドまとめ

ものづくり大国日本の作る革靴。精密部品と同様に世界中で高評価を得ています。日本の革靴技術は軍靴によって磨かれました。革の供給が少ない中で壊れない丈夫な革靴を作るかが軍事的にも重要であったためです。

今日では日本の革靴は、世界で最も独創的で精巧な技術によって、流行に敏感なニューヨーカーから伝統的なジェントルマンまで幅広い層に賞賛されています。そんな日本が誇る革靴ブランドをまとめましたので革靴選びの参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

リーガル(REGAL)

現在の価格はコチラ

もともとはアメリカのブランドであったリーガル。マサチューセッツ州に設立されたLCブリス&カンパニー社がその起源であり、1962年に日本製靴(現在のリーガルコーポレーション)と技術提携という形で日本に渡り、1990年に商標を獲得し、現在の形になりました。アイビーブームの折にローファーやサドルシューズで人気を不動のものとしました。

リーガルはグッドイヤーウェルト製法で作られた伝統的なデザインの革靴が特徴であり、耐久性が強く徐々に自分の足に馴染む革靴です。全国に店舗があるのも強みであり、万全のアフターケア体制が用意されています。

安藤製靴

革靴を調べるならコチラ

1959年に安藤俊彦によって設立された安藤製靴。メイドインジャパンの登山靴の代表格であり、エベレスト登頂を成し遂げた登山家の三浦雄一郎も愛用していたことはあまりに有名です。

ノルウィージャン製法の名手と謳われており、登山靴のノウハウを生かしてビジネスシューズからモーターサイクル用の靴まで製造しています。特にチロリアンシューズは、日本製チロリアンのパイオニアと言われています。

>>チロリアンシューズの革靴について詳しくはコチラ

スポンサーリンク

ユニオン・インペリアル(UNION IMPERIAL)

現在の価格はコチラ

1952年の創業以来、徹底的にハンドメイドにこだわり、その技術の向上を目指してきた革靴ブランドです。イタリアで開かれた製靴技コンクールでオスカーを過去に3年連続で受賞するなど、その技術力は国内だけではなく世界中に轟かせています。

マッケイ製法やハンドソーンウェルテッド製法などの手作業で縫い付ける製法が特徴であり、優れた技術力を活かした高品質な革靴で人気の高いブランドです。その優れた技術力から、クリスチャンディオールなど海外のハイブランドとの技術提携が多いのも頷けます。

三陽山長

現在の価格はコチラ

「海外ブランドに負けない日本の紳士靴」をスローガンに、紳士靴プロデューサーである長嶋正樹が中心となって2001年に設立された三陽山長。熟練の技。匠なものづくり。粋な心遣い。これらの和の精神に基づき、メイドインジャパンにこだわった高級革靴ブランドです。

三陽山長の革靴は、国産の丈夫なカーフにこだわり、履き始めは硬い印象ですが、履くほどに足に馴染んでフィットし、履き心地が良く頑丈で傷もつきにくい点が特徴です。

 ショセ(chausser)

現在の価格はコチラ

「長く愛着の持てる靴」をブランドコンセプトに2000年に設立されたショセ。ショセとはフランス語で「履く」という意味であり、時代による流行に左右されない普遍的な革靴を目指しています。

ショセの革靴は、量産品にない温かみが特徴であり、丸みを帯びたシンプルなデザインです。ドレスシューズからロングブーツまでラインナップも豊富です。幻の革と称されるコードヴァンの革靴が代表的であり、職人がハンドメイドで丹精込めて作り上げたショセの革靴は一度は履いて頂きたい革靴の1つです。

>>コードヴァンの革靴について詳しくはコチラ

スポンサーリンク

フォルメ(forme)

革靴を調べるならコチラ

2009年創業のフォルメは、東京の靴作りの聖地である浅草に拠点を置く新進気鋭の革靴ブランドです。生産はすべて日本国内の革靴職人によって行われており、品質の高い革靴作りにこだわりを持っています。

「革靴はファッションの前に道具である」というブランドコンセプトの基、機能性とデザイン性を両立させた革靴を提供しています。特に革へのこだわりが強く、国内外を問わず独自の目線で厳選した革で製作しています。

大塚製靴

現在の価格はコチラ

明治五年(1872年)創業の老舗革靴メーカーです。皇室御用達として名を馳せており、太平洋戦争終戦まで日本軍の軍靴を請け負うなど日本を代表する革靴メーカーです。

現在では、「ハッシュパピー」や「バーバリー」などのブランドを展開しており、これらのブランドの革靴は大塚製菓が製造・販売を担っています。ハイブランドに任される程の技術力を誇る、日本の老舗革靴メーカーです。

ヒロカワ製靴

現在の価格はコチラ

1964年に廣川吾郎によって設立されたヒロカワ製靴。他ブランドのライセンス生産や廉価なセカンドライン展開を行わず、「スコッチグレイン」ブランドをメインに展開しているこだわりの革靴ブランドです。

グッドイヤーウェルト製法によって作られるヒロカワ製靴の革靴は、世界中から買い付けた上質なレザーと、日本人の足に合うように長年研究を重ねた足型を組み合わせることで、高品質で足にフィットする至高の革靴となります。日本人による日本人の為の革靴です。

>>最新の革靴人気ランキングはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 革靴のおすすめブランドや手入れ方法の情報満載 <<
失敗しない!上手な革靴の選び方
革靴の
上手な選び方
知っておきたい!革靴の手入れの基本事項
革靴の
手入れの基本事項
新品の革靴を履く前にしたい手入れ方法
新品の革靴
履く前の手入れ
革靴の手入れに必要な道具まとめ
革靴の手入れに
必要な道具
雨に濡れてしまった革靴の対処方法
雨に濡れた
革靴の対処方法